TAC式アヒル口形成で可愛い口元に変化

症例写真

Before

TAC式 アヒル口形成ラシャスリップスの症例写真 施術前

After

TAC式 アヒル口形成ラシャスリップスの症例写真 施術後

【備考】1週間(ラシャスNo.324)経過

※治療の結果には個人差があります※

施術内容

解説

TAC式アヒル口形成(アヒル口フィラー注入ボリュームプラン)の1週間経過となります。

口角も引き上げておりますので、可愛らしい口元に変化しました。
永久的なアヒル口形成をご希望の方は、M字リップ形成術になります。

患者様のご要望や、口元の状態などによってアヒル口形成とM字リップ形成術のどちらが適しているのかを提案させていただきます。

担当:嶽崎 元彦 医師

この症例を見た方はこちらも見ています