DOCTOR BLOG

難易度の高い眼瞼下垂修正と全切開の一例。

術前/一か月後

強度の眼瞼下垂、強度の瞼の厚みがあり。 通常の二重全切開では到底ラインが入らないお目元です。瞼の皮膚を約4ミリ切除し、眼窩隔膜以外の余計な組織を取り除き、眼窩隔膜前転にて下垂を修正し、予定外重瞼線が出来ないように袋とじも行いました。通常の全切開の三倍の時間を要しましたが、綺麗なお目元になり良かったです。

統括院長 嶽崎元彦

SEARCH

お悩みから探す
施術部位検索からご希望の施術が見つからなかった患者様もお悩み検索で見つかる場合がございます。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる