バッカルファット除去のダウンタイムと気を付けたいポイント

バッカルファット除去のダウンタイムについて

バッカルファットとは、頬の内側にある脂肪のことです。バッカルファットは年齢と共に下垂していき、顔のたるみやほうれい線などの原因となります。
バッカルファット除去は、口腔内の頬の内側を切除し、余分な脂肪を取り除く施術です。口腔内は傷の治りが早く、抜糸の必要もないので、ダウンタイムが比較的短いのも特徴です。

ダウンタイムレベル

4段階でご説明します

バッカルファット除去

ダウンタイム短い
腫れ痛み少ない
お手軽さお手軽

※個人差があります

バッカルファット除去のダウンタイムの期間について

バッカルファット除去は、口腔内を小さく切除するため、ダウンタイムが短く、マスクなどで腫れを隠すことができるので、比較的お受けいただきやすい施術となります。
ダウンタイムには個人差がありますが、腫れや痛みが数日〜1週間程度続く場合があります。術後の経過と共に腫れは落ち着きますが、自然に馴染むまでにおよそ1ヵ月かかり、約半年かけて肌が引き締まっていきます。内出血は2~3週間で軽快していくことがほとんどです。

ダウンタイム短縮のための当クリニックの配慮

当クリニックのバッカルファット除去は、大きな腫れが出ないよう、できるだけ傷を小さくするように施術を行っております。
また、可能な限り少ない麻酔量で、痛みと腫れを抑えるよう工夫しております。このような配慮をすることで、バッカルファット除去のダウンタイムを抑えることが期待できます。

バッカルファット除去の腫れ・痛みについて

腫れ
バッカルファット除去は、手術当日から翌日が腫れのピークです。ほとんどの場合、腫れは数日〜1週間程度で落ち着きます。
腫れが引き自然に馴染むまでに1ヵ月程かかり、肌が引き締まっていくのにはおよそ半年かかる場合が多いです。
痛み
バッカルファット除去は、個人差はありますが、手術後数日〜1週間ほど痛みが続く場合があります。特に手術の当日と翌日は痛みが強く出ることが多いですが、術後の経過とともに軽快することがほとんどです。術後に抗生剤と一緒に痛み止めを処方いたしますので、痛みがつらい場合は痛み止めを服用してください。
また、痛みに弱い患者様には、手術後の痛みを抑える麻酔薬「エクスパレル」の処方が可能な場合もありますので、カウンセリングの際にご相談ください。
内出血
バッカルファット除去の施術後は、内出血のため、お肌が赤紫色になることがあります。術後の経過とともに、2~3週間ほどで消失していく場合がほとんどですので、ご安心ください。

バッカルファット除去の傷跡・術後の注意点について

傷跡
バッカルファット除去の傷跡は、口腔内の頬の内側にできるので、外からは見えません。そのため、施術後の傷跡について、過度なご心配はいりません。
術後の注意点
洗顔・洗髪・シャワーは手術当日から可能ですが、湯船での入浴は長湯を避け、手術翌日から可能になります。
激しい運動は1週間、強いマッサージは1ヵ月間はお控えください。
口腔内(奥歯付近)に傷ができますので、数日間は刺激物の摂取を避け、柔らかいものから食べるようにしてください。

バッカルファット除去のダウンタイム中の過ごし方について

外出
バッカルファット除去の施術後、頬に腫れや内出血が出ている場合があるので、外出時はマスクなどを着用すると良いでしょう。頬の腫れや内出血は、マスクで隠せる程度のことがほとんどです。
仕事
バッカルファット除去の施術後、お仕事はしていただけますが、腫れや内出血が出ている場合があるので、マスクの着用をおすすめします。マスクの着用が難しいようであれば、頬の腫れや内出血が目立ってしまう可能性もあるので、数日ほどお休みいただく方が良いでしょう。
お酒
バッカルファット除去の施術後1週間程は、飲酒をお控えください。また、タバコを吸うと血流が悪くなり、ダウンタイムが長引く場合があります。さらに、タバコは口腔内から感染を引き起こす可能性があるので、施術後1ヵ月間はお控えください。
食事
バッカルファット除去は、施術の2~3時間後から食事が可能ですが、熱いものや辛いものなどの刺激物、ゴマなどの歯につまるような食事はお控えください。
また、柔らかいものから食べることをおすすめします。
お風呂
バッカルファット除去は、手術当日からシャワーが可能ですが、湯船での入浴は手術翌日から可能となります。入浴の際、長湯はお控えください。
メイク・洗顔
バッカルファット除去は、手術当日からメイクや洗顔が可能です。
隠し方
バッカルファット除去は、腫れなどが生じる場合があるので、マスクの着用をおすすめしております。マスクをしていただくと、腫れや内出血はほぼ隠れます。

ワンポイントアドバイス

ごまかし方・バレない工夫
「親知らずを抜いて腫れている」
バッカルファット除去は、親知らずを抜いた時と同じような部位が腫れるので、親知らずを抜いたことを口実にする場合があるようです。
また、親知らずを抜くことで、ごく稀にですが、顔が小さくなる人もいるため、腫れが引いた後に頬がスッキリしていても、それほど不自然ではありません。
ダウンタイムを短くする方法
バッカルファット除去は、眠り方を工夫するだけで、ダウンタイムを短くすることが期待できます。上半身を高くした状態で眠ることで、顔がむくみにくくなり、腫れを抑えることが見込まれます。枕で頭部分を高くするなどの工夫をすると良いでしょう。
また、手術当日、頬の熱感が気になる場合は水袋などで頬を軽く冷やしましょう。

症例写真

  • 神田まや様の輪郭施術後3週間経過です

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • TAC式ツヤ肌コラーゲンリフトとバッカルフ…

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • メーラーファットを除去してスッキリとした顔…

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • 余分な脂肪除去と糸リフトを組み合わせて引き…

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • トータルビューティーモニター様の1ヵ月経過

    担当:嶽崎 元彦 医師

  • バッカルファット除去とリフトアップ

    バッカルファット

    担当:鎌田 紀美子 医師

  • バッカルファット除去でシュッとした輪郭

    担当:鎌田 紀美子 医師

  • バッカルファット除去の施術のみです

    担当:鎌田 紀美子 医師

  • バッカルファット除去を組み合わせてたるみの…

    担当:鎌田 紀美子 医師

  • 糸リフトとバッカルファット除去で綺麗な輪郭…

    担当:篠永 宏行 医師


→この施術の症例写真をもっと見る

※治療の結果には個人差があります※

まずはお気軽にお問い合わせください
無料カウンセリングを予約する