DOCTOR BLOG

耳介軟骨移植よりも鼻尖4Dノーズがおすすめです。

鼻尖4Dノーズ、TAC式人中短縮術 術前/一か月後

モニター様募集中

軟骨移植をしてまで鼻先を変えるのに抵抗のある方、沢山いらっしゃいますよね。当院の4Dノーズは人工のメッシュ状のボールになります。完全に吸収されることはなくきちんと持続するのも嬉しいですね。昔流行りの矢印鼻も、今流行りのオルチャン鼻もあっという間に形成出来ます。ボールの位置を固定するために三日間はデンバーと呼ばれるものを使用します。今回の患者様は人中の長さ、鼻先を前に出したいとのことで、TAC式人中短縮術と、鼻尖4Dノーズを行いました。当院の人中短縮術はお鼻の穴に傷をもっていくため、人からバレにくいのが特徴です。また鼻翼縮小術も併用することでお鼻の広がりも目立たなく出来ます。 統括院長 嶽崎 元彦

SEARCH

お悩みから探す
施術部位検索からご希望の施術が見つからなかった患者様もお悩み検索で見つかる場合がございます。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる