人工乳腺バッグで理想のバストに

BEFORE
人工乳腺バッグ/の症例写真 施術前
AFTER
人工乳腺バッグの症例写真 施術後

1週間経過

※治療の結果には個人差があります。

BEFORE
人工乳腺バッグ/の症例写真 施術前
AFTER
人工乳腺バッグの症例写真 施術後

2日経過

※治療の結果には個人差があります。

BEFORE
人工乳腺バッグ/の症例写真 施術前
AFTER
人工乳腺バッグの症例写真 施術後

1週間経過

※治療の結果には個人差があります。

BEFORE
人工乳腺バッグ/の症例写真 施術前
AFTER
人工乳腺バッグの症例写真 施術後

2日経過

※治療の結果には個人差があります。

人工乳腺バッグによる豊胸術を行った患者様のお写真です。

シリコンバッグは、2カップ以上大きいサイズまでバストアップしたい方や、産後で垂れてしまった胸を改善したい、などどいった方におすすめな施術です。
当院では傷跡が目立ちにくい「腋下切開」を採用していますので術後の傷を心配する必要がほとんどありません。

1週間経過ではまだ腫れがありますが、徐々に落ち着いていきます。
垂れていたお胸も綺麗なおわん型になりましたね。

担当:鎌田 紀美子 医師

時間 1~2時間程度
麻酔 静脈麻酔、全身麻酔、硬膜外麻酔
※上記の麻酔を使用することができます(有料)
通院 検診は3日後、1週間後、1ヵ月後に行います。
腫れ・痛み・内出血
  • ・痛み、腫れは個人差がありますが、1~2週間程で落ち着いていきます。さらに自然に仕上がるまでに1ヵ月程かかります。
  • ・内出血のため、赤紫色になることがありますが、2~3週間程で消えますのでご安心ください。
  • ・傷跡は1ヵ月程赤みがありますが、2~3ヵ月かけて目立ちにくくなります。(かぶれやすい体質の方はお胸に色素沈着が残る場合があります)
入浴・洗顔 短時間のシャワーは下半身のみ2日後から可能です。
入浴は7日目からになります。
運動 激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行ってください。
施術部位への刺激 マッサージなど胸元やその周りへの刺激があるような行為は施術後1ヵ月はお控えください。
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感、異物感(1~3ヵ月)
  • ③カプセル拘縮の可能性
  • ④傷、炎症
  • ⑤脇の傷が肥厚性瘢痕になる可能性
  • ⑥二次感染
  • ⑦左右差の出現
  • ⑧拘縮
  • ・稀に硬くなること(拘縮)があります。原因として、<体質><バッグを入れた空間が狭くなる><バッグの外側に被膜(カプセル)ができる>ことが考えられます。そのような症状の場合、または内出血、炎症、赤み、かぶれ等が続くときなどはバッグを取り出す場合があります。
  • ・乳がん検診(マンモグラフィー)は基本的に受診できません。また、精密なレントゲンには写る場合があります。
  • ・元々の骨格の差、胸の形や大きさ、授乳時の癖により自然な範囲での左右差は生じることがあります。
施術における注意点

激しい運動は1ヵ月後から、軽い運動は1週間後以降ご自身が可能な範囲で行っていただき、マッサージなど、胸元やその周りへの刺激があるような行為は、施術後1ヵ月はお控えください。稀に拘縮(硬くなる)する場合があり、症状が続いた場合や、内出血、炎症、赤み、かぶれ等が続く場合などは、バッグを取り出す可能性があります。

なお、乳がん検診(マンモグラフィー)は基本的に受診できず、精密なレントゲンには写る場合がありますのでご留意ください。また、自然な範囲での左右差は生じる可能性があります。

CASE

関連する症例
TAクオリティを実現するドクターの症例

担当:鎌田 紀美子 医師

正面

担当:嶽崎 元彦 医師

担当:嶽崎 元彦 医師

施術内容 シリコンバッグ豊胸(人工乳腺バッグ)
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感、異物感(1~3ヵ月)
  • ③カプセル拘縮の可能性
  • ④傷、炎症
  • ⑤脇の傷が肥厚性瘢痕になる可能性
  • ⑥二次感染
  • ⑦左右差の出現
  • ⑧拘縮
  • ・稀に硬くなること(拘縮)があります。原因として、<体質><バッグを入れた空間が狭くなる><バッグの外側に被膜(カプセル)ができる>ことが考えられます。そのような症状の場合、または内出血、炎症、赤み、かぶれ等が続くときなどはバッグを取り出す場合があります。
  • ・乳がん検診(マンモグラフィー)は基本的に受診できません。また、精密なレントゲンには写る場合があります。
  • ・元々の骨格の差、胸の形や大きさ、授乳時の癖により自然な範囲での左右差は生じることがあります。
料金(税抜き) 1,500,000円 ~
施術内容 シリコンバッグ豊胸(人工乳腺バッグ)
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、違和感、異物感(1~3ヵ月)
  • ③カプセル拘縮の可能性
  • ④傷、炎症
  • ⑤脇の傷が肥厚性瘢痕になる可能性
  • ⑥二次感染
  • ⑦左右差の出現
  • ⑧拘縮
  • ・稀に硬くなること(拘縮)があります。原因として、<体質><バッグを入れた空間が狭くなる><バッグの外側に被膜(カプセル)ができる>ことが考えられます。そのような症状の場合、または内出血、炎症、赤み、かぶれ等が続くときなどはバッグを取り出す場合があります。
  • ・乳がん検診(マンモグラフィー)は基本的に受診できません。また、精密なレントゲンには写る場合があります。
  • ・元々の骨格の差、胸の形や大きさ、授乳時の癖により自然な範囲での左右差は生じることがあります。
料金(税抜き) 1,500,000円 ~
施術内容 ヒアルロン酸注入豊胸術(グラビアバスト)
リスク・副作用・合併症について
  • ①腫れ、赤み、出血、内出血、むくみ、発熱
  • ②痛み、痒み、違和感、異物感
  • ③注入部位の色素沈着
  • ④吸収には個人差あり
  • ⑤二次感染
  • ⑥左右差の出現の可能性
  • ⑦炎症、アレルギーの出る可能性
  • ・注入後、稀に胸に熱感、赤み、痛みが長期的に続く場合があり、乳腺に炎症が起こっている可能性があります。そのような場合、ヒアルロン酸を取り除く処置や内服薬にての治療が必要になる為、ご来院をしていただきます。
  • ・手術後、注入されたヒアルロン酸はある程度吸収され自然に馴染みます。注入創部は術後硬い感じがしますが、3ヵ月程で馴染みます。
  • ・手術後、しこりのような部位がありましたら、軽く指の腹で揉みほぐしてください。
料金(税抜き) 1,100円 ~

SEARCH

症例検索
施術名ごとの症例をご覧になりたい方は「カテゴリから探す」を選択後、「施術名」からお選び下さい。

  • ちいめろ 様
  • 真優川咲 様
  • 山崎みどり 様
  • 桜井莉菜 様
  • 友利有希 様
  • せななん 様
  • 桜井野の花 様
  • サキ吉 様
  • マシロンケーキ 様
  • 森川千春 様
  • 早川沙世 様
  • 彩花ゆい 様
ご来院頂いた患者様をTAクリニックがサポート
閉じる