肝斑治療でレブライトSIを使用

BEFORE
レブライトSI/の症例写真 施術前 正面
AFTER
レブライトSIの症例写真 施術後 正面

肝斑治療にはレブライトSIがおすすめです。

担当:嶽崎 元彦 医師

時間 30分程度
麻酔 なし
通院 なし
腫れ・痛み・内出血
  • ・レーザー照射を受けた直後は、軽度の発赤とほてりが出ますが数時間で消失します。正常な反応なので、心配はありません。
  • ・治療後わずかに一過性の皮疹や点状出血が出ることがありますが、時間が経過すると症状は改善していきます。
メイク 当日より可能ですが、過度な摩擦は避けて保湿をしっかり行ってください
入浴・洗顔 当日より可能ですが、過度な摩擦は避けて保湿をしっかり行ってください
運動 制限なし
施術部位への刺激 当日はお控えください
リスク・副作用・合併症について
  • ・治療後、まれに白斑や一時的に色が濃くなることがあります。また、紫外線にあたると色素沈着が発生する場合がありますので、日焼け止めクリーム等で紫外線対策をしてください。
  • ・個人差により、照射後2週間~1ヵ月程度で治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過と共に消退していきます。
  • ・照射後、治療の経過により赤み、痛み、水疱が出た場合は適切な処置を行いますので、当クリニックにご連絡ください。

CASE

関連する症例
TAクオリティを実現するドクターの症例

頬

担当:嶽崎 元彦 医師

斜め

担当:嶽崎 元彦 医師

施術内容 レブライトSI
リスク・副作用・合併症について
  • ・治療後、まれに白斑や一時的に色が濃くなることがあります。また、紫外線にあたると色素沈着が発生する場合がありますので、日焼け止めクリーム等で紫外線対策をしてください。
  • ・個人差により、照射後2週間~1ヵ月程度で治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過と共に消退していきます。
  • ・照射後、治療の経過により赤み、痛み、水疱が出た場合は適切な処置を行いますので、当クリニックにご連絡ください。
料金(税込み) 21,500円 ~ 128,700円

※治療の結果には個人差があります

施術内容 レブライトSI
リスク・副作用・合併症について
  • ・治療後、まれに白斑や一時的に色が濃くなることがあります。また、紫外線にあたると色素沈着が発生する場合がありますので、日焼け止めクリーム等で紫外線対策をしてください。
  • ・個人差により、照射後2週間~1ヵ月程度で治療部位に色素沈着が生じることがありますが、時間の経過と共に消退していきます。
  • ・照射後、治療の経過により赤み、痛み、水疱が出た場合は適切な処置を行いますので、当クリニックにご連絡ください。
料金(税込み) 21,500円 ~ 128,700円

※治療の結果には個人差があります

SEARCH

症例検索
施術名ごとの症例をご覧になりたい方は「カテゴリから探す」を選択後、「施術名」からお選び下さい。

  • 門りょう 様
  • セリナ 様
  •  様
  • 進撃のノア 様
  • やっぴ 様
  • 神崎美奈 様
  • 加藤紗里 様
  • 青山千夏 様
  • あずさ 様
  •  様
  • ラファエル 様
  • 坂口杏里 様
  • さっちゃん 様
  • 筋肉先生 様
ご来院頂いた患者様をTAクリニックがサポート
閉じる