Cosmetic Surgery

陥没乳頭修正術

乳腺炎を予防し、見た目にも美しい乳首を形成

お悩みを解消してさらに
美しい乳頭をデザイン

将来を考慮した
陥没乳頭修正術もお任せください

陥没乳頭修正術の施術

陥没乳頭修正術とは、乳房の皮膚に埋もれている乳頭を突出させる手術のことです。陥没乳頭の原因には、先天的なものと後天的なものがあります。

先天的な原因としては、乳管と呼ばれる母乳が通る管が、乳頭を内側に引き込むことが挙げられます。後天的な原因としては、乳房の手術やガン、乳腺炎の治療によって引き起こされることが挙げられます。

陥没乳頭には、刺激を与えると乳頭が突出する「仮性」と、刺激を与えても乳頭が突出しない「真性」に分けられます。真性の陥没乳頭は、乳腺炎が起こりやすく、授乳が困難などの問題があるため、陥没乳頭修正術を受けられる患者様が多くいらっしゃいます。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 昔から陥没乳頭がコンプレックスだった
  • 乳首が出ていないことをパートナーに指摘された
  • 陥没乳頭が気になって友達と温泉に行けない
  • 将来授乳するときのために陥没乳頭を治療したい
  • 乳腺炎になりやすい
  • 陥没乳頭を治すグッズを使っても効果がなかった
  • 陥没乳頭を改善して乳首の形を整えたい

ABOUT

施術のご説明
乳房の皮膚に埋もれている乳頭を突出させる

乳房の皮膚に埋もれる乳頭を突出させて、美しい乳頭にデザイン

入念なカウンセリングで見た目にもこだわった乳頭をデザイン

当クリニックの陥没乳頭修正術では、乳腺炎を防いだり、授乳しやすくしたりと、陥没乳頭の問題点を解消することが期待できます。
さらに、美容的な観点も大切にしているため、患者様のご希望やお悩みなどを、カウンセリングの際にじっくりとお伺いし、入念な乳頭のデザインを行います。

女医や女性スタッフが患者様のお気持ちに寄り添い、見た目にも美しい乳頭をデザインできるよう心がけております。
また、他院での陥没乳頭修正術に満足できなかった患者様も、セカンドオピニオンとして、ご相談をお受けできるため、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

女医が在籍しないクリニックでも必ず女性スタッフが同席いたしますのでご安心ください。

患者様に合わせた治療方法のご提案

当クリニックの陥没乳頭修正術では、患者様のご希望やお悩みをお伺いした上で、患者様に適した手術方法のご提案をさせていただきます。
陥没乳頭修正術には、乳管を保存する方法(乳管温存法)と、乳管を保存しない方法があります。

乳管を保存するかどうかは、授乳のご予定などを考慮した上で、決定していきます。そのため、結婚・妊娠・出産などをする可能性が高く、赤ちゃんに母乳を与えたいと考えている患者様も、安心して陥没乳頭修正術をお受けいただけます。

他の人には相談しにくい内容のため、まずは一度、専門医にご相談ください。

傷跡が目立ちにくい丁寧な縫合

当クリニックの陥没乳頭修正術では、細かく丁寧に縫合をすることで、できるだけ傷跡が目立たないように施術をしております。そのため、手術後にお友達と温泉などに行かれてもバレにくく、安心して楽しんでいただけます。

陥没乳頭修正術の仕上がりやデザインについては、カウンセリングの際に細かくお伝えいたしますが、何かご不安な点やご不明点などがございましたら、お気軽にお申し出ください。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

【実施院:銀座院 , 新宿院 , 大阪院 , 福岡院】

250,000円
初回150,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    まずは、カウンセリングにて、患者様の乳頭の状態を拝見させていただき、お悩みなどをお伺いします。その際に、乳管を保存するかどうかなどを確認させていただき、手術方法を決定していきます。
  2. 02

    デザイン

    手術方法が決まりましたら、患者様のご希望や乳頭の状態に合わせて、理想的な乳頭のかたちになるようデザインします。
  3. 03

    手術

    乳頭のデザインができましたら、手術を行います。手術時間には個人差がありますが、30分程度です。
  4. 04

    アフターケア

    手術が終わりましたら、アフターケアや術後の経過についてご説明いたします。何かご不明点などがございましたら、お気軽にご相談ください。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 30分程度
麻酔 局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 検診は3日後、1週間後(抜糸)、1ヵ月後に行います。
腫れ・痛み・内出血
  • ・痛みや腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いていきます。
  • ・さらに自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
入浴・洗顔 シャワーは当日から傷口を濡らさないようにして浴びることが可能ですが、入浴は抜糸後約2日目からになります。
運動 激しい運動は3週間後から、軽い運動は2週間以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 マッサージなど胸元やその周りへの刺激があるような行為は施術後1ヵ月はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感(1~3ヵ月)
  • ③左右差の出現の可能性
  • ④創部から糸が出てくる可能性
  • ⑤二次感染
  • ⑥傷
施術における注意点 陥没乳頭修正術は、基本的に手術の1週間後に抜糸を行います。抜糸までは、できるだけゆとりのあるブラジャーを着用してください。
また、シャワーは手術当日から浴びていただけますが、施術部位を濡らさないようにご注意ください。
うつぶせ寝や激しいスポーツは手術後3週間お控えください。
その他
  • ・当日はご本人様での運転はお控えください。
  • ・3日後の検診まで、胸に当てるガーゼはそのままにしてください。
  • ・7日後の抜糸まで、ブラジャーは出来るだけゆとりのある物を使用してください。
  • ・うつぶせ寝は3週間控えてください。
  • ・抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることや、術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますので、その際はご連絡ください。

他施術との比較

当クリニックの陥没乳頭修正術では、患者様のご要望などをしっかりとお伺いした上で、施術方法を決定します。陥没乳頭の手術には、乳管を温存できない手術もあります。しかし当クリニックでは、今後妊娠や出産のご予定がある患者様の、母乳で赤ちゃんを育てたいというお気持ちに寄り添い、乳管をできるだけ温存して手術を行うことが可能です。

当クリニックでは、患者様のご希望などをじっくりとお伺いし、患者様ひとりひとりに適した方法で手術を行いますので、どのようなお悩みやご要望でもお気軽にお申し出ください。

INSTAGRAM

ご来院いただいた方々
芸能を志す方、活動される方にも安心して通えるクリニックです。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

陥没乳頭修正術のダウンタイムについて教えてください。
陥没乳頭修正術のダウンタイムには、個人差がありますが、腫れや内出血などが生じる場合があります。腫れは術後の経過とともに、1~2週間ほどで引いていくことが多いです。内出血によって赤紫色になる場合もありますが、こちらも術後の経過とともに1〜2週間で軽快していくことがほとんどです。
陥没乳頭修正術は痛みを感じますか?

陥没乳頭修正術の手術中には、個人差がありますが、麻酔を使用するためほとんど痛みを感じることはありません。極細の針を用いた局所麻酔を使用するので、麻酔時の痛みもほぼなく、痛みに弱い患者様でも安心してお受けいただけます。

また、陥没乳頭修正術の手術後は、個人差はありますが、数日間痛みを感じる場合があります。痛みは術後の経過とともに落ち着いていきますが、痛みが強い場合などは、処方する痛み止めを服用してください。

その他にも、手術後のダウンタイム中の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル」の処方が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にご相談ください。

陥没乳頭は治した方が良いですか?

陥没乳頭には、刺激を与えると突出する「仮性」と、刺激を与えても出てこない「真性」の2種類があります。真性の陥没乳頭の場合や、刺激をしてやっと突出するような仮性の陥没乳頭の場合は、垢や汚れが溜まりやすかったり、乳腺炎になりやすかったりするため、手術を受けられることをおすすめします。

ご自身の親指と人差し指で、乳頭を持ち上げてみることで、真性の陥没乳頭かどうかを確認できます。どのようにしても乳頭が持ち上がらない場合は、真性の陥没乳頭の可能性が高いです。

手術が必要かどうかなど、なかなか他の人には相談できない内容であるため、お一人で悩まれず、まずはお気軽にご相談ください。

陥没乳頭修正術の手術後は授乳が可能ですか?

当クリニックの陥没乳頭修正術では、将来授乳をする可能性があるかなどをお伺いした上で、乳管を保存する手術方法か、乳管を保存しない手術方法かを決定します。そのため、授乳の可能性がある患者様には、乳管を保存する方法のご提案をしております。

乳頭の手術となるため、ごく稀にですが、授乳しづらく感じられる場合もあります。しかし、ほとんどの患者様が、手術後も問題なく授乳をされているため、過度なご心配は必要ございません。

陥没乳頭の手術を受けられない場合はありますか?
陥没乳頭の手術は、末梢循環不全のある患者様や、膠原病等の自己免疫疾患をお持ちの患者様、重度の糖尿病の患者様にはお受けいただけません。ご心配な患者様は、お電話などで事前に当クリニックまでご相談ください。
陥没乳頭修正術の傷跡は目立ちますか?
当クリニックの陥没乳頭修正術では、できるだけ傷跡が目立たないよう、細かく丁寧に縫合をします。そのため、手術後の傷跡はわかりにくく、バレることはほとんどありません。また、乳頭付近は傷などが治りやすい組織となるため、術後の経過とともに、半年ほどで傷跡はわかりにくくなっていきます。

PICK UP

ピックアップ施術
キャンペーン中の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.06.26 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる