Cosmetic Surgery

上眼瞼切開術

まぶたのたるみをスッキリさせ、若々しいお目元に

上瞼のたるみと二重形成
を同時に叶えられる

予定外重瞼線を予防する
「袋とじ」切開も対応可能

上眼瞼切開術の施術

加齢や重力による目のたるみなどによって、まぶたが垂れ下がり、まぶたが重くなったり、腫れぼったいまぶたになってしまったりすることがあります。
また、若い方でもハードコンタクトレンズの長期間使用や、アイプチ・アイテープなどの長期使用により、まぶたのたるみが出やすくなることがあります。

上眼瞼切開術(上瞼たるみ取り)とは、加齢によりたるんだまぶたの皮膚を、ご希望の二重ラインに合わせて切開し、余分な皮膚を切除する施術方法です。
また、必要に応じて眼窩脂肪も除去していきます。

上まぶたのたるみは、基本的には加齢によってもたらされます。まぶたが目に被さってくることにより、上まぶたのたるみが目の外側に向かうにつれて強くなり、目のかたちが三角形のように見えるようになります。このとき、以下の図のように目の上の脂肪が乗り、上まぶたのたるみによって二重のラインも分かりづらくなってしまい、目が小さく、表情そのものも暗く見えてしまうという症状が出てきます。

上眼瞼切開術 目の上のたるみ

上眼瞼切開術では、まぶたのたるみを取って症状を改善するために、以下の図のように二重を形成するラインに合わせて、余分なまぶたの皮膚のたるみを手術によって除去し、目のたるみを解消・改善していきます。

上眼瞼切開術 二重の形成ライン

なお、上眼瞼切開術は、施術後のまぶたに二重ライン以外の不自然な皮膚の折れ目ができてしまう、予定外重瞼線が生じることがあります。そのため、当クリニックではこのリスクを事前に予防するために、患者様のまぶたの状態によっては「袋とじ」と呼ばれる施術を行います(施術のポイントにて後述)。
当クリニックは、予定外重瞼線に対するリスク対策も万全となっておりますのでご安心ください。

上まぶたが下がってきてしまう症状、眼瞼下垂と目のたるみの違いとは?

まぶたが重くなり、下がってきてしまう現象は加齢のみが原因ではありません。上まぶたは眼瞼挙筋と呼ばれる筋肉によってコントロールされています。
しかし、先天性の原因やハードコンタクトレンズの長期間利用などにより、眼瞼挙筋の筋肉の働きが弱まって上眼瞼が下がってきてしまう症状があります。これを、眼瞼下垂と呼びます。

眼瞼下垂では、軽度では眠たそうな目になったり、二重であっても目力が弱くなったりなどの症状がありますが、重度の場合には上まぶたが目の上に被さってしまい、目が見えづらくなるなどの視覚障害にも及ぶことがありますので、眼瞼下垂は切開法や非切開法による治療が一般的です。
なお、眼瞼下垂の原因は眼瞼挙筋の弱りであるため、瞼板から挙筋をはずして縫い縮め、引き上げる力をより強くする必要があります。
そのため、上眼瞼切開術とは別の施術方法を行うことになります。

目のたるみの原因が加齢によるものなのか、それとも眼瞼下垂によるものなのかは、カウンセリングの段階でドクターが入念にチェックを行い、患者様ひとりひとりの症状に合った最適な施術方法の提案を行います。
なお当クリニックでは、患者様の目のたるみの原因が眼瞼下垂で、上眼瞼切開術による施術では解決できない場合でも、眼瞼下垂の治療方法を別途ご提案することができますので、ご安心ください。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • まぶたのたるみや重みが気になる方
  • 老け顔に見られることに悩んでいる方
  • まぶたのたるみで二重が隠れている

CASE

症例情報・インスタグラム
芸能人・モデルの方から多数のご支持をいただく話題の施術です。

症例一覧

上眼瞼切開術の施術後 症例写真 目元

他院二重切開後に眼瞼下垂を併発した方です。眼瞼下垂修正のために、眼窩隔膜前転術を行いました。

担当:嶽崎 元彦 医師

ABOUT

施術のご説明
加齢や重力によるまぶたのたるみをスッキリさせ、若々しいお目元に

まぶたのたるみを無くしてスッキリした目元に

「袋とじ」切開による予定外重瞼線の予防も可能

当クリニックの上眼瞼切開術では、皮膚と腱膜を縫合することで、ラインが定着しやすく、元に戻りにくい方法を採用しています。元々の二重のラインに沿って皮膚を切除することによって、まぶたのたるみの改善や、ご希望に合わせて新たな二重のラインを作ることも可能になります。

また、上眼瞼切開の施術で気をつけるべき点として、施術後のまぶたに二重のライン以外の予期していない不自然な皮膚の折れ目ができてしまう現象があり、これを予定外重瞼線と呼びます。このリスクについてはあまり知られておらず、他院で上眼瞼切開術を受けた後、この予定外重瞼線に悩んでいる患者様もいらっしゃいます。

そのため、当クリニックでは上記のリスクを避けるために、予定外重瞼線ができてしまいそうなお目元の患者様には、「袋とじ」という処置を行うこともあります(写真参照)。

上眼瞼切開術 袋とじ症例

当クリニックは熟練の匠の技を持ったドクターが、患者様ひとりひとりのまぶたの状態をしっかりとカウンセリングしたうえで施術をご提供しておりますので、このようなリスク対策も万全となっております。

二重形成なども同時に行うことができる施術方法

上眼瞼切開術の優れた点として、加齢による上まぶたのたるみや重みの原因を改善・解消できること以外にも、二重まぶたの形成も同時に行うことができます。
上眼瞼切開術では、上まぶたのたるんだ皮膚を切除して、二重まぶたを形成し、重たくなっていた目元の印象を改善します。この術式の過程によって、患者様の希望に沿った二重まぶたを作ることも可能です。そのため、まぶたのたるみを取るだけでなく、二重のぱっちりとした目元も手に入れることができます。

このように上眼瞼切開術は、さまざまなまぶたに関わる症状を改善することができる術式であると言えます。

目元が若返ったような印象にすることも

上眼瞼切開術は、加齢などの原因によって下がってきたまぶたを上げるための有効な施術方法ですが、この施術を行うことによって、個人差はありますがお目元の若返りをご実感していただけます。

当クリニックでは、手術実績のあるドクターの経験によって、患者様の望む若返り効果をもたらすことができるように、ひとりひとりのまぶたの状態をチェックしたうえで、上眼瞼切開術を行います。
また、上眼瞼切開術によって二重ラインを形成する際に、幅の広い二重まぶた、末広型の二重まぶた、平行型の二重まぶたなど、患者様の希望に合わせて二重ライン作りを行うことも可能ですので、カウンセリングの際にはお気軽にご希望をお聞かせください。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

片目420,000円
初回252,000円
両目600,000円
初回360,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    患者様のまぶたの状態を確認し、目のたるみの原因や、皮膚の下垂などを、詳しくカウンセリングいたします。上眼瞼切開術の施術方法や安全性などについても、このときに改めてお伝えします。「痛みに弱い」などの要望があれば、ドクターにお気軽にお話ください。
  2. 02

    施術

    経験豊富なドクターの手によって上眼瞼切開術の施術を開始していきます。麻酔を行ったうえで施術をすすめてまいりますので(※麻酔は別料金となります)、施術中に感じる痛みを軽減することが出来ます。
  3. 03

    アフターケア

    施術が終わりましたら、その後のケアの方法などを詳しくお伝えしたうえでお帰りいただきます。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 約1時間程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 抜糸は1週間後、検診は1ヵ月後、3ヵ月後に行います
腫れ・痛み・内出血
  • ・2~3日は痛みや熱感があります。
  • ・腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いていきます。
  • ・さらに腫れが引いて自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
  • ・完成まで、個人差はありますが約半年かかります。
  • ・傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、時間をかけて徐々に目立ちにくくなります。
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
  • ・幅広の二重ラインをつくると、切開線の下側がやや浮腫みやすくなります。
メイク 抜糸後2日目から
入浴・洗顔 シャワー、洗髪は、傷口を濡らさない様にして当日から可能ですが、洗顔料の使用、入浴は、抜糸後2日目からになります。
また、治療後目やにが出やすくなりますので、翌日から水洗いをしてください。
コンタクトレンズ 抜糸をするまでの間は傷に負担を与えぬよう目の周りになるべく触れないことが望ましいため、施術後1週間はお控えください。
運動 激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 マッサージなど目もとやその周りへの刺激があるような行為は施術後1ヵ月はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①傷跡が体質等により盛り上がる場合がございます。
  • ②ごく稀に、局所麻酔によるアレルギー反応を起こす可能性があります。
  • ③元々の骨格、目の形により自然な範囲での左右差は生じることがありますが、事前に医師とカウンセリングを行い、ご納得いただいてからのご手術となりますのでご安心ください。
  • ④ごく稀に、傷跡が膿むような二次感染の可能性があります。
※上記、④のような症状を感じられたらすぐにご来院ください。
その他
  • ・手術当日は、お目元を隠すためのサングラスまたは、だてメガネをご持参ください。
  • ・当日はご本人様での運転はお控えください。
  • ・お化粧(アイプチ含む)、コンタクトはせずにお越しください。
  • ・抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることや、術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますので、その際はご連絡ください。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

痛みに強くないのですが、上眼瞼切開術は痛くないですか?
施術の痛みに関しましては、麻酔を併用することによって、個人差はありますがある程度お痛みを軽減することが可能です。(※麻酔は別料金となります)
上眼瞼切開術のダウンタイムはどのようなものがありますか?

ダウンタイムは個人差がありますが、腫れは5日~1週間程度、内出血はメイクでカバー出来る程度で、1~2週間程で落ち着きますのでご安心ください。

抜糸は術後1週間後に行います。シャワー・洗髪は傷口を濡らさないようにして、当日から可能ですが、洗顔・入浴・お化粧は抜糸後2日目からになります。
※袋とじが必要な場合は術後3日後も抜糸を行います。

なお、コンタクトレンズに関しても抜糸後から利用可能となりますので、糸があるうちは眼鏡で過ごしていただくことになります。

激しいスポーツや、お顔への強いマッサージに関しては、1ヵ月程度はお控えください。

上眼瞼切開術の施術時間はどれくらいかかりますか?
施術時間に関しては、おおよそ30分で施術を終えることができます。
上眼瞼切開術の術後の傷跡が目立つようなことはありませんか?
上眼瞼切開術は、ご希望の二重のラインに沿って施術を行っていきます。
傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、2~3ヵ月かけて目立ちにくくなります。

PICK UP

ピックアップ施術
キャンペーン中の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.07.30 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる