Cosmetic Surgery

下眼瞼切開術(クマ・たるみとり)

下まぶたのたるみを改善し、若々しい印象の目元に

目の下のお悩み解消で
明るく若々しい印象

ドクターの技術とデザイン力で
仕上がりに差が出ます

下眼瞼切開術の施術

加齢と共に、目の下のたるみ、クマ、シワなどが目立つようになり、老け顔に見られてしまうことに悩んでいる患者様は増えています。目元の状態は特に見た目の印象にそのまま反映されて老け顔に見られるため、目の下のまぶたがたるんでいたり、濃いクマやシワがあったりする場合には、スキンケアなどの対策以外にも美容施術による若返り方法を考える必要性があります。

下眼瞼切開術は、目の下のたるみ、クマ、シワを改善する方法として有効な施術であり、加齢によってたるんでしまった皮膚や、クマの状態を浅くすることによって、本来の若々しい目元に近づける美容施術です。

目の下のたるみ・シワができる原因と、涙袋との違いについて

目の下のたるみやシワができる根本的な原因については、加齢と共に起こる皮膚の老化や、眼輪筋と呼ばれる眼を支える筋力の低下が挙げられます。老化によって筋肉が弱っていくにつれて皮膚が伸び、眼の奥の脂肪がはみ出して垂れ下がり、目の下のたるみ・クマ・シワが目立つようになるのです。

眼を支える眼輪筋の周りにある眼窩脂肪が、筋肉の衰えや目の下の皮膚のたるみによって前方にせり出すと、目元に大きなたるみや、目立つクマが形成されます。それによって、年齢以上の老け顔に見られやすくなってしまいます。このような症状は、下眼瞼切開術によって解消することが可能です。

一方、涙袋は顔を印象づけるチャームポイントとして人気の高い目元のふくらんだ部位を指します。涙袋は、目元のたるみとは違い、涙を押し出すための筋肉の形状がふくらんで、ハリを保って盛り上がっている状態を意味します。芸能人やモデルの女性の顔立ちの特徴として挙げられることが多く、メイクで涙袋を演出しようとする方もいるほどです。

とはいえ、涙袋も年齢と共に重力などの影響や筋力の衰えによって、たるみが生まれてくるケースもあります。そのような場合には、下眼瞼切開術によって改善される場合もあります。涙袋のたるみが気になる患者様は、ぜひともお気軽にご相談ください。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 目の下のたるみやクマを改善・解消したい
  • 目の下の不自然なふくらみを取りたい
  • 老け顔に見られる印象を若々しく見せたい
  • 眼窩の脂肪を除去して目の下のたるみを取りたい

CASE

症例情報
芸能人・モデルの方から多数のご支持をいただく話題の施術です。

症例一覧

担当:嶽崎 元彦 医師

担当:松村 智文 医師

担当:東海 陽介 医師

目元

担当:嶽崎 元彦 医師

担当:平松 敦 医師

担当:前田 翔 医師

担当:東海 陽介 医師

担当:石橋 正太 医師

ABOUT

施術のご説明
老け顔に見られてしまう下まぶたのたるみを改善

目の下のたるみを切除し、ハリのある目元へ

技術力の高い医師が揃っています

ベテランの医師がしっかりサポートします!

クマをなくしたい」、「目の下のたるみをなくしたい」と考えられている患者様の中には、 「切開を行って失敗しないか不安…」、「 ダウンタイムが心配…」と考えられている方も多いのではないでしょうか? “クマを取る”という言葉の印象的にも簡単な手術と思われがちですが、実は医師の技術が必要な手術です。美容整形でクマ取りをされる場合は、手術の腕はもちろん、しっかりとしたカウンセリングやアフターケアをしてくれる医師かを見極めることも大切です。

下眼瞼切開術では目の下の余った皮膚を切除して施術を行います。
繊細な目の下の皮膚を綺麗に切除するためには、高い技術豊富な経験が必要です。

例えば、技術水準が低く、経験の少ない医師が施術を行ってしまうと、たるみがなくならなかった、三白眼になった、下瞼が凹んでしまったなどのトラブルが起こる可能性があります。

患者様に安心して施術を受けていただくために、TAクリニックでは、高い技術豊富な経験を併せ持つ医師を厳選しています。
また、統括院長の東海医師・統括技術指導医の前田医師らによる勉強会や手術指導、美容外科学会への参加などを行うことで、更なる技術の向上を図っています。

目の下のたるみ・シワ・クマをなくし、改善する若返り方法

下眼瞼切開術イメージ

目の下のたるみ・シワ・クマを治す手術方法として、下眼瞼切開術は非常に有効です。
下眼瞼切開術では、施術の過程で目の下の余った皮膚を数ミリ切除いたします。
その際、目の下の脂肪が目立つ患者様の場合は、眼窩脂肪も除去します。

下眼瞼切開術(クマ・たるみとり)は物理的に皮膚を切除するため、光治療などの他の治療よりも眼の下の印象が確実に変わります。
そのため、若返り効果も期待できる万能な施術方法であると言えます。

目元の脂肪注入リフトアップでさらに若々しい印象へ

下眼瞼切開術した患者様からはアンチエイジングもしっかり行っていきたいとご相談を頂くことがございます。
例えば、加齢と共にまぶたが痩せてしまったというお悩みには、顔の脂肪注入(コンデンスリッチフェイス)がおすすめです。
目もとに脂肪注入を行う事で、くぼみの影によって暗く見えていた目もとが、パッと明るい印象になるといった効果が期待できます。

また、アンチエイジングにはリフトアップも非常に効果的です。
TAクリニックでは、糸リフト・切開リフトリフトアップ レーザーも行っておりますので、カウンセリングにてお気軽にご相談ください。

たるみ・目の下の凹凸を改善!ハムラ法

ハムラ法 ハムラ法

ハムラ法とは、正式名称を「眼窩脂肪移動術」といいます。
下眼瞼脱脂術の場合は目の下の脂肪を除去しますが、ハムラ法の場合は脂肪移動術という言葉の通り、目の下の眼窩脂肪を移動させて、目の下の凹凸を改善させる方法です。
ハムラ法は眼窩脂肪のふくらみの下にくぼみがある方に適切な施術です。

カウンセリングでは、ハムラ法のダウンタイムや施術方法など詳しくご説明をさせていただけますので、お気軽に専任のカウンセラーや医師までご相談ください。

技術に自信アリ!だからこそできる
【TAC安心保証制度】

安心
保証

1年間

TAクリニックで施術を
受けられた患者様限定!

責任を持ってアフターケアを行うために…
安心して施術を受けていただくために…
TAクリニックでは、一部の施術メニューに
「TAC安心保証制度」を設けております。
客観的に見て効果が全く認められないなど、
当クリニック医師の診察により再治療が必要と判断した場合、
最大1年間無料で再治療いたします。

下眼瞼切開術(クマ・たるみとり)の保証についてのご注意事項
施術名 保証期間 備考
下眼瞼切開術 1年 当クリニックの医師の診察により、再施術が必要と判断した場合対応いたします。
別途、下眼瞼脱脂術が必要な場合 1年 当クリニックの医師の診察により、再施術が必要と判断した場合対応いたします。
別途、逆睫毛治療が必要な場合 1年 当クリニックの医師の診察により、再施術が必要と判断した場合対応いたします。
ハムラ法
※別途下眼瞼切開術のご費用がかかります
1年 当クリニックの医師の診察により、再施術が必要と判断した場合対応いたします。

※横スクロール可能

  • ・施術に関わる診察や再施術は、原則として担当医が行ないます。
  • ・クイックコスメリング(シングル)、クイックコスメリング(ダブル)、コスメリングプロ、グランドリンク法(特殊埋没法)の再施術は、埋没法1dayナチュラルデザイン オプティマルで行う場合がございます。
  • ・再施術を行なうことにより、負担が危険だと考えられる、改善が見込まれない、適応が見られない、などという場合は医師の判断により再施術をお断りすることがあります。
  • ・切開系の施術は患部への負担を考慮して、再施術の場合は施術日より半年以降に行ないます。
    ※再施術を行なう場合は、別途麻酔代を頂戴いたします。

その他ご注意事項はこちら

PRICE

料金表
TAクオリティを適正価格でお届け致します。

両目328,900円
別途、下眼瞼脱脂術が必要な場合
両目98,000円
別途、逆睫毛治療が必要な場合
両目220,000円
ハムラ法【実施院:銀座院/新宿院/大阪院/横浜院】
両目770,000円
  • ※片目は両目の7割の料金となります。
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※修正が必要な場合別途料金がかかります。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    デザイン

    具体的な下眼瞼切開術の施術方法としては、まずは切開線のデザインを行います。
    このとき、当クリニックでは患者様ひとりひとりの目の下の状態によって事前のシミュレーションを行い、術後の仕上がりの希望などを入念にカウンセリングし、デザインします。
    当クリニックではドクター自らデザインを行いますので、術後の仕上がりに関しても安心してご相談ください。
  2. 02

    施術 切開して除去

    次に、目の下のたるみ・クマ・シワなどの原因となっている垂れ下がった目の下の皮膚を切開して、必要に応じて眼窩の脂肪を取り除きます。
  3. 03

    施術 切開部分を整える

    切開部分のかたちを整えた後、余った皮膚を切り取り形を整え、切開部分を縫合して施術完了となります。
  4. 04

    縫合

    このとき、術後の傷跡については下まつげのふちに沿って縫合を行うため、ほとんど目立たなくなります。
  5. 05

    アフターケア

    施術が終わりましたら、その後のケアの方法などを詳しくお伝えしたうえでお帰りいただきます。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 約1時間程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 抜糸は1週間後、検診は1ヵ月後に行います。
※抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることがありますので、その際は再度抜糸にご来院ください。
腫れ・痛み・内出血
  • ・2~3日は痛みや熱感があります。
  • ・腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いていきます。
  • ・さらに腫れが引いて自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
  • ・完成まで、個人差はありますが約半年かかります。
  • ・傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、時間をかけて徐々に目立ちにくくなります。
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
メイク 抜糸後2日目から
入浴・洗顔 シャワー、洗髪は、傷口を濡らさないようにして当日から可能ですが、洗顔料の使用、入浴は、抜糸後2日目からになります。
また、治療後目やにが出やすくなりますので、翌日から水洗いをしてください。
コンタクトレンズ 抜糸をするまでの間は傷に負担を与えぬよう目の周りになるべく触れないことが望ましいため、施術後1週間はお控えください。
運動 激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 マッサージなど目もとやその周りへの刺激があるような行為は施術後1ヵ月はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①ごく稀に、局所麻酔によるアレルギー反応を起こす可能性があります。
  • ②元々の骨格、目の形による自然な範囲での左右差は生じることがありますが、事前に医師とカウンセリングを行い、ご納得いただいてからのご手術となりますのでご安心ください。
  • ③術直後は軽い外反を起こすことがありますが、時間とともに落ち着きます。
  • ④一時的に睫毛が短くなる可能性がありますが、徐々に生えてきますのでご安心ください。
  • ⑤ごく稀に、傷跡が膿むような二次感染の可能性があります。
※上記、⑤のような症状を感じられたらすぐにご来院ください。
その他
  • ・手術当日は、お目元を隠すためのサングラスまたは、だてメガネをご持参ください。
  • ・当日はご本人様での運転はお控えください。
  • ・お化粧(アイプチ含む)、コンタクトはせずにお越しください。
  • ・抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることや、術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますので、その際はご連絡ください。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

痛みに強くないのですが、下眼瞼切開術ってどれくらい痛いものですか?

下眼瞼切開術の施術の痛みに関しましては、麻酔を使用することによって、個人差はありますが、ある程度お痛みを軽減することが可能です。(※麻酔は別料金となります)

その他にも、手術後のダウンタイム中の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル麻酔」の処方が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にご相談ください。

下眼瞼切開術では、どのようなダウンタイムがあるのでしょうか?

下眼瞼切開術のダウンタイムは個人差がありますが、腫れは5~1週間程で落ち着きます。
内出血はメイクでカバーできますが、1~2週間程で落ち着きますのでご安心下さい。
抜糸は術後1週間後に行います。

シャワー・洗髪は傷口を濡らさないようにして当日から可能ですが、洗髪・入浴・お化粧は抜糸後2日目からになります。
また、コンタクトレンズは抜糸後から可能ですが、装着時にゴロゴロするような違和感がある場合には数日様子を見るようにしてください。

下眼瞼切開術の施術時間はどれくらいを想定しておけば良いですか?

下眼瞼切開術の施術時間についてはおおよそ30分で終えることができます。

下眼瞼切開術の傷跡が残るようなことはないのでしょうか?

下眼瞼切開術は、まつ毛の生え際に沿って切開を行い、縫合をします。そのため、術後の傷跡はまつ毛のライン付近にできますので目立ちにくくなります。

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2021.09.01 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる