Cosmetic Surgery

エラ削り・骨切り(下顎角矯正)

形成外科専門医によるエラ削り・骨切りで、エラ張りを改善して小顔を目指す

エラ張りを改善するなら
エラ削り・骨切りによる
輪郭矯正

下顎角をエラ削り・骨切りして
輪郭を整える

下顎角をエラ削り・骨切りして輪郭を整える

日本人に多いとされる輪郭の種類は、丸顔・面長・逆三角・ベース型・卵型など、様々な形に分けられます。
特に卵型は理想的な輪郭とされておりますが、その理想の輪郭に近づけることは中々難しいのではないでしょうか?

顔が大きく見える原因の一つである「エラ張り」。エラが張る原因は、顔のコリやエラ部分にある筋肉「咬筋(こうきん)」の発達ともされていますが、症状の度合いによっては土台つまり元々の骨格が影響しているとも言えます。
発達した咬筋が原因の場合はボトックス・ボツリヌストキシン注射にて改善することが可能ですが、骨格が影響している場合は下顎骨の下顎角という部分が大きいもしくは横(正面から見て外側)に広がることで、エラとして輪郭に影響を及ぼすため、下顎角の骨を削ったり切除する必要があります。

下顎骨の下顎角

TAクリニックのエラ削り・骨切り(下顎角矯正)では土台から整えるため、正面から見たときの輪郭の印象の変化(ベース型や四角い輪郭の緩和)による小顔効果を、斜めや横から見たときのなめらかなフェイスライン形成が見込めます。
さらに、骨削りや骨切り術で起こりがちな不自然な輪郭にならないよう、患者様のお顔の模型を元に、お顔全体のバランスを見て、経験豊富な形成外科専門医が最適なエラ削り・骨切り(下顎角矯正)を行いますのでご安心ください。

エラ削り・骨切り(下顎角矯正)などの骨切り術は大きな変化が見込める分、ダウンタイムも長くなる可能性があります。仕上がりだけでなく仕上がりまでの過程を含めて、後悔のないエラ削り・骨切り(下顎角矯正)による輪郭矯正にするために、医師スタッフ一同しっかりとサポートさせていただきます。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • エラの出っ張りを削って解消したい
  • なめらかな輪郭に憧れる
  • 横、斜めから見たときのエラが目立つ
  • 顔下半分の横幅を小さくしたい
  • 女性的なフェイスラインにしたい
  • 他院で行った骨切りで効果が出なかった
  • 咬筋ボトックス、ボツリヌストキシン注射では改善されない
  • 確実に変化がでる輪郭矯正をしたい

ABOUT

施術のご説明
後悔のないエラ削り骨切りでエラ張りを改善

センスと技術力が求められるエラ削り(下顎角矯正)で小顔に

エラ張りを解消してなめらかなフェイスライン

下顎骨を切除

小顔作りに重要なポイントとなるエラですが、正面から見て下顎骨の下顎角という部分が外側に広がっていると、エラが強調された所謂ベース型の輪郭になってしまいます。
エラが張った輪郭は、顔が大きく見えるだけでなく、ごつごつとした男性的な印象となるため、お悩みの方も多くいらっしゃいます。

下顎骨をどのように、どの程度、骨切りをして形を整えるのかは、患者様の骨格によって全く異なります。そのため、骨切り術では執刀医の経験値とデザインセンスが問われると言っても過言ではないでしょう。

外板切除咬筋切除を組み合わせることでさらなる小顔効果

下顎角部分のみ切除をする場合、斜めや横から見たときのフェイスラインはなめらかになりますが、正面から見たときの変化は感じにくいと言われております。
それは、外板の厚みや咬筋の発達が解消されていないためです。

外板(がいばん)とは、下顎骨の表面側の白い硬い部分(皮質骨)をさします。小顔や顔幅を狭く細くするには下顎骨の厚みを薄くすることが効果的です。

外板切除

外板切除

咬筋切除

手術前診察で咬筋の厚みを確認します。
咬筋はかみ合わせにも影響が出るため、切除範囲と切除量をしっかりと見極め、左右差も確認して、咬筋切除を行います。

患者様の骨格や咬筋の発達具合をしっかりと診察したうえで、より小顔効果を得るためには、エラ削り・骨切りと一緒に外板切除または咬筋切除をご提案する場合があります。

CTスキャンと模型を用いてより安全な手術と正確な仕上がりを実現

CTスキャンと模型

TAクリニックでは事前に患者様のCTスキャンを行い、それをもとに顔面の模型を作成いたします。模型を作成する理由は、三叉神経第3枝の下顎神経が走っている下顎管を傷つけないようにすること、そして360度あらゆる角度から計測することが可能となり、術前シミュレーションとより安全に手術が行えるということ。

特に、術前シミュレーションでは、どの部分からどの程度、骨を削るあるいは切除するかを決定できるため、お顔全体を見据えて輪郭形成を行うことが可能となるのです。

理想的なVライン形成も可能です

Vライン形成

輪郭形成では卵型の輪郭やVラインフェイスをご希望されるケースが多いですが、患者様の骨格によってはエラ削り・骨切りや外板切除、咬筋切除だけではシャープな輪郭を形成することが難しい場合があります。
その際は、エラ削り・骨切りのラインをオトガイ付近まで伸ばすことでVライン形成を叶えることが可能です。

その他にも、理想の仕上がりへ導くために必要な施術の組み合わせについて、その理由をしっかりと説明をさせていただきますので、ご不明な点等ございましたらお気軽にご相談ください。

ダウンタイムに配慮したエラ削り・骨切り(下顎角矯正)

エクスパレル麻酔

TAクリニックでは、エラ削り・骨切り(下顎角矯正)においてのご不安や施術中の痛みの対策として、全身麻酔などの各種麻酔や、術後のダウンタイム中の痛みを軽減するために「エクスパレル麻酔」を別途費用にてご用意しております。

骨切りや骨削りによる輪郭矯正を検討しているが、痛みやダウンタイムが不安で一歩踏み出せないという患者様へ、ご安心ください。スタッフ一同しっかりとフォローさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

エクスパレル麻酔とは

技術に自信アリ!だからこそできる【TAC安心保証制度】

安心
保証

1年間

TAクリニックで施術を
受けられた患者様限定!

責任を持ってアフターケアを行うために…
安心して施術を受けていただくために…
TAクリニックでは、一部の施術メニューに
「TAC安心保証制度」を設けております。
客観的に見て効果が全く認められないなど、
当クリニック医師の診察により再治療が必要と判断した場合、
最大1年間無料で再治療いたします。

エラ削り・骨切り(下顎角矯正)の保証についてのご注意事項
施術名 保証期間 備考
エラ削り・骨切り
(下顎角矯正)
1年 傷の癒合不全、感染症、神経障害などが生じた場合、必要な対応を行います。
Vライン形成 1年 傷の癒合不全、感染症、神経障害などが生じた場合、必要な対応を行います。

※横スクロール可能

  • ・施術に関わる診察や再施術は、原則として担当医が行います。
  • ・お身体や患部への負担を考慮して、再施術の場合は施術日より半年以降に行います。
  • ・再施術を行うことにより、負担が危険だと考えられる、改善が見込まれない、適応が見られない、などという場合は医師の判断により再施術をお断りすることがあります。
    ※再施術を行う場合は、別途麻酔代を頂戴いたします。

その他ご注意事項はこちら

PICK UP

関連する今月のおすすめ施術
TAクリニックが誇る人気の施術を特別価格で。

今月のおすすめ施術一覧

前田 翔 医師,エラ削り・骨切り(下顎角矯正)のモニター募集
【実施院:横浜TAクリニック】

エラ削り・骨切り(下顎角矯正)

形成外科専門医によるエラ削り・骨切りで、エラ張りを改善して小顔を目指す

PRICE

料金表
TAクオリティを適正価格でお届け致します。

【実施院:横浜院】

エラ削り・
骨切り
(下顎角矯正)
1,372,000円
Vライン形成1,677,500円
全身麻酔必須220,000円
検査(模型代)必須55,000円
CT撮影必須現地清算
採血必須11,000円
オプション
外板切除420,000円
咬筋切除320,000円
プレート抜去
当院施術の場合何本でも一律350,000円
他院施術の場合何本でも一律550,000円

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    患者様のお顔の状態を確認し、仕上がりのご希望をお伺いしたうえで、最適な施術方法をご提案いたします。骨削り・骨切り術においてのメリットデメリット、リスク副作用などしっかりと説明し、ご納得いただいてから施術を行わせていただきますので、ご安心ください。

  2. 02

    術前検査(採血・顔面骨CT検査)

    エラ削り・骨切り(下顎角矯正)では、術前検査に採血とCT撮影が必要となります。

    採血について:クリニックにて行い、採血日から1ヵ月以内での手術となります。また、採血検査結果は、最短で翌日に分かります。

    CT検査について:CTの撮影は設備があるお近くの他施設で撮影のため、当クリニックスタッフにて撮影予約の手配後、現地へ向かっていただきます。撮影代は患者様負担となります。

  3. 03

    模型を用いた施術説明

    CT撮影データをもとに、作成された模型を用いて、具体的に施術内容を説明いたします。この段階で最終的な仕上がりを設定します。

  4. 04

    麻酔

    エラ削り・骨切り(下顎角矯正)の施術では、安心して受けていただくよう全身麻酔を使用します。ゆっくりと眠りに落ちていくため、目が覚めた時には施術が終わっている状態となりますので、施術中の痛みがご不安な方もご安心ください。
    ※麻酔代は別途頂戴いたします

  5. 05

    近隣の宿泊施設にて宿泊

    エラ削り・骨切り(下顎角矯正)の施術後は、クリニックでしばらくお休みいただいた後、クリニック近隣の宿泊施設にて宿泊をしていただきます。
    ※宿泊施設リストをお知らせいたしますのでその中からお選びください
    ※宿泊代は患者様負担となります

  6. 06

    アフターケア

    エラ削り・骨切り(下顎角矯正)の施術、翌日にクリニックにご来院いただき、経過の診察をしてからお帰りとなります。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 4~5時間程度
麻酔 全身麻酔
※施術代とは別に麻酔代がかかります(必須)
通院
  • ・翌日(圧迫外し、口腔内、腫れの検診・前額形成の場合ドレーン抜去)
  • ・3日目(口腔内、腫れの検診)
  • ・1週間目(抜糸)
※術後の経過によっては来院回数が増える可能性あり
腫れ・痛み・内出血
  • ・腫れ:2週間程度
  • ・痛み:1週間程度
  • ・内出血:1週間程度
※個人差があります
メイク 固定が外れる翌日より可能
※経過によっては伸びる可能性あり
入浴・洗顔
  • 入浴:翌日(24時間後)から患部以外全身シャワー浴が可能で、術後1週間後から入浴が可能
  • 洗顔:固定が外れる翌日より可能
※経過によっては伸びる可能性あり
運動 1週間は安静にしてください。
また、激しい運動は1カ月控えることを推奨しております。
施術部位への刺激
  • ・モンダミン等の刺激物の使用、ディープキス、オーラルセックス、口内射精は術後1ヵ月間は控えてください。
  • ・顔のマッサージ、レーザー照射は術後3ヵ月間は控えてください。
リスク・副作用・合併症について ■施術による副作用
  • ・だるさ、熱感、頭痛、蕁麻疹、痒み、むくみ、発熱、咳、冷や汗、胸痛、アナフィラキシーショック、呼吸困難が生じる場合がある
※上記のような異常を感じる場合はすぐにクリニックまでご連絡ください

■感染(化膿)
  • ・手術後、熱感・痛み・腫れが増す、あるいは長引く場合は感染が疑われる
  • ・骨を固定する金属(プレートやスクリュー)が感染の原因になる場合がある
※これらの場合は金属の抜去が必要となります

■血腫
  • ・術後に傷の中で出血して血が溜まると顎から頸にかけて紫色に腫れ上がる
※放置してしまうと化膿やしこりの原因となるため、上記のような症状があらわれた場合はすぐにクリニックまでご連絡ください

■創部離開
  • ・口の傷が開いてしまう場合があるが、通常は自然に回復する
※医師から来院の指示がある場合、ご来院が必要となります

■神経症状
  • ・手術操作の際に骨や粘膜の中を損傷する可能性あり
※これらの場合、歯茎、歯、口唇、額部に部分的なしびれ・感覚がなくなる・違和感や痛みを生じる可能性があります
※症状の回復には半年~1年程度、稀に感覚が完全に元通りにならない場合もあります

■レントゲン、CT、MRIに対する影響
  • ・骨を切った部位や骨を固定するプレートやスクリューは画像に写ります
※検査を受けることに支障はありません

■たるみや皮膚の余り
  • ・小さくなった骨格に合わせて皮膚や筋肉は小さくなりますが、年齢や皮膚の硬さによってたるみが生じたように感じる場合があります
※たるみ予防の施術を合わせて受けていただくこと推奨しております

■口のゆがみ
  • ・手術操作の際に下顎に沿って走る顔面神経の近くを触る必要があります。
    それにより表情筋の動きが鈍くなり、口元にゆがみが生じることがあります。
    これらの症状は、個人差はありますがほとんどの場合、半年~1年かけて回復します。
※稀に完全に元通りにならない可能性があります

■左右差
  • ・エラの骨切りで左右差を改善することが難しい場合があります。
    できる限り左右差の改善に努めますが、お顔全体の歪みや曲がりに合わせて自然な輪郭の仕上がりを目指します。

■エラの縮小効果が足りないと感じる
  • ・予定通りに骨を切り取っても、骨の上に被さる筋肉・脂肪・皮膚が原因で輪郭が十分に小さくならないことがあります。
    また術後半年間はむくみが原因ですっきりした輪郭になっていないと感じる場合があります。
    効果が足りないと感じる場合、安全に削り、切除できることが確認できた時は、再手術が可能です。
    しかし、大きく削るほど凹みができて、不自然なフェイスラインになりやすいです。そのような仕上がりにならないように、慎重に手術を行います。

■仕上がりに左右差があると感じる
  • ・手術中、左右差がないよう調整をしますが、左右対称にならない場合があります。
    また、もともとの骨格で左右差が強くある場合、手術後も左右差が残りやすくなります。
    手術後に明らかな左右差が出た場合、エラが大きく残っている側の骨を削って修正します。
    左右差は骨でなく筋肉(エラの咬筋)が原因の場合もあります。
    術後ダウンタイム中は、腫れの程度が左右で異なるため仕上がりよりも左右差が目立つことがあります。

■口を大きく開けられない
  • ・手術後は痛みのため口を大きく開けることが難しいです。
    2~3週間、極端に口を開けないでいると顎の関節が硬くなり、痛みが解消された後も口を大きく開けることが難しくなる。
    ※上記のような場合はすぐにクリニックまでご連絡ください

■知覚麻痺が起こりやすくなる
施術における注意点

激しい運動は1ヵ月後からとなります。
1週間は安静にお過ごしください。(日常生活は問題ありません)
また、創部に刺激を与えないようお気を付けください。
なお、副作用としてだるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱・咳・冷や汗・胸痛・傷跡の盛り上がり・凹み・色素沈着・施術箇所の知覚の麻痺・鈍さ・しびれ・物足りないと感じる・段差・たるみ・しこりができる、全身麻酔の副作用などの症状が生じる可能性があります。

他施術との比較

当クリニックのエラ張りを解消する施術には、下顎角の骨へアプローチをするエラ削り・骨切り(下顎角矯正)の他に、ボトックス・ボツリヌストキシン注射といったお手軽な施術をご用意しております。しかし、ボトックス・ボツリヌストキシン注射が咬筋の発達が原因の場合、有効な施術となります。

エラ張りを解消して小顔や輪郭を整えるために、最適な施術方法をしっかりと見極めます。効果の持続、感触や仕上がりの見た目、ダウンタイム、リスク副作用、値段といった面も含めて、しっかりと説明させていただきますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ねください。
後悔のないエラ削り・骨切り(下顎角矯正)となるよう、ドクタースタッフ一同、サポートをさせていただきます。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

エラ削りをしたいけど傷跡が心配です。傷跡は残りませんか?
当クリニックのエラ削り・骨切り(下顎角矯正)は、口腔内から行いますので皮膚表面に傷跡ができることはありません。また、口腔内は粘膜上皮の入れ替わりが速いことから、傷が治りやすいとされています。稀に、下顎角の骨を削る量が多い場合は、患者様へ事前説明をし、ご納得いただいたうえで顎下や耳裏を数ミリ切開する場合もあります。その場合も、正面から見えにくいため、傷跡は目立ちません。
エラ削りが終わったら、固定など必要ですか?
エラ削り・骨切り(下顎角矯正)の術後2日間は固定をしていただきます。その後、可能であれば夜間のみの固定を数日間続けていただければ腫れは少なくなる見込みです。ご不安点などございましたら、クリニックまでご連絡ください。
エラ張りがコンプレックスです。思い切ってエラ削りをしたいのですが、ダウンタイムはどのくらいですか?
もちろん個人差はありますが、腫れやむくみについては、1~2週間程度で落ち着いていきます。内出血が生じた場合は2週間程度で徐々に消失していくでしょう。 術後の痛みについては、痛み止めを処方いたしますが、別途費用にて術後約72時間痛みを和らげる「エクスパレル麻酔」もございます。ご希望の方はお申し付けください。
ベース型の輪郭を卵型に近づけたいです。ボトックスやボツリヌストキシン注射とエラ削り・骨切り、どちらがいいでしょうか?
ボトックス・ボツリヌストキシン注射とエラ削り・骨切り、どちらが適応かはエラが張る原因により異なります。また、輪郭を整えるには、単にエラ張りを解消すれば良い、というわけではありません。お顔全体のバランスを見て、骨削り骨切り術の場合、エラ以外に顎(オトガイ)や頬骨を整える必要がある可能性もあるでしょう。もしくは、脂肪除去リフトアップが有効の場合もあります。
どの施術を選択すれば理想の輪郭に近づけるかは、執刀医にかかっていると言っても過言ではありません。ますは経験豊富なベテラン医師にお悩みをお聞かせください。最適な施術をご提案させていたが有効の場合もあります。 どの施術を選択すれば理想の輪郭に近づけるかは、執刀医にかかっていると言っても過言ではありません。ますは経験豊富な形成外科専門医にお悩みをお聞かせください。最適な施術をご提案させていただきます。
エラを削ったことによる後遺症などはありますか?
稀にしびれ、麻痺、たるみや色素沈着、口腔内の違和感が残る場合があります。また骨切り骨削り部分の段差や不整を感じる場合がありますが、事前に説明をさせていただきます。ご不安点などをのぞき、ご納得していただいたうえで施術を行いますのでご安心ください。
骨切りをしたらたるむと聞きました。エラ削り・骨切りをしたらたるむ可能性はありますか?
骨切り術だけに限りませんが、お顔のボリュームを減らす施術は、皮膚が余ってしまい、それがたるみとして現れる可能性があります。長期的に見ても、老化によるたるみが比較的早期に現れる可能性もあります。 予防を考えている場合や術後たるみが出てしまった場合は、HIFUによる引き締めや、糸・切開によるリフトアップをおすすめすることもあります。

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2021.04.01 UP DATE

TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト、キツネシリーズ、HIFU、1万症例突破

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる