DOCTOR BLOG

匠の鼻翼縮小術 二か月経過

直前/二か月経過

鼻翼縮小術のポイントは二つ、目立たない傷と、三角鼻にならないこと。切開線はその方のお鼻の形で決まります。
どうしても鼻翼上端から切開しないと綺麗な仕上がりにならないを除き、出来るだけ基底部から鼻腔庭だけの切開で解決したいですね。また、お鼻特有のクビレを残すために、両側の鼻翼軟骨を直針を使い寄せることで自然なお鼻をつくります。

鼻翼縮小のモニター希望の方、お電話ください。

SEARCH

お悩みから探す
施術部位検索からご希望の施術が見つからなかった患者様もお悩み検索で見つかる場合がございます。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる