Gynecology

膣縮小術

膣の緩み・広がり改善!性交渉の満足度を高める方法とは

「誰にも言えない…」
女性器・膣の緩み・
締り
に関するお悩み

デリケートなお悩みだからこそ、
信頼できる美容医療に相談を!

「誰にも言えない…」
女性器・膣の緩み・締りに関するお悩み

「若い頃に比べて、膣の緩みを感じる
「以前ほど、アソコが締まらない気がする」
パートナーの反応が良くないように感じる」
こうした膣=女性器に関するお悩みは、誰に相談できるわけでもなく、お一人で悩まれる方が多くなっています。
親しい友人はもちろん、家族にだって言えませんよね。
実際、膣の緩みを気にする方は多く、膣圧を改善すると話題の膣トレに励む方も少なくありません。
しかし、膣トレで緩みを改善できるといっても、満足できる効果が得られるかと言ったら、限度があるうえに、労力も時間もかかります。
家事や仕事に忙しくしている方にとって、トレーニングで膣圧をアップさせるのは、現実的ではないかもしれません。

女性器の感度や締りも美容医療で
改善できる!

美容医療には、女性器を対象とした施術があります。
ここでご紹介する「膣縮小術」もその一つで、緩くなった膣を改善する着実な効果が期待できるものです。
より確実に、はっきりとした効果を実感したい方や、膣トレで効果が得られなかった方に大変人気のある施術となっています。
ここでは、ご自身で簡単に行える簡易的な膣圧チェックや、膣の緩みが原因で起こる“ちなら”のことなど、膣に関するトピックスをふんだんにご用意しています。また、膣縮小術についてもくわしく解説。
膣の緩み・膣圧にご不安がある方はもちろん、産後や加齢によるお悩みを抱える方も、ぜひ参考になさってください。

わたしの膣って緩い?
膣の緩みを調べる方法

膣圧を自分で確認する方法から、
膣の緩みで起こるトラブルまで

わたしの膣って緩い?膣の緩みを調べる方法

なんとなく膣の緩みは気になるけれど、そもそも自分の膣が緩いのか、緩くないのか、判断するのは難しいものです。
医療機関に行けば、膣圧測定器で膣圧を測ることはできます。
しかし、病気の心配がないのであれば、まずは自宅で簡単に測ってみるのがおすすめです。特別な機器を使用せずに膣圧の確認ができるため、自分の膣の状態を確認してみましょう。

ご自分で膣圧を測る方法は、膣に指を挿入する必要があります。
そのため、まずは手指の洗浄消毒を行いましょう。膣内は非常にデリケートなので、清潔な状態で行わなければなりません。
指にはめるコンドームや指サックなども商品として販売されているので、そうした物を使用するのも良いでしょう。

では、実際の測り方です。

  • 人差し指・中指の第二関節までを膣に挿入する

  • 挿入した2本の指を45度に開く

  • 膣に力を入れ、指にかかる圧力を確認する

指にかかる圧を下記の5段階に分けます。

  • なにも感じない

  • 収縮していることはわかるが、指は閉じない

  • 指に力を入れていると、指は閉じない

  • 指に力を入れていても、指が閉じる

  • 指に力を入れていても、指が閉じ、持ち上がる

指で感じた圧が(C)〜(E)ほどであれば、基本的に問題ないと考えられています。
しかし、膣の緩みに関しては、お一人おひとりお悩みやご事情が異なるものです。
治療が必要なのか、どのような治療方法が適しているかなど、カウンセリング時にご提案いたしますので、ご安心ください。

膣が緩いと起こる「ちなら」とは?

膣が広がったり、緩くなったりするとお互いの感度が下がるだけでなく、さまざまな不都合が起こります。

ここでご紹介するのが「ちなら」です。
ちならは、膣から出る「おなら」のようなもので、原因は膣に空気が入ってしまうこと。
膣に入った空気が抜けるときに、まるでおならのような音が出てしまうのです。
ちならは、おならのように我慢しようと思っても我慢できるものではありません。
そして、起こってしまうととても恥ずかしくなってしまうものです。大事な場面やムードが高まっている場面で、ちならが出てしまったら困ってしまいますよね。
このちならの対策として、膣トレーニングだけでなく、膣縮小術や膣ハイフ=ヴィーナスハイフといった施術も改善が期待できます。

「膣トレで満足な効果が得られない」
なんてことも…

「膣トレで満足な効果が得られない」なんてことも…

膣トレーニングをご存じの方も多いのではないでしょうか。
膣トレとは、膣圧を改善するために行う膣のトレーニングです。
膣トレでは、骨盤内の臓器を支える骨盤底筋を鍛えます。
この骨盤底筋を鍛えると、膣圧が改善するだけでなく、便秘や冷え性、生理痛の軽減、腰回りのシェイプアップ、むくみの改善などにも効果があるとされています。
この他にも、産後の尿もれ予防や、「ちなら」の改善も期待できることから、注目度が高まっているトレーニングです。
最近では、膣トレ用のグッズも販売されており、人気が集まっています。

しかし、この膣トレを行っても「効果がわからない」「もっとハッキリとした結果が欲しい」という方がいらっしゃるのも事実です。
筋肉を鍛えるトレーニングですが、その効果にはもちろん限界があります。
加えて、膣トレは時間も労力もかかるため、家事に仕事、さらには育児が忙しいなどで、思うように行えないこともあるでしょう。
こういった理由から、膣トレ以外の膣圧改善方法を求める方が多くなっています。

TAクリニックがご提案する膣圧改善方法には、ここでご紹介する「膣縮小術」以外にも、膣に超音波の力で働きかける 「ヴィーナスハイフ(膣圧改善)」があります。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 出産後に膣が広がった気がする
  • 膣が緩いとパートナーに指摘された
  • お風呂に入ると膣にお湯が入る
  • 空気が入って「ちなら」が出てしまう
  • 性生活に満足できなくなった
  • 膣トレをしているがなかなか改善されない
  • より確実に膣の締りを良くしたい

ABOUT

施術のご説明
膣の緩みや広がりで起こるさまざまな問題を改善・解消します

膣を縮小して性行為の感度・満足度をアップ

膣が緩いとお悩みの方必見!
「膣縮小術(切開法)」とは

一度の施術で着実な効果が期待できる!膣縮小術の決定版!
膣の緩さや広さにお悩みの方は意外と多いようです。
特に、妊娠すると出産に向けて膣は伸びやすく柔らかくなっていきます。
さらに、出産時には、赤ちゃんが膣を押し広げながら生まれてくるため、膣の筋肉は伸びた状態になってしまうのです。
そのため、出産後に膣の緩みを感じる方は多くいらっしゃいます。
こうした膣口の緩み、広がりを改善するのが膣縮小術(切開法)です。

膣の入り口を狭くして性交渉の満足度を高める

膣が緩いとお悩みの方必見!「膣縮小術(切開法)」とは

膣縮小術(切開法)は、膣の入り口から会陰部にかけての一部を切開し、縫合する施術です。
一度の施術で膣の入り口を中心として縮小できるため、高い施術効果を求める方に適しているといえるでしょう。
個人差はありますが、出産前や若い頃の膣の締まり具合に戻ることも期待できます。

膣の入り口を狭くして性交渉の満足度を高める

加齢や出産が原因で膣の緩みを感じる場合は、膣縮小術によって症状の改善が期待できます。
一度の施術で効果がわかりやすい膣縮小術(切開法)は、メスを用いた切開を伴う施術です。
膣が緩むと、性交渉の満足度を得にくくなる、「ちなら」が出て困るというお悩みばかりか、入浴中に膣内にお湯が入ってしまうことがあります。
緩んだ膣に汚れたお湯などが入ってしまうことで、細菌性膣炎の発症につながる可能性も否定できません。
そのため、膣が緩いと感じるようになった方は、膣炎の予防といった側面からも、膣縮小術を受けられることをおすすめします。

長期間の効果を期待できる

膣縮小術(切開法)は、膣の入り口~会陰部にかけての一部を切開して縫い縮める施術のため、膣口を中心として狭くする効果が長期間続きます。
そのため、個人差はありますが繰り返し施術を受ける必要はほとんどありませんが、今後、経腟分娩をご予定の場合は、注入法による膣縮小術をおすすめする場合もございます。
患者様のご希望に沿って最適な方法をご提案させていただきますので、ご安心ください。

手術には抵抗がある…そんな方には
「膣縮小術(注入法)」がおすすめ!

手術には抵抗がある…そんな方には「膣縮小術(注入法)」がおすすめ!

「女性器のプチ整形?」ヒアルロン酸注入・脂肪注入によって膣内を狭くする
切開を伴う手術には抵抗があるけれど、膣内を狭くしたい方には、膣縮小術(注入法)がおすすめです。
膣縮小術(注入法)は、粘膜下にヒアルロン酸やご自身の脂肪細胞を注入することで、膣内に自然な膨らみをもたせます。
そうすると物理的に膣が狭くなり、性交渉の際の感度を高める効果が期待できるのです。

切らないためダウンタイムが比較的短い

膣縮小術(注入法)は、注射で行う施術のため、膣縮小術(切開法)よりもダウンタイムの期間が短くなります。
注入部位付近の腫れや内出血などの症状は、個人差はあるものの、1週間ほどで落ち着くことが多く、基本的に施術後に出血することはありません。
また、施術の1週間後から性交渉が可能なのも膣縮小術(注入法)の特徴です。

はじめて女性器の整形を受ける方に人気の高い施術

膣縮小術(注入法)は、切開を伴わない施術のため、初めて女性器の整形を受ける方に人気の高い施術です。
特に膣への施術は、見えない部分であることから、不安に感じられる方が多いでしょう。
また、メスを用いた施術に抵抗のある方も多くなっています。
しかし、ヒアルロン酸注射やご自身の脂肪を用いた脂肪注入であれば、施術時間やダウンタイムが比較的短いため、受けやすい施術といえます。
さらに、ヒアルロン酸は体内に吸収され、効果の持続期間は半年〜2年程度となるため、まずは膣縮小術を試してみたいといったご希望にも沿うことが可能です。
女性器の整形は、最近では一般的になりつつありますが、まだまだ不安な方は多いかもしれません。
まずは、カウンセリングだけでも検討されてみてはいかがでしょうか。

2種類の薬剤から選べるヒアルロン酸注入

TAクリニックの膣縮小術(注入法)ヒアルロン酸注入は、使用するヒアルロン酸を2種類からお選びいただくことが可能です。
一般的な「ヒアルロン酸」「ヒアルロン酸ジュビダームビスタ®ウルトラXC」から、患者様のご希望やご予算に応じて、適した製剤のご提案をさせていただきます。

注入法で持続期間は半永久?脂肪注入による膣縮小術

膣縮小術(注入法)でも持続期間が半永久となっているのが、脂肪注入による施術です。
TAクリニックが行う脂肪注入による膣縮小術は、ご自身の脂肪細胞を採取し、認可を受けたクリニックのみが行える、コンデンス技術によって濃縮したCRF(コンデンスリッチファット)を注入するため、定着率が高く半永久的な効果が見込めます。
患者様ご本人の脂肪細胞を使用するので、アレルギー反応といったリスクも少なく、安全性や満足度が高いのも特徴です。

TAクリニックで
婦人科形成を担当する女医

精鋭揃いのTAC女性ドクターがサポート

TAクリニックの婦人科形成は、女医や女性スタッフが担当することも可能です。
女性器のお悩みは、人にはなかなか話しづらい内容ですよね。
男性医師には恥ずかしくて、本当のお悩みや希望を伝えられないといった方も多いでしょう。
そういった女性の気持ちに寄り添うために、当クリニックには多数の女医・女性スタッフが在籍しております。
女性ならではのお悩みを、親身になってお伺いするため、どうぞ安心してご相談ください。
また、女性器の施術に関しては、人と比べることが難しいため、施術を受けるべきかどうかを迷っている方も多いものです。
そのような場合にも、まずは専任の女性カウンセラーによる無料カウンセリングにお越しいただき、お悩みや気になっていることをお聞かせください。
そのうえで、施術が必要かどうか、どのような施術方法があるかなど、お伝えさせていただきます。

膣縮小術と同時に受けられることが多い施術

膣縮小術の施術を希望される方は「Gショット不感症改善・膣感度アップ術」を同時に受けられることが多くなっています。
Gショット不感症改善・膣感度アップ術は、ヒアルロン酸注射によって、女性の性感帯であるGスポットに膨らみを持たせる施術です。
Gスポットが盛り上がることで、刺激を感じやすく、感度を高めることができます。
膣縮小術とあわせてお受けいただくことで、より性生活の満足度をアップさせることが期待できるでしょう。

PRICE

料金表
TAクオリティを適正価格でお届け致します。

【実施院:銀座院 , 新宿院 , 大阪院 , 福岡院 , 横浜院】

膣縮小術
(切開)【実施院:新宿院/銀座院/大阪院】

330,000円

膣縮小術(注入法)

脂肪注入(コンデンスリッチファット)採取作成代148,500円
149,600円
コールマン式※各1ヵ所40,800円
マイクロカニューレ※各1ヵ所3,300円
ヒアルロン酸膣縮小術(プチ膣縮小)【実施院:銀座院 / 新宿院 / 横浜院 / 福岡院】10本まで154,000円
ウルトラヒアルロン酸膣縮小術【実施院:銀座院 / 新宿院 / 横浜院 / 福岡院】ヒアルロン酸ジュビダームビスタ®ウルトラXC10本まで680,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※修正が必要な場合別途料金がかかります。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
施術内容によっては当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    カウンセリングにて、患者様のお悩みやご希望をお伺いし、施術方法を決定いたします。
  2. 02

    デザイン

    膣縮小術(切開法):切開する範囲を決めていきます。
    膣縮小術(注入法):ヒアルロン酸や脂肪の注入量や注入箇所を決定していきます。
    ※脂肪注入の場合は、別途、注入用の脂肪を採取する必要があります。
  3. 03

    麻酔

    施術前に麻酔を行います。
  4. 04

    処置

    膣縮小術(切開法):デザイン通りに、膣の入り口から会陰部にかけて切開・縫合していきます。
    膣縮小術(注入法):ヒアルロン酸・脂肪細胞を注入していきます。
  5. 05

    アフターケア

    施術が終わりましたら、少しお休みいただき、術後の経過についてお伝えします。ダウンタイムの痛みを軽減する効果が見込まれる「エクスパレル麻酔(別途費用)」のご用意もあるため、施術後の痛みが気になる場合には、カウンセリング時にお申し付けください。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 1~2時間程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔、エクスパレル
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院
  • ・検診は、1週間後、1ヵ月後に行います。
  • ・スタンダードの場合は、1週間後に抜糸のためご来院いただきます。
  • ・プレミアムの場合は、溶ける糸を使用しているため、抜糸の必要はありませんが、気になる方は1週間後に抜糸も可能です。
  • ・術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますので、その際はご連絡ください。
腫れ・痛み・内出血
  • ・腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いてきます。
  • ・より自然な状態になるまでには1ヵ月程かかります。
  • ・内出血のため、赤紫色になることがありますが、1~2週間程でなくなりますのでご安心ください。
  • ・創部の痛みは個人差がありますが、下腹部の鈍痛と感じる場合があります。お痛みがあっても数日~1週間程で徐々に軽減していきます。
入浴・洗顔 シャワーは翌日から浴びることが出来ますが、ボディソープや石鹸などの使用は1週間後から、入浴は2週間後からになります。
運動
  • ・激しいスポーツは2週間は控えてください。
  • ・自転車に乗るのはスタンダードは1ヵ月後、プレミアムは10日後から可能です。
  • ・スタンダードは非吸収糸で縫合するため、1週間後に抜糸を行います。性行為は1ヵ月後から可能です。
  • ・プレミアムは抜糸不要の吸収糸で縫合するため、1週間後から性行為が可能です。しかし、吸収スピードは個人差があるため、残っていることがあります。気になる方は1週間後に抜糸も可能です。
施術部位への刺激 施術部位やその周りへの刺激があるような行為は施術後1ヵ月はお控えください。
また、バイクや自転車に乗ることは、患部への刺激となるため、3週間はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感
  • ③術後に多めの出血リスクあり
  • ④二次感染、炎症
・手術後、軽度の出血がありますが一時的なものです。
・排尿時、尿に血が混ざっているように見えることがあります。
・排尿時に尿が飛び散るように感じることがありますが、腫れによるものですので腫れが治まれば改善します。
施術における注意点 <膣縮小手術(切開法)>
  • ・施術後1ヵ月ほどは、性交渉をお控えください。
  • ・施術後数日間は、出血が見られる場合があります。
  • ・湯船での入浴は医師の指示があるまでお控えください。

<膣縮小術(注入法)>
  • ・施術後1週間は、性交渉をお控えください。
  • ・効果の持続期間は、ヒアルロン酸注入の場合は半年〜2年程度、脂肪注入の場合は半永久的です。
その他
禁忌 <膣縮小手術(切開法)>
  • ・入部位にプロテーゼ等の人工物が入っている方
  • ・抗凝固療法中の方
  • ・ペースメーカー除細動器使用中の方
  • ・現在他者に感染させる恐れのあるご病気をお持ちの方

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

膣縮小術の施術後、いつから性交渉が可能ですか?
膣縮小術(切開法)の場合は、施術の1ヵ月後から性交渉が可能です。膣縮小術(注入法)の場合は、1週間後から性交渉をしていただけます。
切開を伴う膣縮小術は抜糸が必要ですか?
切開を伴う膣縮小術(切開法)は、溶ける糸を使用するため、抜糸の必要はありません。
膣縮小術は日常生活や仕事に影響がでますか?
膣縮小術(切開法)は、施術当日からシャワー浴は可能ですが、湯船での入浴は医師の指示をお待ちください。また、激しい運動や、自転車・バイクの運転は、1〜2週間ほど控えていただくほうが良いでしょう。 膣縮小術(注入法)は、施術当日からシャワーを浴びていただけます。湯船での入浴は、施術の1週間後から可能です。 どちらもお仕事は翌日から可能ですが、水につかるお仕事の場合は、医師にご確認ください。
膣縮小術にはどのようなダウンタイムがありますか?
膣縮小術(切開法)は、施術後数日間、出血が見られる場合があります。また、腫れは1週間ほど続き、4週間ほどで落ち着くことが多いです。 膣縮小術(注入法)は、注入部位に軽い腫れ・内出血が生じることがありますが、ほとんどの場合、1週間程度で落ち着きます。 切開を伴う膣縮小術(切開法)は、膣縮小術(注入法)に比べ、ダウンタイムの症状が強く出ることが考えられ、ダウンタイムの期間も長くなる傾向にあります。ダウンタイムをより短くしたい方は、膣縮小術(注入法)やハイフエネルギーで膣を引き締める「ヴィーナスハイフ(膣圧改善)」がおすすめです。カウンセリングの際に、ご希望をお伺いしながら、もっとも適した施術方法をご提案します。
膣縮小術は生理中でも受けられますか?
膣縮小術は、生理中にはお受けいただけません。あらかじめご了承ください。

HOT MENU

人気の施術
人気の施術や話題の最新施術情報を紹介

2021.11.01 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。
患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、最適な施術をご提案させていただきます。
もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる