Cosmetic Surgery

GLP-1ホルモン注射

やせホルモン「GLP-1」を使用したラクやせメディカルダイエットサポート治療

やせホルモンによる
メディカルダイエット

GLP-1製剤は米国で肥満治療の食餌療法
および運動療法の補助剤として
承認されています

GLP-1ホルモン注射の施術

GLP-1ホルモン注射とは、痩せるホルモン「GLP-1(ジーエルピーワン)製剤」を用いた、“痩せやすい体質”をつくるメディカルダイエットサポート治療です。

GLP-1とはもともと人の体内にある消化管ホルモンで、食物が小腸に到着するとGLP-1が分泌されます。小腸から分泌されたGLP-1はインスリン分泌を増加させる働きをします。

GLP-1でインスリン分泌をコントロールすることでゆっくりと胃の中の食物を消化するためお腹が空きにくくなり、血糖値の急上昇を防ぎます。

血糖値の急上昇を防ぐことで肥満の最大原因である体脂肪を付きにくくし、また、ゆっくり食物が消化されることで、脳の食欲中枢に満腹サインが届き食欲も抑制され、食べる量が減ることで体重を減らすことが期待できます。

GLP-1ホルモン注射の施術とは?

GLP-1製剤は米国で肥満治療の補助剤として承認されています

GLP-1は私たちの体内で作られる生理的なホルモンでもあるため、お薬のように極端な副作用はありません。
その安全性から、FDA(アメリカ食品医薬品局)、EMA(欧州医薬品庁)、MFDS(韓国食品医薬品安全処)の承認を受けております。

日本では痩身目的での保険適応はされていない為、ダイエット目的・肥満体質改善目的で使用される場合は自費診療となります。

なお、医療廃棄物に対する認識力に欠ける方には処方することは出来ません。

当クリニックDrもGLP-1ホルモン注射を受けました

嶽崎統括院長のGLP-1ホルモン注射症例

松村医師のGLP-1ホルモン注射症例

スタッフのGLP-1症例

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 運動や食事制限は長く続かない
  • 満腹感が無くいつも食べすぎてしまう
  • 食べる量は変わらないのに他の人より太りやすい
  • ダイエットをしてもすぐリバウンドしてしまう
  • 会社の健康診断で内臓脂肪が多いと言われた
  • ストレスをためずに痩せたい

CASE

症例情報
芸能人・モデルの方から多数のご支持をいただく話題の施術です。

症例一覧

GLP-1ホルモン注射の施術後 症例写真

担当:嶽崎 元彦 医師

GLP-1ホルモン注射の施術後 症例写真

担当:松村 智文 医師

施術内容 GLP-1ホルモン注射
リスク・副作用・合併症について
  • ①治療初期に、胃部不快感、胃が張っている感じ、悪心、頭痛、便秘、下痢といった消化器症状がでることがあります。
  • ②ごく稀に、注射部位の腫れ、赤み、かゆみ、内出血が起こることがあります。
  • ③ごく稀に胃の運動抑制作用が強く出すぎて嘔気などの副作用が現れることがあります。
  • ④ごく稀に、重大な副作用として「発汗」「動悸」「手足のふるえ」「めまい」「意識障害等の低血糖症状」「急性膵炎」「腸閉塞」が起こることがございます。
※GLP-1だけの使用では、④のような症状が起こるリスクはほとんどありませんが、症状が出た場合はすぐクリニックにご連絡いただくか、かかりつけの病院までご連絡ください。
料金(税抜き) 159,273円

ABOUT

施術のご説明
痩せホルモンで痩せやすい体質作りを目指すメディカルダイエット

「痩せやすい体質」をつくる

GLP-1で血糖値をコントロールし血糖値の急上昇を防ぐことで体脂肪をつきにくくする

糖質が体内に取り込まれると、血液中のブドウ糖(血糖)の量が増加します。この血液中に存在するブドウ糖(血糖)の量を数値化したものが「血糖値」です。
ブドウ糖(血糖)は膵臓から分泌されるインスリンという血糖値を調節する働きを持つホルモンと結合することでグリコーゲンという物質に変換され、肝臓、筋肉へと蓄えられていきます。

GLP-1で血糖値をコントロールし血糖値の急上昇を防ぐことで体脂肪をつきにくくする

しかし、肝臓と筋肉に蓄えられるグリコーゲンの量は少量で、余ったグリコーゲンは体脂肪へと変わります。
つまり、一度に大量の糖質が体内に入ると、血液中のブドウ糖(血糖)は急増して、肝臓と筋肉に蓄えきれずに余った分が大量に発生し、余ったブドウ糖はすべて体脂肪になってしまうのです。これが肥満の最大の原因になります。

体脂肪を増やさないためには食生活も大事ですが、GLP-1を体内に増やすことで、血糖値を調整してくれるインスリンの分泌を促し、インスリンが血液中のブドウ糖(血糖)を筋肉や肝臓などの臓器に取り込ませる結果、血糖値は低下し、体脂肪がつきにくくなるのです。

GLP-1で自然に食欲を抑制

GLP-1の特徴的な作用として食欲を抑えてくれる働きがあることから「やせホルモン」とも言われています。
小腸に食物が届きGLP-1が分泌されると、脳の食欲中枢に「もう満腹だから食べなくていいよ」というサインを出すので、食欲がストップして食べ過ぎを防ぐことができます。逆にGLP-1が不足していると満腹サインが脳にうまく伝達されないので、過度に食べ過ぎたり、間を空けずにずっと食べ続けてしまったりするのです。これが過食による肥満の原因でもあります。

ですが、GLP-1は視床下部の摂食中枢に作用し食欲を抑制するので、少量の食事摂取で満腹感が継続し、食物摂取量の減少が期待できます。

GLP-1で自然に食欲を抑制

そのため食事制限をするのがつらく、すぐリバウンドしてしまう方や運動が苦手な方のストレス軽減にもつながり、治療が続けやすくなるのです。
また、食べ過ぎを防ぐことで、血糖値を低い値で安定させることができるため高血糖も予防できます。

GLP-1で内臓脂肪の燃焼をサポート

GLP-1が体内に少ない方は太りやすく、GLP-1が体内に多い方は痩せやすいと言われています。

肥満者ではGLP-1の量が増えにくいですが、GLP-1ホルモン注射を持続的に行うことで体内のGLP-1の量が増えやすくなり、痩せている状態に近づくため、痩せやすい体質に改善することができます。

また、GLP-1には熱産生を促す働きがあるため、年齢とともにつきやすくなる内臓脂肪を燃焼しやすい身体になっていきます。
脂肪吸引は落としにくい「皮下脂肪」の減少効果はありますが、内臓脂肪の減少効果はありません。内臓脂肪を落とすためには、食事療法を始めとしたダイエットが必要になります。

GLP-1ホルモン注射は自然に食欲を抑制し、内臓脂肪の燃焼も促して痩せやすい体質に改善することができるため、ストレスなく、患者様のダイエットをサポートすることができます。 糖尿病になりにくい体質にすることも可能です。

※GLP-1ホルモン注射は他の痩身治療に比べてすぐに見た目に変化が現れにくいため、より効果を実感されたい方は、BNLS neo (R)脂肪溶解注射や、ダイエットサプリのゼニカル、サノレックス、BBXを提案させていただくこともございます。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

週1注射
1本8,091円
毎日注射
1本(約1ヵ月分)59,091円
2本セット(約2ヵ月分)通常より10,000円お得108,182円
3本セット(約3ヵ月分)通常より18,000円お得159,273円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    医師による診察

    食生活や生活習慣などを伺いながら、GLP-1ホルモン注射が適しているか診察し、患者様の食生活、体質や持病などに合わせて治療を行います。また注意事項などの説明もいたします。
    ご不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けください。
    ※医師との診察には別途初診料がかかります。
  2. 02

    ご自身で注射

    医師の指導のもと、患者様ご自身で「お腹or 太もも」に注射していただきます。
    注射する場所を消毒用アルコール綿で消毒してから注射してください。
  3. 03

    アフターケア(通院の場合)

    1回注射の処置を受けられた方で継続を希望される方は1週間後を目安に再度ご来院ください。
    副作用やご不明な点が無いか確認をし、問題が無ければ治療を継続します。
    遠方からお越しの方はご相談ください。
  4. 04

    アフターケア(毎日注射の場合)

    ご自宅にて患者様ご自身で自己皮下注射を行っていただきます。
    毎日決まった時間に注射をし、毎回同じ場所に注射しないように少しずらした場所に注射してください。
    継続を希望される方は使用済みの針をお持ちになり、再度ご来院ください。
    副作用やご不明な点が無いか確認をし、問題が無ければ治療を継続します。
    遠方からお越しの方はご相談ください。
  5. 05

    使用済み注射針の処理

    週1回の注射の場合は当クリニックで注射するため患者様ご自身での処理は不要です。
    自己注射の場合は、針は医療廃棄物となりますので当クリニックから専用のケースをお渡ししますので、そちらに入れてください。
    継続する場合はご来院の際に使用済みの針をお持ちいただき、新しいものと交換いたします。
    継続されない場合も使用済みの針をクリニックまでお持ちください。遠方からお越しの方でご来院が難しい方は、宅急便にて当クリニックまでご郵送をお願いします。(別途送料全国一律2000円+税がかかります)

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 特になし
麻酔 特になし
通院 基本的にはありません
腫れ・痛み・内出血 稀に、注射部位の腫れ・赤み・かゆみ・内出血が起こることがあります
入浴・洗顔 当日より可能
運動 当日より可能
施術部位への刺激 特になし
リスク・副作用・合併症について
  • ①治療初期に、胃部不快感、胃が張っている感じ、悪心、頭痛、便秘、下痢といった消化器症状がでることがあります。
  • ②ごく稀に、注射部位の腫れ、赤み、かゆみ、内出血が起こることがあります。
  • ③ごく稀に胃の運動抑制作用が強く出すぎて嘔気などの副作用が現れることがあります。
  • ④ごく稀に、重大な副作用として「発汗」「動悸」「手足のふるえ」「めまい」「意識障害等の低血糖症状」「急性膵炎」「腸閉塞」が起こることがございます。
※GLP-1だけの使用では、④のような症状が起こるリスクはほとんどありませんが、症状が出た場合はすぐクリニックにご連絡いただくか、かかりつけの病院までご連絡ください。
施術における注意点 既往歴、現病歴、手術歴、使用中または服用中のお薬、アレルギーについて、また、妊娠、出産、授乳についてなど、その他お体で心配なことについては診察時に事前に申告してください。申告がない場合、当クリニックでは一切の責任を負いかねます。
また、治療部位の近くに異物が入っている方は合併症が起こりやすいため、治療をおすすめしません。何らかの合併症が起きた場合にも、当クリニックでは責任を負いかねます。
禁忌
  • ・糖尿病の治療中
  • ・膵臓に異常のある方
  • ・GLP-1注射アレルギー
  • ・GLP-1製剤に対し過敏症の既往のある方
  • ・妊娠中もしくは産後3ヵ月以内(中絶や流産含む)
  • ・がんの治療中で治療後3ヵ月以内(それ以降は主治医相談)
  • ・心機能や腎機能が低下している
  • ・腹水や浮腫がある
  • ・透析療法を受けている
  • ・知覚障害(部位による)
  • ・ヘルペス(部位による)
  • ・G6PD欠損症(遺伝子疾患の1つ)
  • ・自己注射についてご理解いただけない方
要注意
  • ・授乳中
  • ・心疾患
  • ・自己免疫疾患
  • ・甲状腺疾患
  • ・膠原病(こうげんびょう)
  • ・てんかん
  • ・アルコールアレルギー
以下は種類によってお受けいただけない場合があります
  • ・感染症
  • ・薬物アレルギー
  • ・金属アレルギー
  • ・現病歴
  • ・既往歴
  • ・内服、外服薬
使用する薬剤について
  • ・未承認医薬品(国内承認医薬品)
  • ・入手経路:国内販売代理店経由で入手
  • ・諸外国における安全性等に係る情報に関して:アメリカ、韓国、ヨーロッパなどで承認済み。
  • ・同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無:日本では2型糖尿病の治療薬として承認されていますが、その他治療薬としては承認されていません。
その他
  • ・第205号医療法に基き、使用済みの注射器や注射針は使いまわしをせず、専用の容器または適切な容器に入れ、クリニックの指示に従い処理をし、絶対に家庭用ゴミに出さないでください。
  • ・使用済み注射器の回収確認がとれない場合は新しい注射のお渡しができません。
  • ・妊娠中、授乳中の方、糖尿病の治療中の方、膵臓に異常のある方、GLP-1注射アレルギーのある方はお受けいただけません。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

GLP-1ホルモン注射のダウンタイムの症状や期間を教えてください。

GLP-1ホルモン注射は個人差がありますが、注射した部位に腫れ・赤み・かゆみ・内出血などがあらわれる可能性があります。

また、ごく稀に発汗・動悸・手足のふるえ・頭痛・めまい・意識障害等の低血糖症状などがみられる場合もあります。そういった症状がみられた場合は、すぐに当クリニックまでご連絡ください。

GLP-1ホルモン注射の施術時間はどのくらいですか?
GLP-1ホルモン注射自体は、お腹か太ももに注射を打つ施術になりますので、ほとんどお時間はかかりません。週1注射の場合はクリニックまでお越しいただき、看護師が注射いたしますので、注入自体はすぐに終わります。
毎日注射の場合は患者様ご自身で注射していただくので、慣れてくれば数分秒で完了できる場合もあります。お忙しい患者様からも、手軽にできるとお喜びいただいております。
GLP-1ホルモン注射は通院が必要ですか?
週1注射の場合は週に一度ご来院いただき、看護師による注入となります。毎日注射の場合は基本的にはアフターケアなどのための通院は必要がない施術です。ただし、より高い効果を実感されたい方は、週に一度程度の頻度でご来院いただき、経過観察しながら施術を継続していただくことも可能です。
患者様の生活やご都合に合わせた施術を、カウンセリング時にご提案をさせていただきます。
GLP-1ホルモン注射にはどのような効果がありますか?

GLP-1ホルモン注射には「体脂肪をつきにくくする」「食欲を抑える」「内臓脂肪の燃焼をサポートする」などの効果が期待できます。

ただし、施術後すぐに効果が目に見えてわかるというものでは必ずしもありませんので、より高い効果を実感したいという方にはBNLS neo (R)脂肪溶解注射や、ダイエットをサポートするサプリなどのご提案をさせていただく場合があります。

GLP-1ホルモン注射の効果はどのくらい続きますか?
GLP-1ホルモン注射は、人の体にもともとあるホルモンを注射することで、食欲を抑えたり、内臓脂肪を燃焼しやすくさせたりするなど、痩せやすい体に近づける施術でが、永続的な効果を見込めるわけではありません。
そのため1週間に一度ご来院いただき注射を打っていただく方法や、ご自宅で毎日注射を打っていただく方法など、継続した施術を受けていただくことをおすすめしております。
GLP-1ホルモン注射の施術後はどのようなケアをすればいいですか?
GLP-1ホルモン注射の施術後は、特別なアフターケアなどは必要ありません。施術後ごく稀に注射をした部分が腫れたり、赤みや内出血、かゆみが起こったりする場合がありますが、その際は注射部分になるべく刺激を与えないように注意してください。
GLP-1ホルモン注射の施術後メイクや入浴などで気をつけることはありますか?
GLP-1ホルモン注射の施術後、当日からメイクや入浴などが可能です。また、運動も施術当日からできますので、ご自身の無理のない範囲で行なってください。
GLP-1ホルモン注射は自分で打つのですか?
週1注射の場合はクリニックで看護師が注射を打ちますが、毎日注射の場合はご自身で注射を打っていただくこととなります。
「自分で注射を打つのは初めて」という方がほとんどですので、初診時に注射の打ち方を丁寧にお伝えさせていただきます。ご不安な点やご不明な点などもお気軽にご相談ください。
GLP-1ホルモン注射は食事制限をしなくても効果がありますか?
.GLP-1ホルモン注射は、特に食事制限をしていただかなくても効果が期待できる施術です。当クリニックの中にも施術を受けた医師やスタッフがおりますが、個人差はあるものの、食事制限をしなくても効果が出ている場合がございます。
また、GLP-1ホルモン注射を打つことで、食欲を抑える効果も見込めるので、無理な食事制限をしなくても自然と食事量が減るという効果も期待できます。そのため、今まで食事制限によるダイエットなどが続かなかった方にもおすすめできる施術です。
GLP-1ホルモン注射は肥満治療薬ですか?保険は効きますか?
GLP-1ホルモン注射の薬液は、肥満治療の食餌療法および運動療法の補助剤の役割として、FDA(アメリカ食品医薬品局)、EMA(欧州医薬品庁)、MFDS(韓国食品医薬品安全処)の承認を受けております。
日本では痩身目的での保険適応はされていない為、ダイエット目的・肥満体質改善目的で使用される場合は自費診療となります。
GLP-1ホルモン注射はどこに注射を打つのですか?
GLP-1ホルモン注射は、患者様の太もももしくはお腹に注射を打ちます。また、患者様ご自身で注射を打っていただくことも可能な施術となります。
GLP-1ホルモン注射の副作用が心配ですができるだけ副作用を抑える方法はありますか?
GLP-1ホルモン注射は、1回のみ打っていただく方法、1週間に一度打っていただく方法、毎日打っていただく方法があります。1週間に一度の注射は1週間分の量を一度に注入することになり副作用が出やすくなる可能性があります。
そのため、極力副作用が出ないようにしたい方には、1回あたりの注入量が少ない毎日注射をおすすめしております。
注射する際の痛みはどれくらいのものですか?

GLP-1ホルモン注射で使用する針は とても細い針を使っているので、痛みはほとんどなく注射の後も残りません。

一般的な採血針は21Gという太さのものですが、GLP-1ホルモン注射で使用する針は、細く短い針のため痛みも少なく、慣れてくると治療時間も1分程度で終了します。

GLP-1ホルモン注射を行ったことによって起こる副作用はありますか?
副作用として治療を始めた時期に、便秘・吐き気・下痢といった消化器症状起こす場合がありますが、治療を続けていくうちにほとんどの場合症状は改善していきます。
毎日注射プランであれば1回の投与量を減らし、徐々に体に慣れさせていく方法などもありますので、診察または検診の際にご相談ください。
1回タイプのものは1週間分の量が入っているため、副作用が出やすくなります。
GLP-1ホルモン注射は安全なものですか?

GLP-1ホルモン注射は、もともと人の体にある消化管ホルモン(GLP-1)を使用した治療法になり、肥満治療の食餌療法および運動療法の補助剤の役割として、FDA(アメリカ食品医薬品局)、EMA(欧州医薬品庁)、MFDS(韓国食品医薬品安全処)の承認を受けております。

副作用が少なく安全性に問題はございませんが、ご不安な点がある場合はお気軽にご相談ください。

GLP-1ホルモン注射に禁忌はありますか?
糖尿病の治療中の方、膵臓に異常のある方、GLP-1注射アレルギー、またはGLP-1製剤に対し過敏症の既往のある方は治療を受けることができません。
また、妊娠中・産後3ヵ月以内の方(中絶・流産含む)、がんの治療中・治療後3ヵ月以内の方(それ以降は主治医相談)、心機能・腎機能が低下している方、腹水や浮腫がある方、透析療法を受けている方、知覚障害の方(部位による)、G6PD欠損症の方(遺伝子疾患の1つ)、ヘルペスをお持ちの方(部位による)、自己注射についてご理解いただけない方
以上のいずれかに該当する方はお受けいただけません。
毎日注射プランで使用した針はどのように処理したらいいですか?
使用した針は医療廃棄物となり、家庭ごみとして処理することが出来ないため、クリニックに戻していただきます。クリニックより使用済みの針を入れる専用のケースをお渡しいたしますので、そちらに入れ、毎日注射を継続する場合も継続をされない方もクリニックまで使用済みの針をお持ちくださいませ。
継続をされない方の中で、遠方からお越しの方はヤマト運輸の宅急便にて、クリニックまでご郵送の程お願いいたします。(別途送料全国一律2000円+税がかかります)

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.12.01 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる