Cosmetic Surgery

外側人中短縮術

上口唇を引き上げお顔のバランスを整える

富士山唇を防ぎながら
人中を短くする

同時に上唇のボリュームアップ効果も

外側人中短縮術の施術

外側人中短縮術は、上口唇の外側(ドライリップの辺縁)を切り取り縫合することで、上口唇の外側上縁を引き上げ、鼻下の斜めの距離を縮める整形手術です。

通常の人中短縮術では、鼻の下を切開して人中の距離を縮めますが、その際、上口唇の中央が元々厚い場合、富士山のようになってしまいます。しかし、外側人中短縮術を行うことで、上口唇の外側上縁が引き上がり、全体的にバランスよく人中を短縮できることが期待できます。

また、外側人中短縮術は、手術効果により唇がふっくらしたように見せることができ、唇全体の印象が変わるため、唇の形やボリュームに対してお悩みの患者様にもおすすめです。

さらに外側人中短縮術は、口角リフト(口角挙上)と併用することで、より高い人中短縮効果が見込まれます。口角リフトは、下がった口角を引き上げるので、「不機嫌そう」「怒っている」などのように見えがちな口元を、好印象な唇にする効果が期待できます。

このようなお悩みの方が
受けられております

  • 口と鼻の距離を短く見せたい
  • 鼻の下が長いのが気になる
  • 上口唇をふっくらさせたい
  • 唇の形を変えたい
  • 口元に自信がない
  • 顔の余白を減らしたい

ABOUT

施術のご説明
ドクターの技量とデザイン力が活きる施術

唇の形やボリュームにお悩みの方にもおすすめの施術

唇の外側を引き上げ短い人中を形成

外側人中短縮術では、上口唇の外側上縁を切除し引き上げることで、鼻の下(人中)を短く見せる効果が期待できます。また、一般的な鼻の下を切開する人中短縮術と併用することで、唇全体を引き上げることができ、よりバランスのとれた人中を形成する効果が期待できます。

唇の外側を引き上げ短い人中を形成

外側人中短縮術では、特にデザインに力を入れておりますが、このデザインを怠ると、単純に唇が伸びたり縮んだりしてしまいます。そのようなことが起こらないよう、当クリニックでは患者様のご希望やお悩みをしっかりとお伺いし、綿密なデザインを行なっております。

患者様の口元に合わせて、外側人中短縮術だけの施術か、外側人中短縮術と口角リフトを併用するのか、人中短縮と外側人中短縮を併用するのかなど、さまざまな施術方法のご提案をさせていただきますので、まずは一度ご相談ください。

唇に沿った切開ラインで傷跡が目立たない

外側人中短縮術では、上口唇の外側のラインに沿って切開・縫合します。切開する際には、上口唇と皮膚の境目が凹んだりしないよう、メスを入れる角度を調整し、細かく縫合していきます。

唇に沿った切開ラインで傷跡が目立たない

溶けない糸を用いて皮膚の中を縫合し、極細の糸で皮膚と上口唇を縫合するため、傷を安定させることが可能です。また、傷跡は上口唇と皮膚の境目にできるため目立ちにくく、お化粧などでも隠せるので、術後の傷跡に関して過度なご心配はいりません。

口角リフトと併用すると効果的

外側人中短縮術は、上口唇の外側を切開・縫合する手術ですが、口角リフトと併用することで、より高い人中短縮の効果が見込まれます。口角リフトは口角挙上とも言い、口角の皮膚を切除し、場合によっては筋肉も引き上げることで、キュッと上がった口角を形成します。

PRICE

料金表
初回価格の記載がある施術・モニター募集中の施術はおトクです。

530,000円
初回318,000円
  • ※遠方の患者様のための交通費補助制度(~¥30,000)補助あり。詳しくはこちら
  • ※表示価格は全て税抜価格となっています。
  • ※料金に初回と記載があるものは日本在住の方対象です。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

FLOW

施術の流れ
当日施術も可能です。初めての患者様もお気軽にご相談ください。

施術の流れ

  1. 01

    カウンセリング

    まず、患者様のお顔のバランスや唇の状態、人中の長さなどを拝見させていただきます。患者様のお悩みをお伺いした上で、施術方法を決定していきます。
  2. 02

    デザイン

    上口唇の切開範囲などを確認し、患者様のご希望などをお伺いしながら、入念にデザインを行います。
  3. 03

    麻酔

    施術前に麻酔を行います。別途費用で、局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔・術後の痛みの緩和を目的としたエクスパレル麻酔をご使用いただくことが可能です。
  4. 04

    施術

    麻酔が十分に効いていることを確認しましたら、施術を開始します。デザイン通りに皮膚と上口唇の境目を切開・縫合していきます。
  5. 05

    アフターケア

    手術が終了しましたら、術後の経過についてご説明します。

DETAILS

施術詳細・ダウンタイムなど
気になる点がございましたらカウンセリング時にお気軽にご相談ください。

時間 30分から40分程度
麻酔 局所麻酔、笑気麻酔、静脈麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 抜糸は1週間後、検診は1ヵ月後に行います。
腫れ・痛み・内出血
  • ・腫れや熱感は個人差がありますが、1週間程で落ち着いてきます。より自然な状態になるまで1ヵ月程かかります。
  • ・内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消えますのでご安心ください。
  • ・傷跡は、時間をかけて徐々に目立たなくなります。
メイク 創部のメイクは、抜糸後2日目からになります。
入浴・洗顔 シャワー・洗髪・洗顔は2日後から可能ですが、入浴は3日後からになります。
運動 激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激
  • ・創部は抜糸1週間後まで強く擦らないでください。
  • ・お顔のマッサージや歯の治療は1ヵ月控えてください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感(1~3ヵ月)
  • ③一過性の痺れ、感覚が無くなる可能性
  • ④創部から糸が出てくる可能性がある
  • ⑤傷、色素沈着
  • ⑥炎症
  • ⑦創部離開
その他
  • ・口が一時的に開けづらくなる可能性があります。
  • ・お食事は1週間程度、刺激物を避けてください。
  • ・当日はご本人様での運転はお控えください。
  • ・抜糸後、かさぶたが取れると糸が稀に残っていることや、術後経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性がありますので、その際はご連絡ください。

他施術との比較

外側人中短縮術は、人中短縮術や口角リフトと比較されることが多いです。それぞれの施術内容の違いは下記の通りです。

  • ・外側人中短縮術:
    上口唇の外側を切開・縫合することで、人中の長さを短くする効果が見込まれます。人中短縮と併用することで、全体的にバランスよく人中の長さを短くすることができ、唇がふっくらする効果も見込まれます。
  • ・人中短縮術:
    鼻の下のラインに沿って切開・縫合することで、人中を短縮する効果が見込まれます。鼻の下を切開するため、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。
  • ・口角リフト:
    口角の皮膚または筋肉を切開・縫合することで、下がった口角を引き上げます。「疲れている」「不機嫌そう」「怒っている」など、口角が下がっているとマイナスなイメージを与えることが多いですが、口角リフトによって口角を引き上げることで、好印象な口元を形成することが期待できます。

これら3施術は、患者様のなりたいイメージや口元の状態によって組み合わせて受けていただくことで、より理想に近い口元を形成することが期待できます。患者様のお悩みをお伺いし、ひとりひとりに適した施術方法をご提案いたしますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

また、加齢に伴って人中が下垂している患者様には、鼻下から上唇にかけてヒアルロン酸注射を打ち、ボリュームアップさせる、切らない人中短縮術もおすすめです。この治療方法は、皮下組織が年齢とともに痩せてきたという患者様に適しているため、カウンセリングの際に適用可能かどうかの判断をさせていただきます。

INSTAGRAM

ご来院いただいた方々
芸能を志す方、活動される方にも安心して通えるクリニックです。

Q&A

よくあるご質問
患者様より頂く質問を掲載いたします。

外側人中短縮術はどのような施術ですか?
外側人中短縮術は、上口唇の外側を切開し、縫い縮める手術です。上口唇が引き上がることで、人中の長さが短くなり、バランスのとれたお顔に近づけることが期待できます。上口唇と皮膚の境目を縫うため、傷跡が目立ちにくく、お化粧などでも隠していただけるので、術後の傷跡に対して過度なご心配はいりません。
外側人中短縮術の施術時間を教えてください。
外側人中短縮術の施術時間には、個人差はありますが、30〜40分程度のことがほとんどです。カウンセリングや術後の経過についてのご説明も含めますと、もう少しお時間を頂戴する可能性がありますので、ご予定のある患者様は、ご予約の際にあらかじめお申し出ください。
外側人中短縮術のダウンタイムについて教えてください。
外側人中短縮術のダウンタイムには、個人差はあるものの、術後1〜2日はアヒル口のように腫れが生じる可能性があります。腫れは術後の経過とともに1週間程度で落ち着いていきますので、ご安心ください。
また、内出血が生じることもありますが、お化粧で隠せる程度で、1〜2週間で引いていくことが多いです。一時的に口が開けづらくなる場合もありますが、時間とともに軽快していきます。傷跡は1ヵ月程度、赤みが生じることがありますが、術後の経過とともに目立たなくなりますので、過度なご心配はいりません。
外側人中短縮術は抜糸が必要ですか?
外側人中短縮術は、基本的に施術から1週間前後で抜糸のためにご来院いただく必要があります。また、施術1ヵ月後には検診を行います。
ごく稀にですが、抜糸後かさぶたが取れると、糸が残っていたり、術後の経過とともに中縫いの糸が出てくる可能性があります。その際はご連絡ください。
外側人中短縮術の施術後気をつけることはありますか?
外側人中短縮術の施術翌日から、シャワーは浴びていただけますが、施術部位を濡らさないようご注意ください。湯船での入浴は施術3日後からになります。また、唇以外の部分は施術当日からメイクが可能ですが、唇のメイクは抜糸の2日後からとなります。
食事に関しては、刺激物や辛いもの、熱いものは1週間程度避けてください。歯の治療やお顔のマッサージは、術後1ヵ月ほどお控えください。

PICK UP

ピックアップ施術
キャンペーン中の施術や話題の最新施術情報を紹介

2020.06.26 UP DATE

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる