目尻切開術のダウンタイムと気を付けたいポイント

目尻切開術のダウンタイムについて

目尻切開術は目尻を切開して横幅の狭い目元を横方向に大きく広げる方法であり、目尻を開くことで理想的な切れ長の美しい目元を作り上げることが可能です。
目尻切開術のダウンタイム期間は、熱感や痛みが2〜3日あり、腫れが1〜2週間程続きます。また、術後の経過とともに自然な仕上がりになるまでには1ヵ月程かかる場合がございます。

ダウンタイムレベル

4段階でご説明します

目尻切開術

ダウンタイム短い
腫れ痛み少ない
お手軽さ通常

※個人差があります

目尻切開術のダウンタイムの期間について

目尻切開術のダウンタイム期間は個人差がありますが、2〜3日程度は痛みや熱感があり、腫れや内出血は1〜2週間程で落ち着いていきます。自然な仕上がりになるまでには1ヵ月程かかりますが、メイクは抜糸後2日目から可能ですので、内出血などを隠すこともできます。

ダウンタイム短縮のための当クリニックの配慮

当クリニックの目尻切開術は、腫れなどのダウンタイムの経過も考慮した治療を行うことを意識しております。術後に縫合するラインを上瞼の形に沿うように工夫することで、傷跡が目立ちにくくなります。
ダウンタイム期間や施術についてはカウンセリングの際にご相談ください。

目尻切開術の腫れ・痛みについて

腫れ
目尻切開の術後の腫れは個人差がありますが、1〜2週間程で落ち着いていきます。腫れが引いて自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
痛み
目尻切開の術後は個人差がありますが、2〜3日間は痛みや熱感が続く場合がございます。特に手術の当日と翌日は痛みが強く出ることが多いですが、術後の経過とともに軽快することがほとんどです。
痛みに弱い患者様には、手術後のダウンタイム中の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル」の処方が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にご相談ください。
内出血
目尻切開の術後は個人差がありますが、1〜2週間程、内出血のため赤紫色になる場合がございます。

目尻切開術の傷跡・術後の注意点について

傷跡
目尻切開術は切開を伴うため、傷跡が残ってしまう場合がございます。しかし当クリニックの目尻切開術は縫合するラインが上瞼の形に沿うように工夫をし施術を行うため、傷跡が目立ちにくくなっております。
術後の注意点
目尻切開術は手術当日からシャワー・洗髪・洗顔は可能ですが、傷口を濡らさないようにご注意ください。洗顔料の使用や湯船の入浴は、抜糸後2日目から可能になります。
また、施術後は目やにが出やすくなることが多いので、翌日から水洗いをし清潔に保ってください。コンタクトレンズは施術部位になるべく負担を与えないようにするため、術後1週間はお控えください。

目尻切開術のダウンタイム中の過ごし方について

外出
目尻切開の術後は、目元が腫れたり内出血がでる場合がございますので外出されるときはサングラスや伊達メガネのご使用をおすすめいたします。
抜糸までの期間は糸が残っている状態のため、色味の濃いサングラスで目元を隠されるか、もしくは外出を控えた方が良いでしょう。抜糸後2日目からはお化粧が可能ですので、内出血をコンシーラーなどで隠すこともできます。
仕事
目尻切開術は切開を伴うため、抜糸まではまぶた表面に糸が残っています。施術後1週間程はお仕事をお休みになる方が良いでしょう。もしお仕事をお休みになることが難しい場合は、色付きのメガネをして隠される患者様もいらっしゃいます。
お酒
目尻切開の施術後は1週間程飲酒をお控えください。アルコールによる目元のむくみがダウンタイム期間を長引かせる場合がございます。
食事
目尻切開の術後はなるべく塩分の高い食事はお控えください。塩分による目元のむくみがダウンタイム期間を長引かせる場合がございます。
お風呂
シャワー・洗髪は施術後当日から可能ですが、傷口を濡らさないようにご注意ください。また入浴は抜糸後2日後から可能となります。
メイク・洗顔
メイクと洗顔は抜糸後2日目から可能になります。目尻切開術後は目やにが出やすくなりますので、翌日から水で優しく洗い流してください。
隠し方
目尻切開の施術後は目元に腫れや内出血が出る場合があります。仕事や外出の際は伊達メガネや色付きメガネをされて目元を隠される患者様も多いです。また、抜糸後2日目からはお化粧が可能ですので、内出血をコンシーラーなどで隠すこともできます。

ワンポイントアドバイス

ごまかし方・バレない工夫
「ものもらい(麦粒腫)ができているんです」
目尻切開の術後は目元が1〜2週間程腫れることが多いので、目元が腫れるということで「ものもらい(麦粒腫)になった」として伊達メガネや色付きメガネをされる患者様もいらっしゃいます。
また抜糸後2日目からはメイクも可能ですので、コンシーラーなどで内出血を隠すことが出来ます。その際は傷口に強い刺激を与えないようにご注意ください。
ダウンタイムを短くする方法
施術部位になるべく触れないということが前提ですが、目尻切開術は目元を冷やすことで腫れや内出血を抑えることが期待できます。
また眠る時に上半身を高くすることで顔がむくみにくくなり、腫れを抑えることが見込まれます。枕で頭の位置を高くするなど工夫をしてみると良いでしょう。

症例写真

  • タレ目になりたい

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • デカ目効果あります

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • まずは目尻切開から

    目元

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • 目元の改善で綺麗な二重でタレ目に

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • 目元の複合施術でメイク映えのする目元に

    担当:松村 智文 医師


→この施術の症例写真をもっと見る

※治療の結果には個人差があります※

まずはお気軽にお問い合わせください
無料カウンセリングを予約する