eye fukurami lower

目の下のふくらみ・クマ・たるみ

若々しいお目元は目の下のエイジングケアで決まります。

PICK UP

目の下のふくらみ・クマ・たるみの
今月のおすすめ施術

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり),顔の脂肪注入(コンデンスリッチフェイス)のモニター募集
【実施院:新宿TAクリニック / 銀座TAクリニック / 横浜TAクリニック / 大阪TAクリニック / 福岡TAクリニック】

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)

目の下のくぼみ・ふくらみ・クマなどに悩んでいる方へ

顔の脂肪注入(コンデンスリッチフェイス)

脂肪注入で額(オルチャンデコ)や頬など気になる部位をふっくらとハリのある若々しい印象へ

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)のモニター募集
【実施院:横浜TAクリニック / 銀座TAクリニック / 大阪TAクリニック / 新宿TAクリニック / 福岡TAクリニック / 川越TAクリニックアソシエ / 高崎TAクリニック】

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)

目の下のくぼみ・ふくらみ・クマなどに悩んでいる方へ

ソノクイーン(ハイフ)のモニター募集
【実施院:新宿TAクリニック / 大阪TAクリニック / 福岡TAクリニック】

ソノクイーン(ハイフ)

HIFU(ハイフ)によるフェイスリフティング施術

ウルトラセル(ハイフ)のモニター募集
【実施院:銀座TAクリニック】

ウルトラセル(ハイフ)

【銀座院限定】表皮・真皮・SMASへアプローチして、肌の底からリフトアップ

真皮線維芽細胞療法のモニター募集
【実施院:新宿TAクリニック / 大阪TAクリニック】

真皮線維芽細胞療法

肌細胞を培養してシミやシワ等の総合的な肌治療に

CONTENTS

目次

DETAILS

目の下の
クマ・ふくらみ・たるみにお悩みの方へ

目の下のクマ・ふくらみ・たるみにお悩みの方へ

目の下にできたクマが目立つので、クマ取りがしたい」
目の下のふくらみが急に目立つようになって気になる」
目の下がたるみ始めたので、たるみ取りがしたい」
このように目の下にできたクマ・ふくらみ・たるみに関するお悩みをお持ちの方は、多いのではないでしょうか?

目の下にクマやふくらみ、たるみができてしまうと、お顔の印象は疲れて見えるだけなく、急に老けて見える原因にもなります。

これらの目の下に関するお悩みを少しでも緩和するための、ホームケアアイテムが販売され、気軽にケアすることも可能ですが、ご自身でなさるセルフケアで得られる効果には限界があるのも事実です。
目の下のお悩みはなかなか解消が難しい、そんなお話を多く聞きます。
ファンデーションやコンシーラーなどのメイクで、ある程度カバーすることもできますが、それでは若々しさを取り戻すための、根本原因を解決できません。

根本的なお悩みの原因を解消するために、専門の美容医療の力を借りてみてはいかがでしょうか?
ここでは、目の下に関するお悩みにフォーカスを当て、その原因から施術・治療内容に至るまで、くわしくご説明します。

CASE

施術症例

担当:前田 翔 医師

担当:石橋 正太 医師

担当:平松 敦 医師

担当:平松 敦 医師

担当:東海 陽介 医師

担当:奥津 綾夏 医師

担当:平松 敦 医師

担当:平松 敦 医師

担当:石橋 正太 医師

担当:平松 敦 医師

CAUSE

目の下の
クマ・ふくらみ・たるみの原因

目の下にできるだけで、何歳も老けて見えることがあるクマやふくらみ、たるみ。
この老け見えやお疲れ顔の元となるクマやふくらみ、たるみの原因には、どのようなものがあるのでしょうか?

目の下のクマの原因

目の下にクマができてしまう原因はいくつかあります。その代表的なものを、見ていきましょう。

    
その1:血行不良

青クマ

その1:血行不良

睡眠不足・運動不足・疲労などによって目の下の血流が悪くなり、青クマの原因となるのが血行不良です。
近年では、スマホやパソコンを見ている時間が長くなったため、眼精疲労が原因で起こることも多くなっています。

    
その2:色素沈着

茶クマ

その2:色素沈着

色素沈着もクマの原因になります。皮膚にメラニン色素が沈着している目の下には、茶クマと呼ばれるクマができることが多いです。
色素沈着を引き起こすのが“紫外線”・“摩擦”・“厚化粧”などとされており、アイメイクをする目元は特に色素沈着を起こしやすいといえるでしょう。

      
その3:加齢(眼輪筋の衰え)

黒クマ

その3:加齢(眼輪筋の衰え)

加齢によって眼輪筋という目元の筋肉が衰え、目の周りがたるんでしまうことでもクマができます。この、下まぶたの皮膚の段差による黒い影が、黒クマの原因です。また、加齢によるコラーゲンの減少も影響するといわれています。

目の下のふくらみの原因

  • 眼輪筋が締まっている状態
  • 眼輪筋がゆるんだ状態

目の下にできるぽっこりとしたふくらみの原因は、加齢によるものが一番大きいといわれています。
年齢を重ねることで、目の周りの筋肉である眼輪筋や、眼球を支えている靱帯がゆるんでしまい、目の下にある脂肪である眼窩脂肪(がんかしぼう)が押し出され、飛び出すようにふくらんでしまうのです。また、比較的年齢が若い方でも、生まれつき眼窩脂肪が多いと、目の下がふくらみやすくなってしまいます。

目の下のたるみの原因

目の下のたるみの原因

目の下がたるんで見える原因は、これまでご紹介した“クマ”と“ふくらみ”のほかに、皮膚の張りの減少が挙げられます。
皮膚のコラーゲンの減少や、エアコン・紫外線といった乾燥によるダメージがお肌の張りをなくす原因となり、お顔の中でも皮膚が薄く、デリケートな目の下にたるみとなって現れるとされています。

SEPARATE BY TYPE

目の下のクマの種類と見分ける方法

目の下にできるクマには、いくつかの種類があります。
ここでは、クマの種類とそれらを見分ける簡単な方法について、ご紹介します。

茶クマ

茶クマを見分けるポイント

目の下が茶色っぽく、くすんで見えるのが“茶クマ”です。
茶クマができる原因は、紫外線、そして目元への摩擦アイメイクなどの刺激による色素沈着など。
皮膚にメラニンという黒い色素が沈着して起こります。また、茶クマはアトピー性皮膚炎の既往がある方にも多いです。

■見分けるポイント
目尻を横に優しく引っ張ってみてください。目の下の茶色い部分が皮膚と一緒に動いているなら、それは茶クマである可能性が高いです。
皮膚に色素沈着しているため、皮膚を動かすとクマも一緒に移動します。

青クマ

青クマを見分けるポイント

目の下が青っぽく(青黒く)見えるのが“青クマ”です。
青クマができる原因は、血行不良睡眠不足眼精疲労、ストレスなど。目の下は皮膚が薄いために静脈が透けて見えることで起こります。

■見分けるポイント
お風呂上がりやマッサージ後など、血行が良いときに目立たなくなるのが青クマの特徴です。

黒クマ

黒クマを見分けるポイント

目の下の皮膚にたるみやふくらみが生じることで、黒い影ができるのが“黒クマ”です。
黒クマができる原因は、加齢紫外線などでお肌の張りが低下することで起こるたるみと、眼輪筋の衰えによって、目の下に押し出された脂肪が突出してしまうことで起こるふくらみになります。
このたるみやふくらみが目の下に黒い影をつくり、黒いクマに見てしまうことが原因です。

■見分けるポイント
鏡を見ながら上を向くと目立たなくなる・身体を仰向けにしたときに目立ちにくくなるのが黒クマの特徴です。

SELF CARE

目の下の肌トラブルは
セルフケア(ホームケア)で
改善できない?

目の下の肌トラブルはセルフケア(ホームケア)で改善できない?

目の下の加齢と肌トラブルによって起こるクマ・ふくらみ・たるみ。これらを少しでも改善するため、数多くのホームケア用品が販売されています。
目の下のたるみ取りクリームや目の下のクマ隠しコンシーラーなど、そのラインナップは多岐に渡っているのではないでしょうか?
実際にお試しになった方も多いかもしれません。

しかし、目の下のたるみやふくらみ、クマを解消するためのクリームやマッサージ、ツボ押しなど、目の下の肌トラブルを解消するため、セルフケアに時間を費やし、労力をかけても、なかなか効果が見られない……。
こうしたお悩みは後を絶ちません。
それもそのはず、クマの原因は皮膚の内側にあり、お肌の表面からアプローチするセルフケアでは限界があり、改善や根本原因の解消にはならないのです。このことから、美容医療で治療する有効性が見えてくるのではないでしょうか。

IMPROVEMENT

目の下のお悩み別 改善方法

目の下のクマ・ふくらみ・たるみは、それぞれ原因が異なるため、改善方法も違ってきます。
ここでは、それぞれのお悩み別に有効な治療法について、くわしく解説します。

閉じる
閉じる
閉じる

COMMITMENT

治療へのこだわり

お悩みの原因に合わせた治療方法を提案

お悩みの原因に合わせた治療方法を提案

目の下のお悩みはクマを例に挙げると、3つも種類があり、その治療方法は多岐にわたっています。
患者様の目元の症状に合わせ、もっとも適した治療法をご提案します。
皮膚の表面を切らずに、抜糸の要らない裏ハムラ法が適している方もいれば、目の下のたるみが大きいため、切開を伴うハムラ法が適している方もいます。
患者様のお悩みとご要望・症状・ライフスタイルなどをお聞きしたうえで、オーダーメイドの施術プランを作り上げていくのです。
患者様の満足度を高めるための、TAクリニックグループの治療へのこだわりがあります。

痛みやダウンタイムに配慮

TAクリニックグループでは、痛みに弱い患者様にも安心して施術をお受けいただけるよう、痛みへの配慮を徹底しております。
施術の痛みには、局所麻酔笑気麻酔などを別途費用でご用意しておりますので、ご安心ください。
また、ダウンタイム中も痛みを気にせずお過ごしいただけるよう、術後72時間もの間、痛みを緩和可能なエクスパレル麻酔もご用意しております。
痛みが不安で施術をためらっているという方も、ぜひ一度ご相談ください。

リスク・副作用について

TAクリニックグループで行う目の下のお悩みに関する適応施術の副作用には、主に腫れ・痛み・内出血などの可能性があります。
もちろん施術方法によって、現れる症状も出現期間も異なりますが、術後の経過とともに、これらの症状は落ち着いていくため、過度なご心配はいりません。

切開を伴う施術に比べ、切らない施術の方がダウンタイムも短くなる傾向にあり、施術方法によってダウンタイムが異なるため、ご心配・ご不安がある方は、お気軽にご相談ください。

TREATMENT

目の下のお悩みを改善する施術比較表

目の下の治療で人気の3施術

TAクリニックグループの目の下治療で、特に人気があり、ニーズのある施術を3つご紹介します。

ここにご紹介する施術以外にもさまざまなお悩みにお応えできるよう、各種施術をご用意しておりますので、カウンセリングでお気軽にご相談ください。

下眼瞼脱脂術
(目の下のふくらみ取り)
下眼瞼切開術
(目の下のたるみ取り)
目の下のヒアルロン酸注入
施術方法 下まぶたの内側を切開し、脂肪を除去 下まつげの生え際に沿って切開し、余分な脂肪や皮膚を除去 目の下のへこみ部分にヒアルロン酸を注入
イメージ図 下眼瞼脱脂術イメージ 下眼瞼切開術イメージ 目の下のヒアルロン酸注入イメージ
症例一覧 下眼瞼脱脂術症例 下眼瞼切開術症例 目の下のヒアルロン酸注入症例
特徴
  • ・皮膚表面を切らずに行える
  • ・陰影がなくなり明るい目元になる
  • ・滑らかな皮膚面になる
  • ・傷跡が皮膚表面に出ない
  • ・陰影がなくなり明るい目元になる
  • ・滑らかな皮膚面になる
  • ・たるみ除去によるハリ感の回復
  • ・切開跡がバレにくい手法で行う
  • ・へこみやくぼみを解消
  • ・極細針のため痛みが少ない
  • ・アレルギー反応が起きにくい
施術時間 30〜40分程度 1時間程度 15〜30分程度
腫れ・痛み・内出血 1〜2週間程度 1〜2週間程度 数日程度
ダウンタイム 腫れが引いて自然に仕上がるまで1ヵ月程度 腫れが引いて自然に仕上がるまで1ヵ月程度 ごろごろ感などは数週間程度
傷跡 まぶたの内側数ミリを切開するため、皮膚表面には現れない まつ毛の生え際に沿って切開するため、目立ちにくい 注射のみで行うためほとんど目立たない

下眼瞼脱脂術
(目の下のふくらみ取り)

施術方法 下まぶたの内側を切開し、脂肪を除去
イメージ図 下眼瞼脱脂術イメージ
症例一覧 下眼瞼脱脂術症例
特徴
  • ・皮膚表面を切らずに行える
  • ・陰影がなくなり明るい目元になる
  • ・滑らかな皮膚面になる
  • ・傷跡が皮膚表面に出ない
施術時間 30〜40分程度
腫れ・痛み・内出血 1〜2週間程度
ダウンタイム 腫れが引いて自然に仕上がるまで1ヵ月程度
傷跡 まぶたの内側数ミリを切開するため、皮膚表面には現れない

下眼瞼切開術
(目の下のたるみ取り)

施術方法 下まつげの生え際に沿って切開し、余分な脂肪や皮膚を除去
イメージ図 下眼瞼切開術イメージ
症例一覧 下眼瞼切開術イメージ症例
特徴
  • ・陰影がなくなり明るい目元になる
  • ・滑らかな皮膚面になる
  • ・たるみ除去によるハリ感の回復
  • ・切開跡がバレにくい手法で行う
施術時間 1時間程度
腫れ・痛み・内出血 1〜2週間程度
ダウンタイム 腫れが引いて自然に仕上がるまで1ヵ月程度
傷跡 まつ毛の生え際に沿って切開するため、目立ちにくい

目の下のヒアルロン酸注入

施術方法 目の下のへこみ部分にヒアルロン酸を注入
イメージ図 目の下のヒアルロン酸注入イメージ
症例一覧 目の下のヒアルロン酸注入症例
特徴
  • ・へこみやくぼみを解消
  • ・極細針のため痛みが少ない
  • ・アレルギー反応が起きにくい
施術時間 15〜30分程度
腫れ・痛み・内出血 数日程度
ダウンタイム ごろごろ感などは数週間程度
傷跡 注射のみで行うためほとんど目立たない

PRICE

費用

真皮線維芽細胞療法

【実施院:新宿院 / 大阪院】

血液検査料
11,000円
細胞抽出※1
バンク20プラン 20ccの肌細胞を抽出できるプラン275,000円
バンク60プラン 60ccの肌細胞を抽出できるプラン495,000円
細胞移植料金
1.0cc 137,500円
2.0cc 275,000円
3.0cc 412,500円
4.0cc 550,000円

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)

下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)
両目 通常価格110,000円
モニター価格79,100円
下眼瞼脱脂術(クマ・ふくらみとり)+脂肪注入(コンデンスリッチフェイス)の場合※1【実施院:銀座院/新宿院/大阪院/福岡院/横浜院】
両目 下眼瞼脱脂術(セット割)0円
採取作成代+注入代通常価格248,000円
採取作成代+注入代モニター価格198,000円
裏ハムラ法【実施院:銀座院/新宿院/大阪院/横浜院】
両目 660,000円

下眼瞼切開術(クマ・たるみとり)

両目 328,900円
別途、下眼瞼脱脂術が必要な場合
両目 98,000円
別途、逆睫毛治療が必要な場合
両目 220,000円
ハムラ法【実施院:銀座院/新宿院/大阪院/横浜院】
両目 770,000円

目の下のヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸
片側 13,200円
両側 1本26,400円
ヒアルロン酸ジュビダームビスタ®ウルトラXC
1本68,000円
ヒアルロン酸ジュビダームビスタ®ボリューマXC
1本88,000円

ソノクイーン(ハイフ)

【実施院:新宿院 / 大阪院 / 高崎院 / 福岡院 / 川越院】

ダブルHIFU(全顔+首)
1回 54,800円
ウルトラダブルHIFU(頬+あご下)【実施院:新宿院/大阪院/福岡院/川越院】
1回 76,800円
スペシャルダブルHIFU(全顔+首)【実施院:新宿院/大阪院/福岡院/川越院】
1回 98,800円
目元※アイホール目頭含まない【実施院:新宿院/大阪院/福岡院】
1回 66,000円

ウルトラセル(ハイフ)

【実施院:銀座院】

ダブルHIFU(FUS)頬+あご下
1回 54,800円
3回 153,300円
ウルトラダブルHIFU(FUS)頬+あご下
1回 76,800円
3回 219,300円
スペシャルダブルHIFU(FUS)頬+あご下
1回 98,800円
3回 285,300円
GFR
全顔 1回121,000円
全顔+あご下 1回176,000円
SRR
目元 1回41,800円
全顔+あご下 1回99,000円
HIFU/GFR/SRR※SRRは目元のみ
全顔+あご下 1回107,800円

Q&A

よくあるご質問

根本解決のため、目の下のクマ取り治療をしたいのですが、ダウンタイムはどのくらいですか?
ダウンタイムの症状や継続期間は、施術方法によって異なり、個人差もあるので一概にはいえません。
目の下のクマには3種類あり、TAクリニックグループではそれぞれの原因に適した治療法を行っております。
黒クマの根本解決であれば、下眼瞼脱脂術という施術がありますが、この施術は腫れが引いてから自然な目元になるまで1ヵ月程度かかります。
それに対し、へこみに有効な目の下のヒアルロン酸注射は、注射のみの施術のため、ほとんどダウンタイムがないといえるでしょう。
一方、茶クマに有効なHQクリームはスキンケアの1つなので、ダウンタイムはありません。
このように、ダウンタイムはクマの種類と施術方法によって違ってきます。患者様の現状のクマの症状を拝見し、最適な治療方法をご提案いたしますので、ぜひTAクリニックグループにご相談ください。
目の下のふくらみとその下にある影があるのですが、消すことはできますか?
はい。セルフケアでは難しかった目の下のふくらみや影も、美容医療なら消すことが可能です。
目の下の黒クマ・黒い影を根本解決するには、下眼瞼脱脂術が非常に有効な治療方法といえるでしょう。下眼瞼脱脂術は下まぶたの内側を数ミリ切開して、余聞な脂肪を除去する施術です。下眼瞼脱脂術のダウンタイムは個人差もありますが、腫れが引いて自然なお目元になるまで、およそ1ヵ月かかるとされています。
施術内容やダウンタイムについてご心配・ご不安がありましたら、お気軽にTAクリニックグループへご相談ください。
たるみを解消する市販のクリームを使っていますが、効果を感じられません。何か解消方法はありますか?
目の下のたるみを解消する方法には、本格的な美容整形術である下眼瞼切開術・ハムラ法、切らない施術であるお顔の脂肪注入(コンデンスリッチフェイス)、スキンケア感覚でお受けいただけるHIFU(高密度焦点式超音波)などがあります。
患者様の症状やご要望に合わせ、もっとも適した施術プランをご提案することも可能ですので、まずは、TAクリニックグループとの無料カウンセリングをお受けになってみてはいかがでしょうか?
目の下のふくらみが急に目立ってきた気がします。解消方法はありますか?
急に目立ってきた目の下のふくらみは、加齢による眼輪筋の衰えなどが考えられます。
患者様の目の下の状態をじっくり観察し、ご要望をお聞きしたうえで、もっとも適した解消方法・施術プランを組み立てさせていただきます。まずは、TAクリニックグループにご来院いただき、現在のお目元の状況を確認させていただければと考えます。ぜひ、ご検討ください。
クマは病気だと聞きましたが本当ですか?
クマ自体が病気なのでなく、クマのできている原因が病気のこともあります。
クマができやすい病気には、肝臓や腎臓の疾患以外に、うつ病、鉄欠乏性貧血、バセドウ病、皮膚炎などが挙げられます。
これらの病気になると、血行不良や色素沈着、身体のむくみ、慢性疲労などによって、目の下にクマができやすくなってしまうからです。クマができてなかなか治らない、急にクマが目立ってきたという場合は、こうしたお身体の異常を疑った方がいいケースもあります。
閉じる