DOCTOR BLOG

美肌マニアの女医が肌のためにしている10の事

現役美容外科医が美肌のためにしている10の事


山田 真里江 医師

はじめまして、TAクリニック膣圧美肌先生こと、山田真里江です。

今回は現役美容外科医がお肌のためにやっている10個の決まり事について記載したいと思います。
ぜひ参考にしてみてください。

①常温のお水を1日1.5~2L飲む

まず、飲みものについてですが、私はほとんどジュースを飲みません。
人の体重あたりの水分量は成人でおよそ50~60% 新陳代謝を良くするためにも、体を冷やさないために常温のお水を積極的に摂取します。

ただ、水分摂取を心がけただけでは美肌を手に入れられません。同時に食生活や運動を見直し、生活習慣を総合的に改善していきましょう。

②夏でも冬でもお風呂にゆっくり浸かって汗をかき、毛穴汚れを落とす

次にお風呂です!
夏でも冬でもしっかりお風呂につかり、汗をかいて、毛穴をひらき、一日の汚れを落とします。

③お風呂の中でオイルを使って顔周りのリンパマッサージ

浸かっている間にオイルをつけてお顔周りのリンパマッサージをするのもおすすめです。
お風呂でも汗をかくので水分をしっかりとりましょう。

④24時にはなるべく就寝

美肌作りには質の良い睡眠も、とっても大事です。
睡眠中に美肌、アンチエイジングに欠かせない2つの大事なホルモンが分泌されます。

  • ・ 成長ホルモン
    肌ツヤ、肌の水分量を増加させる。皮膚のターンオーバーを促進する。
  • ・ メラトニン
    質の良い睡眠をもたらし、成長ホルモンの分泌を促す。活性酸素を除去し、肌老化を遅らせる。

睡眠って美肌には欠かせないんです、なるべく24時にはお布団に入って寝れるようにしています。

⑤お肌を擦らない

お肌を擦らないようにするのは、美活をやっている方の中ではもう常識ですね。
お肌の角質層は0.02mmと非常に薄く、摩擦により、お肌の炎症につながり、肝斑やシミなどができやすくなってしまいます。

私は洗顔、メイク、スキンケアをする際、なるべく摩擦が起きないように注意しています。
洗顔後水分をふくときも、タオルでゴシゴシせず、キッチンペーパーやティッシュなどで優しくふんわりふき取ってます。

⑥便秘にならない

便秘にならないよう、十分に水分摂取し、食物繊維を摂り取り、適度な運動も心がけております。
全身運動のプールはお勧めです。

⑦女性ホルモンを安定させる

女性ホルモンを安定させるために私は、ピルを内服しております。生理前のニキビができなくなり、頭痛や腹痛も改善するため、欠かせません。また常に恋をしているのも大事です。

⑧月一回は必ず美容医療でメンテナンスする

月一回の美容医療でのメンテナンスは大事です。私は、フォトフェイシャル、マッサージピール、ビタミンイオン導入は必ずしています。

⑨毎日時間をかけてスキンケア

どんなに美容医療をしていても、日々のスキンケアを怠っていては、美肌には程遠くなってしまします。じっくり時間をかけて、お肌の状態を見ながらスキンケアしています。

今は、レカルカ、エンビロンを主に使用してます。最近のスキンケアについてはまた今度詳しく記載します。

⑩日焼け対策

最後に日焼け対策。これは非常に重要です。肌の老化の80%は紫外線が原因なんです。

外出するときに日焼け止め、日傘等はマストですが、おうちの中にいるときでも、日焼けはしてしまうので、日焼け止めを塗っています。
レカルカの日焼け止めは、紫外吸着剤、散乱剤不使用で、塗ったまま寝られるほどに優しい処方なのでお勧めですよ。

まとめ

いかがでしょうか。今後もお気に入りのスキンケア、施術等発信していきます。
ご質問等ございましたらインスタDM受け付けております。

  • 門りょう 様
  • セリナ 様
  •  様
  • 進撃のノア 様
  • やっぴ 様
  • 神崎美奈 様
  • 加藤紗里 様
  • 青山千夏 様
  • あずさ 様
  •  様
  • ラファエル 様
  • 坂口杏里 様
  • さっちゃん 様
  • 筋肉先生 様

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる