Skin

ウルトラセルQプラス(ハイフ)

【横浜院限定】顔のたるみ改善や部分痩せに対応した医療ハイフ

2種類のハイフ効果で
たるみ改善
脂肪溶解を実現

切らないリフトアップに加えて
局所的なボリュームダウンも可能

2種類のハイフ効果でたるみ改善や脂肪溶解を実現

目の下やほうれい線など、顔のたるみ改善が行える
“切らないリフトアップ術”で有名なハイフ治療。
「High lntensity Focused Ultrasound(高密度焦点式超音波)」の頭文字を取り省略をして「HIFU」とも呼ばれています。

美容医療で行えるエイジングケアには、ほうれい線や目の下のくぼみにヒアルロン酸を注入する施術や、糸リフトでたるみを引き上げる切らないリフトアップ施術、 切開を伴う本格的なフェイスリフトなどがありますが、医療ハイフはSMAS(筋膜)にアプローチすることで、内側から強力な引き締め効果が見込める
「切らないたるみ治療」です。

さらに、ウルトラセルQプラスでは、たるみ改善だけではなく、脂肪層に効率よくアプローチが可能な
「リニアファーム(LinearFirm)」というカートリッジを使用することで、二重あごといった局所的なボリュームダウンが期待できるのです。

ハイフはエステサロンなどでも行えることから、とても身近なエイジングケアとなっていますが、ハイフを用いる施術は医療行為とされています。
TAクリニックグループではエイジングケアに注力しており、多種多様なお悩み改善に対応するために外科的な施術だけではなく、ハイフを用いた切らないたるみ治療においても豊富な経験があります。
患者様のお悩みや現在の状態をしっかりと診察し、理想の仕上がりへ導く最適なたるみ治療をご提案いたします。 目の下やほうれい線、フェイスラインのたるみについてお悩みの方は、TAクリニックへご相談ください。
ウルトラセルQプラスの効果の持続性腫れやリスクダウンタイム施術までの流れなどについてもしっかりとご説明させていただきます。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 目の下のたるみが気になる
  • ほうれい線が目立ってきた
  • フェイスラインたるみがある
  • 引き締めて小顔になりたい
  • 二重あごを解消したい
  • 切らないたるみ治療をしたい
  • 美容医療でハイフをしたい
  • 痛くないハイフ治療がいい

ABOUT

施術のご説明
ウルトラセルQプラスは「たるみ改善効果」と「脂肪溶解効果」が得られるハイフ治療

たるみ改善と脂肪溶解効果が得られる医療ハイフ

SMAS(筋膜)へアプローチする医療ハイフでたるみを引き締める

SMAS(筋肉)へアプローチする医療ハイフでたるみを引き締める SMAS(筋肉)へアプローチする医療ハイフでたるみを引き締める

ハイフは超音波を高密度に集束させて、ターゲット層にピンポイントで加熱することで、コラーゲン線維芽細胞等新生・活性化サポートする治療機ですが、最大の特徴はSMAS(筋膜)にアプローチが可能なこと。
筋膜へピンポイントでハイフを照射して熱損傷を与え、筋膜をギュッと萎縮させることで、切開フェイスリフトや糸リフトでしか実現できなかった筋膜の引き上げが可能になるのです。
このことから、ハイフ治療によるリフトアップは「切らないたるみ治療」とも言われています。
さらに、ウルトラセルQプラスは患者様のお悩みや改善目標にあわせて、超音波(HIFU)の到達距離や照射パワーの設定ができるので、SMASよりも上層にあたる皮下組織(脂肪層)や真皮層にも治療可能です。

頬やフェイスラインだけでなく、目元の小じわ目の下のたるみ治療にも対応

医療ハイフによるたるみ治療では、頬やフェイスラインなど広範囲の照射が可能ですが、目元へ照射する場合は注意が必要です。
加齢による影響が出やすい眼窩周辺(目まわり)は、照射範囲が狭く、皮膚が薄くデリケートなためです。
ですが、ウルトラセルQプラスならば可能です。
デリケートな目元まわりも照射できるように専用開発されたカートリッジを使用することで、小じわや目の下のたるみなどのお悩みにもしっかり対応できるのです。ホームケアでは改善が難しい目元のお悩みも、ウルトラセルQプラスにお任せください。

脂肪溶解を目的とした専用カートリッジ「リニアファーム」

脂肪溶解を目的とした専用カートリッジ「リニアファーム」 脂肪溶解を目的とした専用カートリッジ「リニアファーム」

顔のたるみの原因として主に「加齢による皮膚のたるみ」が挙げられる一方で、実は「脂肪によるたるみ」も存在します。
脂肪の重さで皮膚が伸びて垂れてしまう、あるいは脂肪が下垂してフェイスラインに影響を及ぼしてしまうのです。
ハイフ治療といえば顔のたるみや、膣の引き締めにも用いられるものですが、ウルトラセルQプラスは、ハイフのリフトアップ&タイトニング効果が得られる「Qカートリッジ(点状照射)」の他に、脂肪溶解効果が得られる「リニアファームカートリッジ(線状照射)」があります。
実際に「フェイスラインは引き上がったけど、そのせいで二重あごが目立ってしまった」とお悩みを受けることがあります。
脂肪溶解専用リニアファームとは、脂肪層に無駄なく的確にアプローチすることを可能にした、線状照射方式ハイフテクノロジー治療です。
一度の照射で均一かつ広範囲に脂肪溶解に必要な熱を加えることができるため、二重あごなどでお悩みの方に選ばれています。
さらに、お顔全体のリフトアップ&タイトニング効果があるQカートリッジと同時に施術することも可能なので、一度の施術でより一層スッキリとした小顔を目指すことができるでしょう。

ハイフ治療の痛み軽減&時間短縮でより受けやすく

「他のハイフ治療を受けたら痛かった」「照射時間が長くて辛かった」といったお声を多数いただきます。
確かに、従来のハイフ治療機器の中には、コラーゲン再生に必要なタンパク変性が起こる温度(60℃)を大きく上回る高熱を照射したことにより生じる熱感から、痛みとして感じやすいことがありました。
しかし、ウルトラセルQプラスは違います。63℃前後の温度で安定して照射できるため、熱感による痛みを軽減させつつ、引き上げ&引き締め効果を得ることが可能になったのです。(※ハイフ治療の痛みの感じ方には個人差があります。) さらに、初代ウルトラセルと比べると、照射時間1/3まで短縮されました。
もちろん、引き上げ&引き締め効果は衰えていませんので、ご安心ください。

ウルトラセルQプラスウルセラ違い

ウルトラセルQプラスとウルセラ、どちらも密度焦点式超音波(HIFU)テクノロジーを使用したハイフ治療機器であり、多くの実績があると言われていますが、それぞれの違いはご存じでしょうか?

ウルセラ(ulthera)

・ハイフテクノロジーを使用したハイフ治療機器の中でも、最初に登場した機器
・アメリカで開発
・FDA(米国食品医薬局)の承認を得ている
・組織(筋膜)に高熱を与えるエネルギーで照射するため痛みが強い

ウルトラセルQプラス(ULTRAcel Q+)

・韓国で開発
・MFDS(旧KFDA/韓国食品医薬品安全庁)の承認を得ている
・組織(筋膜)に63℃前後の熱を与えるエネルギーで照射するため痛みが弱い
脂肪溶解専用のカートリッジがある

ウルトラセルQプラスで得られる効果は残念ながら永久的ではありません。
コラーゲン生成の活性化が促進され、コラーゲン新生が約半年に渡り続くため、中長期的な効果が期待できますが、より長くリフトアップ&タイトニング効果を実感していただくには、継続して受けていただくことが大切です。
そのためにも、痛みを気にせずハイフ治療を受けられることがエイジングケアにとって重要なポイントであると考えています。

PRICE

料金表
TAクオリティを適正価格でお届け致します。

【実施院:横浜院】

Qカートリッジ(引き上げ&引き締め)
全顔(あご下含む)66,000円
全顔(あご下含む)+首77,000円
全顔(あご下含む)+目元88,000円
全顔(あご下含む)+首+目元110,000円
目元77,000円
リニアファームカートリッジ
(脂肪溶解&輪郭形成)
フェイスライン+あご下66,000円

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    患者様のお顔の状態を確認し、仕上がりのご希望をお伺いしたうえで、最適な施術方法をご提案いたします。ウルトラセルQプラスにおいてのメリットデメリット、リスク副作用などしっかりと説明し、ご納得いただいてから施術を行わせていただきますので、ご安心ください。

  2. 02

    メイク落とし

    照射部位が顔の場合、パウダールームにてクレンジングでしっかりとメイクを落としていただきます。お時間がない場合、メイクをしないでご来院いただくとスムーズです。

  3. 03

    照射

    清潔な状態のお肌にジェルを塗布してから、HIFU(高密度焦点式超音波)のエネルギーをムラなく照射していきます。

  4. 04

    照射完了

    照射が終わりましたら、ジェルを拭き取ります。その後、すぐにメイクしていただいても問題ありません。

  5. 05

    アフターケア

    ウルトラセルQプラスにはダウンタイムはほとんどありませんが、照射後のお過ごし方など、説明させていただきます。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 45分~1時間半程度
(施術内容により異なる)
麻酔 なし
通院 なし
腫れ・痛み・内出血 施術当日に消失することがほとんどですが、赤み、腫れ、熱感が出ることもあり、程度により外用剤を処方することがあります。
メイク 当日から可能ですが、強く擦らないようにご注意ください
入浴・洗顔 当日から可能ですが、強く擦らないようにご注意ください
運動 制限なし
施術部位への刺激 当日はお控えください
リスク・副作用・合併症について
  • ・皮膚表面の感覚が一時的に鈍くなることや、かさぶた、色素沈着を起こすことがありますが、時間とともに改善します。
  • ・強い反応が起きるとやけどを起こすことがあります。適切な処置を行いますので当クリニックへご連絡ください。
施術における注意点 ウルトラセルQプラスは密度焦点式超音波(HIFU)テクノロジーを使用したハイフ治療機器のため、禁忌事項や事前に医師へのご相談が必要な場合があります。
安全に医療ハイフを行っていただくためにも、本ページの施術詳細をご確認いただき、医師へのご相談をお願いいたします。
その他
  • ・照射直後の日焼けは色素沈着になりやすいので日焼け止めクリーム等で紫外線対策をしてください。
  • ・ひどく日焼けをされた場合はレーザー照射が出来ない場合があります。
  • ・治療目的、部位により異なりますが、1ヵ月~半年で間隔で複数回照射をすることで効果を高めていきます。
禁忌
  • ・金属系の糸または金属プレート等を入れている方
  • ・糖尿合併症を発症している方
  • ・ペースメーカー等医療機器を体内に埋め込んでいる方
  • ・皮膚悪性腫瘍、前癌病変、またはその疑いがある方
  • ・妊娠している方
  • ・施術部位に重篤な皮膚疾患及び感染症がある方
  • ・心臓に疾患がある方
  • ・ケロイドを有する部位及びケロイド体質の方
  • ・局所麻酔に対する皮膚アレルギーの方
  • ・アルコール中毒、薬物中毒のような精神神経症の方
  • ・出血性疾患を発症している方
医師への相談が必要な方
  • ・抗血液凝固剤を服用している方
  • ・高血圧症の方
  • ・肝斑
  • ・処置部位にフィラー(ヒアルロン酸注入等)または自己脂肪注入された方
  • ・歯にブリッジ、インプラントを施している方
  • ・血管腫
  • ・半年以内に他院でレーザー処置をしている方
  • ・日焼けをしている方

他施術との比較

当クリニックでは、医療ハイフを用いた「切らないたるみ治療」であるウルトラセルQプラスの他に、リフトアップ専用糸を用いた切らないリフトアップ施術、切開を伴うフェイスリフトをご用意しております。それぞれの違いは下記の通りになります。

【TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト®】
TAクリニックで最も人気のあるエイジングケアです。リフトアップ専用糸をお顔に挿入して、頬・額・首・チークラインなどのたるみを引き上げます。さらに、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト®はたるみのリフトアップ効果だけでなく、コラーゲン生成能力を促進サポートするため、肌質改善や美肌治療効果が期待できます。

【フェイスリフト(切開)】
エイジングケアの中でも着実にリフトアップ効果を感じていただける施術です。余剰皮膚を切除するだけでなく、皮下組織やSMAS(筋膜)の引き上げも行うため、スレッドリフトを望まない方や、スレッドリフトでたるみ改善がむずかしい方にオススメです。

このように、当クリニックのたるみを改善する治療は、選択した施術による効果の持続、感触や仕上がり、ダウンタイムやリスク副作用、そして費用といった面も含めて様々です。
後悔のないたるみ治療となるよう、患者様のご希望に沿って個別にご提案をしております。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

ハイフ治療と脂肪溶解治療のそれぞれの時間はどのくらいですか?
施術内容や照射部位によって異なりますが、おおよそ45分~1時間半程度となります。詳細は医師もしくはスタッフにお尋ねください。
ハイフ治療は痛いと聞いて不安です。痛みはありますか?
当クリニックのウルトラセルQプラスは、熱感による痛みを感じにくい設定となっておりますので、「他のハイフ治療機器と比べると痛くない」「熱感が少ない」というお声をいただいております。痛みの感じ方には個人差がございますので、ご心配な方はお気軽にご相談ください。
ハイフ効果は何日後から実感できますか?
効果の現れ方には個人差がございますが、ハイフ照射直後から効果を感じていただける場合が多いです。ハイフを照射したら2~3ヵ月後にコラーゲンが再構築されていき、この過程は最長6ヵ月持続するといわれています。
ウルトラセルQプラスのダウンタイムはどのくらいですか?
もちろん個人差はありますが、赤み・腫れ・熱感は当日に消失することがほとんどですが、程度により外用薬を処方する場合もございます。
ハイフを顔に照射すると副作用はありますか?
稀に皮膚表面の感覚が一時的に鈍くなることや、かさぶた、色素沈着を起こすことがありますが、経過とともに改善していきますのでご安心ください。また、ハイフ照射による強い反応が起こると、火傷になる場合もあります。その際は適切な処置を行いますので当クリニックへご連絡ください。
ハイフ照射部位にヒアルロン酸やボトックスを注入していますが、ウルトラセルQプラスを受けられますか?
当クリニックではウルトラセルQプラスを受けていただく場合、照射前の処置部位へのヒアルロン酸注射やボトックス注射、自己脂肪注入を控えていただいております。注入処置はウルトラセルQプラスの施術後をご検討ください。 なお、既に注入されている方の施術可否は医師判断となりますので、カウンセリング時に必ずご申告ください。
日焼け肌で肌の色味が濃いですが、ハイフ治療を受けられますか?
ウルトラセルQプラスは基本的には肌の色を問わず、受けていただけます。しかし、施術前直近で日焼けをされている場合は、皮膚が熱を持っている状態ですので、思わぬ副作用を起こしかねません。安心安全にウルトラセルQプラスを受けていただくためにも、ご希望の場合は事前に医師またはスタッフまでご相談ください。
医療ハイフのリフトアップやタイトニング効果はどのくらい続きますか?
効果の持続期間については治療目的や部位により異なり、個人差がありますが、3ヵ月間隔で複数回照射することでハイフ治療による効果を高めていきます。
リニアファームで脂肪溶解をしたいですが効果はありますか?
効果については治療部位により異なり、個人差がありますが、リニアファームによるボリュームダウンをご希望の場合は、2週間おきに3回程度、さらに継続する場合、2クール目以降は半年に1回のペースが目安とされています。
糸リフトと医療ハイフは同時にできますか?
はい、可能です。その場合、医療ハイフの後に糸リフトという順番で行います。また、すでに糸リフトを受けており医療ハイフを行う場合は、糸リフトを行ってから1ヵ月を空けたあとに照射可能となります。糸リフト後の医療ハイフ照射のタイミングは医師またはスタッフにお気軽にご連絡ください。※金属系の糸が入っている場合は照射ができませんのでご注意ください

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2021.06.01 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる