Cosmetic Surgery

フェイスリフト(切開)

頬や首回りのたるみ、目尻の下がりなど、お顔のたるみ・シワに悩んでいる方へ

切開系のリフトアップ
たるみを引き上げる

お顔はもちろん首周りのお悩みも
改善を実感できるエイジングケア

フェイスリフトの施術

フェイスリフトとは、お顔のエイジングケアの中でも着実な成果を感じることのできる美容整形の施術方法です。特にお顔全体のたるみ・シワなどのお悩みを解決する施術方法であるといえます。スレッドリフトがお嫌いな方や、スレッドリフトでたるみの改善が見込めない方にオススメです。

フェイスリフトは施術部位によって、さまざまな種類のリフトアップ方法があります。当クリニックでは側頭部・耳前部・耳垂・耳後部・襟足にかけて皮膚切開線をデザインし、皮膚下層にあるSMAS(表在筋膜)を引き上げる効果と、トータルバランスを考慮したリフトアップ方法を行います。

具体的には、頬のたるみを解消する「フェイスリフト」、耳下のたるみ・首の縦ジワを引き上げる「ネックリフト」、頬・ほうれい線・口角・首の縦ジワ・フェイスラインのたるみなどにお顔の悩み全体に効く「フルフェイスリフト」のメニューを用意しております。

  • 「顔のシワやたるみが気になるので、美容整形でしっかりと解決したい」
  • 「顔の周りのエイジングケアの実感を得ることのできる、着実な美容整形をやりたい」
  • 「ヒアルロン酸注射などを試してきたけれど、もっと成果の得られる施術がしたい」

といったご要望をお持ちの患者様に、フェイスリフトはぜひともおすすめしたい施術方法です。
理想のフェイスラインはすべての女性にとっての憧れであり、若返りの象徴ともいえる部位。フェイスリフトを行うことでシワやたるみを解消し、リフトアップによってお肌にハリが戻り、フェイスラインもはっきりと美しいものに生まれ変わります。

シワやたるみの原因はSMAS(表在筋膜)の緩み

シワやたるみの原因はSMAS(表在筋膜)の緩み

過去のフェイスリフト施術は、余った皮膚を切除することによってお肌のハリを取り戻すシワ取り治療の一環として行われていました。しかしながら、お顔に生じるシワやたるみは、実はお肌の皮膚だけの問題ではありません。

お顔のシワやたるみは、お肌の皮膚と、それを支えているSMAS(表在筋膜)と呼ばれる部位が加齢の影響によって緩むことにより発生します。そのため、お顔のシワ・たるみをなくすためには、単に皮膚だけをリフトアップして引っ張り上げても、大きな効果を望むことはできないのです。最近のフェイスリフト施術では、皮膚の深部にある皮下組織やSMAS(表在筋膜)を引き上げることで、着実な効果をもたらす施術方法として進化しています。

これらの技術の進歩によって、下垂した皮下組織を引き上げることが可能となったために、フェイスリフト施術はお顔のシワ取り治療だけでなく、お顔全体のたるみ取り治療としても効果を発揮するトータルなエイジングケアを目指す治療として重宝されるようになりました。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • お顔のシワ・たるみ・目尻の下がりが気になる方
  • 着実に成果を感じることができるエイジングケアをしたい方
  • ヒアルロン酸・ボトックス注射などの注入施術では結果に満足できない
  • スレッドリフトでは改善が見込めない程のたるみがある方

CASE

症例情報・インスタグラム
芸能人・モデルの方から多数のご支持をいただく話題の施術です。

症例一覧

フェイスリフト(切開)の施術後 症例写真

ネックリフトの症例のご紹介です。

担当:篠永 宏行 医師

ABOUT

施術のご説明
TAクリニックのフェイスリフトは効果とトータルバランスを考慮しています

頬や口角、首周り、目尻の下がりなど、首から上全体のリフトアップ。トータルにエイジングケアを。

ヒアルロン酸やボトックス注射などの注入施術では対応できないシワ・たるみに効果をもたらす

ヒアルロン酸やボトックスなど、身体に害のない成分をお肌の気になる部位に注入することで、肌質の改善を行う方法を「ボリューム改善治療」と呼びます。この方法は、エイジングケアを目指す治療の中でも比較的お手軽に行うことができるものであるため、初期の段階で多くの患者様がお試しになる施術方法でもあります。

ただし、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入による施術方法は、お顔の一部のしぼみ・くぼみを改善するのにはピンポイントで効果を発揮しますが、お顔全体のシワやたるみを改善することはできません。

そのため、これまではヒアルロン酸やボトックスなどの注入を行ってピンポイントでの施術を続けてきたものの、お顔全体のシワ・たるみなどを改善したくなった場合に、フェイスリフト施術は高い効果を発揮します。

また、ヒアルロン酸やボトックスなどの注入施術と併せてフェイスリフト施術を行っていけば、ピンポイントのしぼみ・くぼみの治療と、お顔全体のシワ・たるみ改善の両方に対応できるため、相乗効果を期待することができます。

お顔の気になる部分にピンポイントでリフトアップを行うことも可能

当クリニックでは、お顔の気になる部分をピンポイントでリフトアップすることも可能になっています。具体的な部位としては、首の縦ジワ、頬のたるみ、耳下のたるみ、ほうれい線、口角、フェイスラインのたるみなどです。

年齢を重ねていくと、お顔には、ほうれい線(頰のたるみによって生じる口元のライン)や、ゴルゴライン(ミッドチークラインとも呼ばれ、目の下から頰の真ん中にかけて斜めに横切るライン)、マリオネットライン(唇の両脇からあごにかけて伸びる口元の2本のライン) など、老け顔の要因とも呼ばれるさまざまなラインが生じやすくなります。

複数のフェイスリフト施術を組み合わせることによって、悩みの種となるほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインといった気になるお顔のシワ・たるみをピンポイントで引き上げ、つるりとしたハリ・ツヤのある若々しいお肌を取り戻すことができます。

なお、美しいフェイスラインを実現するためには、お顔の全体のバランスが最も重要です。一部のみのフェイスリフト施術ではバランスが良くない場合もありますので、詳しい診察のうえで理想的なフェイスリフト施術の組み合わせをご提案いたします。

フェイスリフト・ネックリフト・フルフェイスリフト

そういった意味で、お顔すべてのバランスを整えることのできる「フェイスリフト・ネックリフト・フルフェイスリフト」は、より高い効果とデザイン性を兼ね揃えたエイジングケアであるといえますので、ご興味のある方はぜひとも当クリニックまでお問い合わせください。

フェイスリフトの傷跡を最小限にとどめ、術後のダウンタイムも少なくなるように工夫

フェイスリフトの整形手術は、施術後に顔に包帯をぐるぐると巻いて、顔の腫れが引くまで安静にしていなければならない……といったイメージをお持ちの方は多いかもしれません。しかしながら、そのような心配は必要ありませんのでご安心ください。

現在のフェイスリフト施術は、施術方法によって個人差はありますが、早ければ施術を完了した後すぐに帰宅、翌日には普通に生活ができるといった程度の負担で済みます。フェイスリフトは、メスを使用する必要があるため傷跡はどうしても残りますが、耳のラインやもみあげのラインなどの自然なシワに合わせたり、毛髪で隠れるようにして目立たないようにすることが可能です。

術後の傷跡が塞がる期間に関しては、およそ1週間程度が目安となっています。個人差はあるものの、傷跡の赤みなどもメイクである程度カバーできるようなものですので安心していただければ幸いです。痛みや腫れといったダウンタイムが長引かないように、当クリニックでは細心の注意を払って施術を行いますので、不安などがあればお気軽にご相談ください。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

フェイスリフト1,500,000円
ネックリフト1,500,000円
フルフェイスリフト2,500,000円
ポニーテールリフト(こめかみリフト)750,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    施術準備

