Cosmetic Surgery

口唇縮小術

ボリュームを抑えて美しい唇をデザイン

分厚い唇を縮小して
品のある口元に

黄金比率で理想の唇をデザインします

口唇縮小術の施術

口唇縮小術とは、厚みのある唇を薄くする手術です。
口唇縮小術では、唇の乾いている部分(正面から見える部分)と、粘膜の部分(正面から見えない部分)の境目を切除し、唇のボリュームを抑えることで、患者様の唇のお悩みを解消することが期待できます。

ボリュームのある唇は、魅力的に感じられる反面、たらこ唇などと呼ばれ、コンプレックスに感じられる患者様が多いです。また、厚すぎる唇は不恰好に見えるという理由から、口唇縮小術は女性だけではなく、多くの男性患者様にもお受けいただいています。

口唇縮小術は、唇のボリュームを抑えることで、男性女性関係なく、様々なコンプレックスを軽減する効果が見込まれます。

口唇縮小術の施術とは?

このようなお悩みの方が
受けられております

  • たらこ唇が悩み
  • 腫れぼったい唇がコンプレックス
  • 上下の唇のバランスを整えたい
  • シュッとしたクールな印象の唇に憧れる
  • 唇が目立つのが嫌
  • 唇を小さくしたい

CASE

症例情報
芸能人・モデルの方から多数のご支持をいただく話題の施術です。

症例一覧

口唇縮小術の施術後 症例写真

担当:嶽崎 元彦 医師

口唇縮小術の施術後 症例写真

担当:石橋 正太 医師

口唇縮小術の施術後 症例写真

担当:鎌田 紀美子 医師

口唇縮小術の施術後 症例写真

担当:東海 陽介 医師

施術内容 口唇縮小術
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感(1~3ヵ月)
  • ③一過性の痺れ、感覚が無くなる可能性
  • ④創部から糸が出てくる可能性
  • ⑤傷口
  • ⑥炎症
料金(税抜き) 350,000円 ~ 500,000円

ABOUT

施術のご説明
患者様のなりたいイメージに合わせた、オーダーメイドの唇整形

唇の厚みを抑え黄金比率の理想の唇に

丁寧なカウンセリングでなりたい唇の形に近づける

当クリニックの口唇縮小術では、カウンセリングに特に力を入れております。患者様の唇の形だけを拝見するのではなく、お顔全体のバランスなども考慮した上で、患者様ひとりひとりに適した唇の形をご提案いたします。

唇の厚みは数ミリ違うだけでもお顔の印象が変わる場合もあり、慎重に手術を行う必要があります。そのため、手術前のカウンセリングや、唇のデザインにお時間を頂戴し、患者様にとって理想的な唇の形に近づけていきます。

丁寧なカウンセリングでなりたい唇の形に近づける

絶妙なバランスで傷跡を目立たせない縫合

当クリニックの口唇縮小術は、唇の正面から見える部分(口紅などを塗る部分)と、正面から見えない部分(唇の内側の濡れている部分)の境目を切除します。当クリニックでは、入念なデザインの上、絶妙なバランスで唇の皮膚や筋肉を切除するため、傷跡が正面から見えづらく、ほとんど目立ちません。

また、唇は血流が良く、粘膜部分の処置になるため、傷の治りが早いです。そのため、手術後の傷跡が心配な患者様にも、安心してお受けいただけます。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

片側350,000円
初回210,000円
両側500,000円
初回300,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    まず、患者様の唇の厚さやお悩みなどをお伺いし、手術が必要かを確認します。手術が適用される場合は、ミリ単位で唇のボリュームをデザインします。
  2. 02

    麻酔

    唇のデザインが決まりましたら、麻酔を行います。当クリニックの口唇縮小術では、痛みに配慮し、極細の針で局所麻酔を行います。※別途費用頂戴いたします
  3. 03

    手術

    麻酔が十分に効いていることを確認し、手術を行います。唇を切開・切除し、薄く整えていきます。施術時間には個人差がありますが、50~60分ほどかかる場合がほとんどです。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 50分から60分程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 抜糸は1週間後、検診は1ヵ月後に行います。
※抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることがありますので、その際は再度抜糸にご来院ください。
腫れ・痛み・内出血
  • ・腫れや熱感は個人差がありますが、1週間程で落ち着いてきます。
  • ・より自然な状態になるまで1ヵ月程かかります。
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
  • ・傷跡は、時間をかけて徐々に目立たなくなります。
メイク 創部へのメイクは抜糸後からになります。
入浴・洗顔 シャワー・洗髪・洗顔は2日後から可能ですが、入浴は3日後からとなります。
ただし、創部は抜糸1週間後まで強く擦らないでください。
運動 激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 お顔のマッサージや歯の治療は1ヵ月控えてください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感(1~3ヵ月)
  • ③一過性の痺れ、感覚が無くなる可能性
  • ④創部から糸が出てくる可能性
  • ⑤傷口
  • ⑥炎症
施術における注意点 口唇縮小術は、唇を切除する手術のため、腫れや赤みなどが生じる場合があります。そのため、手術後はマスクなどで口元を隠していただくと良いでしょう。
その他
  • ・口が一時的に開けづらくなる可能性があります。
  • ・お食事は1週間程度刺激物を避けて、柔らかいものから食べ始めてください。
  • ・当日はご本人様での運転はお控えください。
  • ・抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることや、術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますが、その際はご連絡ください。

他施術との比較

唇の整形手術には、主に口唇縮小術やヒアルロン注射が挙げられます。厚みのある唇を薄くしたい場合や、たらこ唇にお悩みの患者様には口唇縮小術、唇にボリュームや潤いが欲しい場合や、アヒル口に憧れている患者様には、ヒアルロン酸注射が適しています。
また、唇の形をデザインし、かわいい印象にしたい場合には、M字リップ形成術などもご用意しております。

どのような施術が適しているかは、患者様の唇の状態やお悩みなどによって異なります。そのため、まずはお気軽にカウンセリングにお越しいただき、お悩みをご相談ください。患者様に適した施術のご提案をさせていただきます。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

口唇縮小術のダウンタイムについて教えてください。

口唇縮小術のダウンタイムには、個人差がありますが、腫れや内出血が生じる場合があります。 腫れは1週間ほどで落ち着くことが多く、1ヵ月ほどでより自然に仕上がります。

また、内出血のため赤紫色になることがありますが、術後の経過とともに1〜2週間ほどで引いていくことがほとんどです。
切除部分の傷跡はうっすらと残りますが、術後の経過に合わせて徐々に目立たなくなるため、過度のご心配はいりません。

口唇縮小術の施術後に痛みはありますか?

口唇縮小術には、個人差はありますが、施術後に痛みを感じる場合があります。じんじんとした痛みを感じることが多く、術後の経過とともに落ち着いていくことがほとんどです。施術後に痛み止めを処方いたしますので、痛みが強い場合に服用してください。

また、痛みに弱い患者様には、手術後のダウンタイム中の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル麻酔」の処方が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にご相談ください。

口唇縮小術の施術後に気をつけることはありますか?

口唇縮小術の施術後は、手術後2日目からシャワーを浴びていただけます。ただし、シャワーがしみる場合は、2〜3日様子をみてください。

また、洗髪・洗顔・施術部位を避けたメイクも手術2日後から可能です。入浴は、手術の3日後からとなります。歯の治療や顔のマッサージなどは、手術から1ヵ月間はお控えください。
基本的に、手術から1週間前後でご来院いただき、抜糸をします。抜糸以外の通院などは、必要ないことがほとんどです。

口唇縮小術は術後に違和感を覚えることはありますか?

口唇は敏感な上、会話や食事などでも動かす部位となるため、口唇縮小術の手術後に違和感を覚える場合があります。手術直後は、口唇が硬くつっぱるような感じがしますが、術後の経過とともに徐々に柔らかくなります。

つっぱるような感覚も消失していきますが、自然な感覚の状態になるまでには1〜3ヵ月かかる場合もあります。

口唇縮小術は失敗しませんか?
口唇縮小術の失敗として多いのが、口唇を過度に切除し、唇が閉じなくなってしまう症状です。当クリニックでは、このようなことが起こらないよう、患者様の唇の状態を拝見した上で、入念なデザインを行います。
また、患者様と仕上がりのイメージを共有し、切除部位をミリ単位で細かく決めていきます。カウンセリングやデザインにお時間を頂戴いたしますが、その分患者様に寄り添い、できるだけご希望に沿うように施術を行なっております。
口唇縮小術の施術時間はどのくらいですか?
口唇縮小術の施術時間には、個人差はありますが、50~60分程度かかることが多いです。
また、手術前にはしっかりとカウンセリングを行うため、それらも含めますと、2時間程度のお時間を頂戴する場合がございます。当日ご予定のある患者様は、ご予約の際にお申し出ください。

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.12.01 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる