DOCTOR BLOG

【豊胸】シリコンバッグはどこに挿入するべき?

エラボツリヌストキシン注射初回片側1450円
【実施院:全院 】

エラボトックス注射

【エラボト1,450円】韓国製ボツリヌストキシンを使用!エラ張り顔を注射で脱却

二重整形_埋没法スタンダードクイック両目2点留め4900円
【実施院:全院 】

二重埋没法

【埋没法2点留め(両目)¥4,900】WEB・LINE予約限定クーポンご利用で二重整形をお手頃価格に

【豊胸】シリコンバッグの挿入位置ってどう違うの?


山田 真里江 医師

こんにちは、TAクリニック内、豊胸症例数NO.1、膣圧美乳先生こと山田真里江です。

今回はたくさんの質問をいただいております、シリコンバック挿入位置について、ご説明させていただきます。

シリコンバッグを挿入する部位は、「大胸筋下」「乳腺下」「胸筋膜下」の3ヵ所ございます。
希望のバッグの大きさ、乳腺量、皮膚と皮下脂肪の厚み、皮膚の伸展率等、患者様との診察の時間をかけてじっくりと行った上、最適な位置をご提案させていただいております。

シリコンバッグの挿入位置

それでは、以下にそれぞれの挿入位置の特徴を記載していきます。

大胸筋下

大胸筋と小胸筋の間にシリコンバッグを挿入します。大胸筋は厚い筋肉ですので、手術後、お胸に触れたときにバッグの感触がしないのが特徴で、形も自然です。
乳腺や皮下脂肪が少ない方、皮膚が薄い方に適しています。

乳腺下

乳腺と胸筋膜の間にシリコンバッグを挿入します。谷間をつくりたい方、バストが下垂している方、乳房の元の大きさが中~大きい方に適しています。
お痛みは大胸筋下挿入より、軽度です。

大胸筋筋膜下

乳房の大胸筋をつつむ筋膜の下を剥離して、シリコンバッグを挿入します。
筋肉収縮によるバストの変形を起こしにくいのが特徴です。

まとめ

診察によって、皮膚と皮下脂肪の厚みを計測したり、乳房皮膚の伸展率を計測し、適切な挿入位置をご提案させていただいております。
ぜひ一度ご相談ください。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる
今月のキャンペーン 最大70%OFF 詳しくはこちら