    施術前にお肌の状態や体調なども含めてしっかりと診察を行い、痛み防止のために丹念に麻酔を行います。※別途麻酔料をいただきます
  2. 02

    デザイン

    側頭部・耳前部・耳垂・耳後部・襟足にかけて、皮膚切開線をデザインし、切開する部分を決定します。
  3. 03

    皮下を剥離

    シワ・たるみを改善する部分の皮下を剥離いたします。より多くのシワ・たるみを切除するために、通常のフェイスリフトよりもさらに剥離する部位を拡大し、効果を高めます。
  4. 04

    SMAS(表在筋膜)を剥離

    皮膚下層のSMAS(表在筋膜)を剥離し、上下方向に引っ張り上げ、効果的に頬や首のシワ・たるみ部分が引き上げられるかどうかを確認します。
  5. 05

    切除・縫合・固定

    余っているSMAS(表在筋膜)を切除・縫合・固定を行い、さらに余っている皮膚も切除、一部靭帯に固定、皮膚を縫合いたします。
  6. 06

    アフターケアの説明

    施術後は、痛み止めの処方、術後のケアの仕方などをしっかりとご説明いたします。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 約2時間30分程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 傷表面は、医療用接着剤を使用していますので抜糸の必要はありませんが(皮膚の中は縫合します)、通院は3日後(傷口チェック)、7日後(経過観察)、1ヵ月後、3ヵ月後(検診)となります。
※遠方の方はご相談ください。
※ある程度の期間が経過した後に、傷口の内側を縫合している透明な糸が出てくることがありますので、その際は再度抜糸にご来院ください。
腫れ・痛み・内出血
  • ・3日~1週間は痛みや熱感があります。
  • ・腫れは個人差がありますが、2~3週間程で落ち着いていきます。
  • ・さらに腫れが引いて自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
  • ・完成まで、個人差はありますが約半年かかります。
  • ・傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、時間をかけて徐々に目立ちにくくなります。(傷の治り方には個人差があります)
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
メイク ポイントメイクは当日から可能ですが、その他のメイクは傷口を強く擦らないようにして3日後から行ってください。
入浴・洗顔 傷口を強く擦らないようにして3日後から行ってください。
コンタクトレンズ 制限なし
運動 1ヵ月後からご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 傷口に刺激があるような行為(マッサージなど)は術後1ヵ月はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①傷跡が体質等により盛り上がる場合がございます。
  • ②ごく稀に、局所麻酔によるアレルギー反応を起こす可能性があります。
  • ③元々の骨格により自然な範囲での左右差は生じることがありますが、事前に医師とカウンセリングを行い、ご納得いただいてからのご手術となりますのでご安心ください。
  • ④ごく稀に、傷跡が膿むような二次感染の可能性があります。
  • ⑤血腫形成の可能性があります。
  • ⑥毛髪部は皮脂腺などがあり、ごく稀に糸の周りに炎症が起こることがありますので、術後に処方された抗生剤は正しく服用してください。
  • ⑦毛根は緊張力に弱いため、ごく稀に一部脱毛してしまうことがあります。
  • ⑧ごく稀に、局部の知覚異常(痺れ感、違和感)が起こることがありますが、多くの場合は1~6ヵ月程度で落ち着きます。
※上記、④~⑧のような症状を感じられたらすぐにご来院ください。
その他
  • ・デザインによっては一部、毛髪を剃毛することがあります。
  • ・当日はご本人様での運転はお控えいただき、お食事は6時間前までにお済ませください。(飲水はお茶、お水のみ2時間前まで可)
  • ・化膿止め、痛み止めをお出ししておりますが、服用により何か異常があれば服用を中止してクリニックにご連絡ください。

INSTAGRAM

ご来院いただいた方々
芸能を志す方、活動される方にも安心して通えるクリニックです。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

フェイスリフトはどのような施術ですか?
フェイスリフトは、お顔の皮膚だけでなく、皮膚の下に存在するSMAS(表在性筋膜群)を引き上げることで、お顔全体のシワやたるみの解消が見込める施術です。SMASは加齢によって緩むことで、お顔のシワやたるみの原因になると言われています。そのため、フェイスリフトによって、皮膚とともにSMASを引き上げることで、高いシワ・たるみ改善効果を期待することができます。また、過去に行われてきたフェイスリフトは、ほとんどの場合、皮膚のみを切除し引き上げる方法であったため、効果の持続が感じにくかった方もいらっしゃると思います。そのような方でも、当クリニックで行なっているフェイスリフトは、以前のフェイスリフトとは異なり、より長い期間の効果が期待できるため、一度カウンセリングなどでご相談いただければ幸いです。
フェイスリフトは切る施術ですか?
フェイスリフトは切る施術となります。当クリニックでは、できるだけ切開の傷跡が目立たなくなるよう、耳やもみあげのラインなどの自然なシワに合わせたり、毛髪で隠れるようにするなどの工夫を行なっております。施術に関してご不安な点や、ご不明な点などがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。患者様のご希望などをお伺いした上で、患者様ひとりひとりに適した施術のご提案をさせていただきます。
フェイスリフトは抜糸が必要ですか?
フェイスリフトは、基本的には抜糸が必要ない施術です。皮膚の中は縫合しますが、皮膚表面は医療用の接着剤を使用するため、抜糸の必要がありません。ただし、皮膚の中を縫合している透明な糸が、時間の経過とともに皮膚表面に出てくる可能性があります。その際は、当クリニックまでご来院いただき、抜糸をしていただく必要があります。
フェイスリフトは通院の必要がありますか?
フェイスリフトは基本的に、施術3日後、7日後、1ヵ月後、3ヵ月後に通院いただく必要があります。施術3日後は傷口のチェック、7日後は経過観察、1ヵ月後と3ヵ月後は検診を受けていただくためにご来院いただきます。ただし、遠方から来られている方は、この限りではございませんので、お電話もしくはカウンセリング時にご相談ください。
フェイスリフト施術の効果はどれくらい保つことができますか?

フェイスリフト施術は、お肌の余分な皮膚を切除してシワ・たるみを引き上げるため、術後も切り取った部位や引き上げた部位が同じように復活する可能性は少なく、およそ10年後〜20年後も、同世代の方と比べて若々しく見えるケースが多いです。

ただ、加齢の影響は常にお肌に出てくるものなので、時間の経過とともに気になる部位が新たに出てくる可能性はあります。その際に再度手術を希望される場合などは、ドクターにご相談いただければ幸いです。

フェイスリフトの施術時間はどれくらいですか?
フェイスリフトの施術時間は、個人差はありますが、2時間半程度のことがほとんどです。施術前のカウンセリングや、施術後のアフターケアのご説明なども含めますと、もう少しお時間を頂戴する可能性があります。そのため、施術当日は、ご予定などを調整いただき、お時間に余裕を持たせてご来院いただくことをおすすめしております。
フェイスリフト施術の痛みやダウンタイムはどれくらいのものですか?

フェイスリフト施術の痛みに関しては、万全の麻酔による対策を行っておりますので、思った以上に痛みが少なかったと感じられる方が多いです。術後の痛みも、痛み止めを必要に応じて処方するため、そちらを服用いただくことによってコントロールが可能となっています。

ダウンタイムには個人差があり、お顔の腫れや傷跡の赤みなどが生じる場合がありますが、施術範囲が小さい場合には傷跡も1週間程度で塞がり、腫れも最小限のものとなります。傷跡に関してもメイクでカバーできる程度のものとなりますのでご安心ください。

フェイスリフトの施術中は痛みがありますか?
フェイスリフトの施術中には、局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔の3種類の麻酔(別料金)を使用することが可能です。そのため施術中に痛みを感じることはほとんどなく、痛みに弱い方でも安心してお受けいただける施術です。
フェイスリフトに副作用はありますか?
フェイスリフトの副作用には、個人差はありますが、体質によっては傷跡が盛り上がったり、ごく稀に傷跡が二次感染などで膿んでしまったりする可能性があります。また、ほとんどありませんが、毛根が緊張力に弱いために、一部脱毛してしまうこともあります。その他の副作用に関しましては、カウンセリング時にしっかりとご説明いたしますので、なにかご不安な点やご不明な点がございましたらご相談ください。また、施術後なにか違和感などを覚えられた場合は、すぐに当クリニックまでご連絡ください。
フェイスリフトの施術後いつから入浴ができますか?
フェイスリフトは、施術3日後から入浴が可能です。ただし、傷口を強くこすらないようご注意ください。施術後の入浴や洗顔、洗髪などに関しまして、なにかご不明な点などがございましたら、カウンセリング時にご相談ください。
フェイスリフトの施術後いつからメイクができますか?
フェイスリフトは、施術当日からポイントメイクが可能です。ただし、ファンデーションなどのメイクは、施術3日後から行うことをおすすめしております。その際、傷口を強くこすらないようご注意ください。
フェイスリフトの施術後はどのようなケアをすればいいですか?
フェイスリフトの施術後は、基本的には特別なアフターケアなどは必要ありません。ただし、マッサージなど、傷口に刺激となるような行為は、施術後1ヵ月間は控えていただき、運動も施術1ヵ月後から、ご自身が可能な範囲で行うようにしてください。また、施術後に処方するお薬は正しく服用してください。もしお薬の服用によって、なにか異常などがありましたら、すぐに服用を中止し、当クリニックまでご連絡ください。
フェイスリフトの施術当日に気をつけることはありますか?
フェイスリフトの施術当日は、ご本人様での運転は控えるようにしてください。また、お茶やお水は施術2時間前まで飲むことができますが、食事は施術の6時間前までには済ませてください。
フェイスリフト施術はおよそ何歳ほどから行うべきものですか?

基本的には年齢制限というものはありませんので、患者様が必要だと感じられた際に行うことができるようになっています。はっきりと目に見えた効果を感じられやすいのは、加齢の影響がお肌に出やすくなる40代前後です。

ケースとしては、20代〜30代で気になる部分にピンポイントでフェイスリフト施術を行う場合や、40代以降で気になる部分を改善するためにフルフェイスリフトを行うといった場合があります。ただ、早期のシワ・たるみの総合的な予防のために、20代〜30代でもフルフェイスリフトを行う患者様はいらっしゃいます。

フェイスリフト施術に向き・不向きというものはありますか?

お顔のつくりによって、フェイスリフト施術の方法を工夫する必要があるケースはあります。

たとえば、西洋人型の骨格をお持ちの方は頬骨が低いため、フェイスリフト施術を行った際にリフトアップする張力がお顔の正面にもしっかりと行き通ります。しかし、東洋人型の骨格をお持ちの方は頬骨が高いために、お顔の正面までリフトアップの張力が及びにくいとされています。

このような場合には、お顔の正面のリフトアップを行うために独自に工夫する必要が生まれてくるため、ケースバイケースで施術方法を検討しながらフェイスリフトを行います。ただし、まずはドクターが診察し、フェイスリフトが必要か確認します。その際、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフトなどのスレッドリフトの方がより効果を発揮しやすいと判断した場合は、こちらからご指摘させていただきます。たるみが気になる方はお気軽に当クリニックまでご相談ください。

フェイスリフトは他の施術と組み合わせて行うことはできますか?
フェイスリフトは、他の様々な施術と組み合わせて行うことができます。例えば、ヒアルロン酸注射は、ピンポイントでお肌のしぼみやくぼみに施術を行うことができます。そのため、フェイスリフトと組み合わせることで、お顔全体のシワ、たるみへの効果だけでなく、細かい部分のしぼみやくぼみにも効果を期待することができます。このようにフェイスリフトは、他の施術と組み合わせることで、より患者様のご希望に沿った仕上がりにすることが可能となります。

PICK UP

ピックアップ施術
キャンペーン中の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.07.06 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる