DOCTOR BLOG

銀座TAクリニック。お目元のレアな症例です。

お目元のレアな症例です。
10年前に二重の全切開をした時に挙筋腱膜が傷をついてしまったのが原因と思われますが、右目の内側だけ眼瞼下垂を認める症例です。
他院では眉毛下切開や目のたるみとりをしないと改善しないと言われたようですが、たるみではなく内側の眼瞼下垂が原因です。
再切開で眼窩隔膜前転術をしてもよいのですが、一度切開されているので、眼窩隔膜が綺麗に残っている保証もないので、埋没によるミューラー筋タッキングで内側の下垂を修正した、一週間経過です。
本人の気にしていた内側の皮膚はしっかりと上がっているのがわかります。
セカンドオピニオン大切ですね。エイジングケア、小顔のお悩み以外でもご相談お待ちしております。

SEARCH

お悩みから探す
施術部位検索からご希望の施術が見つからなかった患者様もお悩み検索で見つかる場合がございます。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる