DOCTOR BLOG

TAC式人中短縮術について。

術前/一か月経過

人中が長いとお顔はのっぺりと見えてしまいます。しかし、人中短縮術がマイナーな施術である理由はお鼻の下に傷がバッサリ入ってしまうこと。しかし当院の人中短縮術は、カットする皮膚のデザインを工夫することでお鼻の中に傷を作り、他人にバレずに人中を短くすることができます。(鼻中隔基底部のみ外に傷が出ます。)また、人中短縮術を行うと鼻翼がやや広がりますが、当院の人中短縮術は鼻翼縮小術を同時に行えるようにデザインすることが出来るのも魅力です。今回の症例は、TAC式人中短縮術、TAC式鼻翼縮小術、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフトをされた方の一か月経過です。
統括院長 嶽崎元彦

SEARCH

お悩みから探す
施術部位検索からご希望の施術が見つからなかった患者様もお悩み検索で見つかる場合がございます。

まずはお気軽に
無料カウンセリング
お試しください

当クリニックでは、専門カウンセラーによる無料カウンセリングを行っております。患者様お一人おひとりの様々なご要望やご事情を丁寧に伺い、
最適な施術をご提案させていただきます。もしもご提案の中で不要と感じる施術がございましたら、遠慮なくお申し付けくださいませ。

閉じる