CASEPHOTO LIST

症例情報

15年間で約100,000症例以上の手術実績

志村 一馬 医師症例一覧

ハンドベイン治療で浮き出た手の血管を解消

手の血管治療(ハンドベイン)

リスク・副作用・合併症について:
【合併症】
  • ①色素沈着
    治療した血管に沿ってシミが生じることがありますが、1年ほどで薄くなります。
  • ②血栓性静脈炎
    術後。静脈瘤(コブ)部分が固くなり、痛みが出る場合がありますが、鎮静剤の内服により2~3週間で軽快します。
  • ③再発・残存
    静脈のふくらみが再発・残存する可能性がありますが、状態に応じて適切な治療を行います。
  • ④薬によるアレルギー
    施術の時に使う麻酔薬などでアレルギー反応を起こすことがあります。アレルギーが生じた場合は施術を中止し、アレルギーに対する治療が必要となる場合があります。
  • ⑤感染
    施術後に感染が生じる可能性があります。
施術における注意点:
ハンドベインの中には、ごく稀にですが、病的なものがあります。例えば、血管の逆流防止弁が壊れて逆流を起こしている場合や、先天的に静脈が拡張している場合などです。
これらの状態では、手を下げているとむくみが生じ、手を上げていないとつらいといった症状が現れます。このような症状がある場合には、専門的な治療が必要になるため、すぐに当クリニックまでご相談ください。
価格:
100,000円

施術カテゴリー:リフトアップ・エイジングケア

担当:志村 一馬 医師

SEARCH

症例検索
施術名ごとの症例をご覧になりたい方は「カテゴリから探す」を選択後、「施術名」からお選び下さい。

閉じる