隆鼻術プロテーゼのダウンタイムと気を付けたいポイント

隆鼻術プロテーゼのダウンタイムについて

隆鼻術プロテーゼとは、鼻の軟骨のような質感や柔軟性を持っている「プロテーゼ」と呼ばれる医療用シリコンを、鼻筋に埋め込む施術です。プロテーゼの種類は大きく分けて「L型」と「I型」の2つがあり、当クリニックでは 基本的に「I型」を使用しています。
ダウンタイムは個人差がありますが、腫れ・熱感などは数日~2週間程で落ち着いていきます。自然な仕上がりになるまでは1ヵ月程かかります。また、内出血によって赤紫色になることがありますがお化粧で隠せる程で1~2週間程で改善されます。

ダウンタイムレベル

4段階でご説明します

隆鼻術プロテーゼ

ダウンタイムやや長め
腫れ痛みややアリ
お手軽さ通常

※個人差があります

隆鼻術プロテーゼのダウンタイムの期間について

隆鼻術プロテーゼのダウンタイムは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いていきます。ダウンタイムが比較的長い施術ですが自然に仕上がるまでには1ヵ月程かかり、ごく稀に何らかの原因で炎症が起こる場合がございます。炎症が続き赤みや腫れが改善されない場合はプロテーゼを除去する場合がございます。

ダウンタイム短縮のための当クリニックの配慮

デンバーと呼ばれるもので圧迫固定を行います。圧迫固定をすることで、腫れを最小限度に抑えるだけでなく、鼻腔内でプロテーゼがずれるのを防ぎます。

隆鼻術プロテーゼの腫れ・痛みについて

腫れ
隆鼻術プロテーゼの腫れは個人差がありますが、1~2週間程続く場合が多いです。また、自然な仕上がりになるまでは1ヵ月程かかります。内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度です。
痛み
隆鼻術プロテーゼの術後は個人差がありますが、数日~1週間程痛みや熱感があります。施術中は局所麻酔・笑気麻酔・静脈麻酔を別途費用でご提供しており基本的にほとんど痛みを感じません。痛みに弱い方でも安心してお受けいただける施術となっております。術後に抗生剤と一緒に痛み止めを処方いたしますので、痛みがつらい場合は痛み止めを服用してください。
また、術後のダウンタイム中の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル」の処方が可能ですので、カウンセリングの際にご相談ください。
内出血
隆鼻術プロテーゼの術後は内出血のため、赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で、1~2週間程で消失します。また、内出血の範囲が目の下から頬の辺りまで広がる場合もありますが、こちらも経過とともに消失しますのでご安心ください。

隆鼻術プロテーゼの傷跡・術後の注意点について

傷跡
隆鼻術プロテーゼは鼻の穴の内側を切開しプロテーゼを挿入しますので、外から見る限りは傷が目立つ心配はございません。また、患者様一人一人に合わせたプロテーゼを挿入するので、プロテーゼがずれる、飛び出すといったリスクを最大限に抑えられるように施術いたします。
術後の注意点
隆鼻術プロテーゼの術後、稀にプロテーゼ挿入部より血がにじむ場合や血の塊がかさぶたのようになる場合がございます。皮膚に赤みが出やすい方やかぶれやすい方は色素沈着として残る場合があります。
また、プロテーゼは安全な物質ですが、ごく稀に何らかの原因で感染症が起こる場合があり、感染による炎症が続き赤みや腫れが改善されない場合は当クリニックにお問い合わせください。

隆鼻術プロテーゼのダウンタイム中の過ごし方について

外出
隆鼻術プロテーゼの施術後は1~2週間は腫れが残るケースが多いので、外出時はマスクをされる患者様が多いです。
仕事
隆鼻術プロテーゼの術後は2~3日で仕事をしていただくことが可能です。ただし、腫れや熱感は数日~2週間程続くことがあるので、気になる方はお休みをされる方が良いでしょう。
また内出血のため赤紫色になることがありますが、お化粧で隠せる程度で1~2週間で消えます。
お酒
隆鼻術プロテーゼの術後1週間はお酒を控えるようにしてください。アルコール摂取により血流がよくなりダウンタイムが長引く可能性がございます。
食事
隆鼻術プロテーゼの術後の食事は塩分を控えてください。塩分の多い食事はむくみの原因になり、ダウンタイムが長引く可能性がございます。
お風呂
隆鼻術プロテーゼの施術後、シャワーは当日から可能ですが、入浴・洗髪は2日後から可能です。
メイク・洗顔
隆鼻術プロテーゼの術後のメイクは5日目から可能です。アイメイクは問題ございません。
また、洗顔は5日後から可能です。施術部位に強い刺激を与えないようにしてください。
隠し方
隆鼻術プロテーゼはマスクをして腫れや内出血を隠すことができますが、その際は鼻筋に強い刺激を与えにくいノンワイヤーマスクのご使用をおすすめいたします。

ワンポイントアドバイス

ごまかし方・バレない工夫
「マスクと軽量メガネでなるべく顔が見えないようにする」
隆鼻術プロテーゼの術後は腫れが1~2週間程続くので、ダウンタイムが比較的長い施術です。腫れを目立ちにくくするためにマスクで顔を隠すことや、鼻筋にあるプロテーゼに刺激を与えにくい軽量メガネ(パッドを緩めたもの)でカバーする患者様も多いです。マスクもメガネ同様に負担のかかりにくいノンワイヤーマスクのご利用をおすすめします。
施術後5日目以降はメイクも可能です。また長期休暇に合わせて施術される患者様も多くいらっしゃいます。
ダウンタイムを短くする方法
隆鼻術プロテーゼの術後は1~2週間程腫れが続くことが多いです。安静にお過ごしいただくことが何よりですので、飲酒・喫煙・激しい運動などは控えるようにすると良いでしょう。

症例写真

  • 他院鼻プロテーゼ入れ替え

    他院鼻プロテーゼ入れ替え

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • プロテーゼと鼻翼縮小で

    下から

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • 横に広がった小鼻を小さくし鼻先に高さをだす

    担当:東海 陽介 医師

  • 隆鼻術を用いて整ったお鼻に仕上げました

    担当:東海 陽介 医師

  • 他院鼻の全体的な修正

    担当:東海 陽介 医師

  • 鼻中隔延長術と隆鼻術プロテーゼで鼻先に長さ…

    担当:東海 陽介 医師


→この施術の症例写真をもっと見る

※治療の結果には個人差があります※

まずはお気軽にお問い合わせください
無料カウンセリングを予約する