顎の長さと人中の長さのバランスは大切です

症例写真

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1ヵ月経過

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1週間経過

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1ヵ月経過

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1週間経過

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1ヵ月経過

Before

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術前

After

TAC式 人中短縮術の症例写真 施術後

【備考】1週間経過

※治療の結果には個人差があります※

施術内容

解説

TAC式人中短縮術の1ヵ月経過です。全て一切化粧なしの写真ですので、参考にされてください。

写真の患者様は、人中の長さが気になると来院されました。
元々非常にお顔の小さな方で、人中の長さ自体は一般的な長さなのですが、顎の長さとのバランスをみると人中の長さが気になりますね。
人中の長さと顎の長さが1:2となるのが理想とされています。

人中短縮によって鼻柱が降りてくることで、正面から見た時に鼻の穴が見えにくくなる効果もあります。
傷の治りが順調であれば、1ヵ月程で写真くらいに傷は目立ちません。

担当:鎌田 紀美子 医師

この症例を見た方はこちらも見ています