TAC式人中短縮術について。

人中が長いとお顔はのっぺりと見えてしまいます。しかし、人中短縮術がマイナーな施術である理由はお鼻の下に傷がバッサリ入ってしまうこと。しかし当院の人中短縮術は、カットする皮膚のデザインを工夫することでお鼻の中に傷を作り、他人にバレずに人中を短くすることができます。(鼻中隔基底部のみ外に傷が出ます。)また、人中短縮術を行うと鼻翼がやや広がりますが、当院の人中短縮術は鼻翼縮小術を同時に行えるようにデザインすることが出来るのも魅力です。今回の症例は、TAC式人中短縮術、TAC式鼻翼縮小術、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフトをされた方の一か月経過です。
統括院長 嶽崎元彦

術前/一か月経過

【施術内容】

銀座TAクリニック美容整形モニター募集