TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト

ツヤ肌コラーゲンリフトとは?

加齢とともに、顔やその周辺には、たるみが目立つようになるものです。

「加齢により目立つようになってきた頬のたるみをもっと引き上げたい」
「顔の老化をできるだけ遅らせて若々しいハリのある肌を取り戻したい」
「ダウンタイムの少ない切らないフェイスリフトで高い効果を期待したい」

このようなご希望がある患者様は多いのではないでしょうか。
そんな患者様に、ぜひともご紹介したいのが、当院が自信を持ってお届けする「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」です。

TAクリニックの「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」とは

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」は、溶ける糸を用いる「切らないフェイスリフト」であり、TAクリニックを代表する施術となっています。
上記で取り上げたような患者様には有益な、リフトアップ効果・若返り効果・小顔効果などが期待できる、リフトアップ名医の匠の技が活きる術式です。

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」の魅力の概要

顔のたるみの改善や解消に効果が期待できるのみならず、頬のたるみ、額のシワ、首のたるみ、チークラインの引き上げなど、顔のリフトアップ全体に効果が見込める理想的な治療となっております。

他院で行われている従来のフェイスリフトと比べ、リフトアップ効果の持続期間の長さや、格段に高い引き上げ効果が期待できる「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」の魅力を、当コラムでは余すところなくお伝えしていきます。

ツヤ肌コラーゲンリフトの施術可能部位について

ツヤ肌コラーゲンリフトの施術可能部位について

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」の施術可能部位は、フェイスライン・チークライン・ヘッドライン・首・こめかみの計5箇所となっています。
当院では、これらの部位に対して、アゴの下から(※一部こめかみや口角、眉上のこともあります。)複数本の糸を挿入して一気に引き上げるので、高い引き上げ効果を期待することができます。

・フェイスライン
顔の形、また顔周りにかけての輪郭を、美容用語ではフェイスラインと呼びます。フェイスラインのたるみは加齢を感じさせる原因のひとつです。ほっそりして締まった印象のフェイスラインを引き上げによって実現することで、実年齢よりも若々しく見えるお肌の状態を保ちます。

・チークライン
チークラインとは、頬の部位を意味する美容用語で、特に、目頭の横から頬の中心にかけて斜めに入るラインをミッドチークライン(ゴルゴライン)と呼びます。ここのラインが加齢によって強調されると、老け顔に見られます。40代から気になる患者様が多いですが、20〜30代で悩む患者様も中にはいらっしゃいます。

・ヘッドライン
主に頭の形を司る部位がヘッドラインです。ヘッドラインにたるみが目立つようになると、額や髪の生え際などにもシワが見られるようになり、顔の印象が全体的に老いた雰囲気となります。糸でヘッドラインを引き上げることで、ハリのあるみずみずしい印象の小顔を実現できます。

・首
特に年齢が際立つ部位といえるのが首です。首元の皮膚のたるみやシワが目立つと、年齢もそれだけ上に見られてしまいます。「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」では、アゴ下から引き上げるため、ネックリフト効果も期待することができます。また、本格的に首のたるみを改善したい場合は、耳の後ろから糸を入れて引き上げることも可能です。

・こめかみ
こめかみにたるみが出ると、目の周りなどにも影響が出てきます。こめかみを引き上げることで、目の周りの皮膚にハリが生まれ、シャープな印象の目元を実現し、実年齢よりも若く見せることが可能となります。

使用される糸について

従来のフェイスリフトでよく使用されるのは、以下のような糸です。

▼従来のフェイスリフトで使用される糸

・シルエットリフト
シルエットリフトとは、バイオコーンと呼ばれる小さな円柱状の吸収性コーンと、ノットと呼ばれる結び目が特徴の糸です。糸が溶ける前にバイオコーンやノットの周辺にコラーゲン繊維が新生される仕組みとなっています。

・アプトス(フェザーリフト)
アプトスの糸はポリプロピレンと呼ばれる素材からできており、心臓血管外科などでも使用されている材質であり、30年以上の歴史を持つ安全性の高いものです。両端から中央に向かってギザギザとした毛羽立ちがあるのが特徴となっています。

・ミントリフト
ミントリフトの糸は、PLA生体分解性ポリマーやPDOポリジオキサンなどの体内で溶ける素材でできており、双方向に伸びるトゲが糸全体に施されているため、強い力での引き上げ効果が期待できます。

▼「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」で使用される糸とは?

当院では「アンカー」と呼ばれる、体内に吸収される特殊な糸を利用しています。先ほど紹介した従来のフェイスリフトやリフトアップで使用されるシルエットリフト、アプトス(フェザーリフト)、ミントリフトなどの糸と比べ、非常にしなやかな品質となっています。

なお、国内で「アンカー」を使用しているのは当院の系列院のみとなっており、企業秘密であるためウェブ上では掲載できませんが、患者様には来院いただいた際にその形状や品質などを間近でご紹介することが可能です。

▼「アンカー」糸で期待できる効果
引き上げ効果、肌質改善効果、ニキビ跡・毛穴の改善効果、コラーゲン増生

TAクリニックのツヤ肌コラーゲンリフトが選ばれる理由・特徴

TAクリニックの「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」が、なぜ選ばれるのか、その理由や特徴は以下のとおりです。

▼「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」は高い引き上げ効果を期待できる

・従来のフェイスリフトの場合
糸をコメカミから挿入するため、フェイスラインやチークラインなどのたるみを引き上げたい部位に距離があり、引き上げ効果が薄く、思うように効果が見られないことがありました。

・TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)の場合
フェイスライン・チークライン・ヘッドライン・首・こめかみの5箇所をめがけて、複数本の糸をアゴの下から挿入し(※一部こめかみや口角、眉上のこともあります。)、患者様がご希望になるハリのある肌になるまで引き上げます。アゴ下から糸を挿入するほうが、顔の各部位に満遍なく糸が通り、より高い引き上げ効果を期待することができます。

▼引き上げ効果だけでなくTGFβ(成長因子)によるコラーゲン増生が期待できる

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」は、引き上げ効果に加え、糸が体内に吸収されていく過程でTGFβ(成長因子)と呼ばれる成分の発生をサポートし、コラーゲン増生を促すことが可能です。

・TGFβ(成長因子)とは?
TGFβとは、トランスフォーミング増殖因子βの略称で、上皮系細胞(表皮など)への増殖抑制作用を示す物質で、サイトカインと呼ばれるたんぱく質を主成分としています。細胞分化・増殖・細胞機能調節といった効能があり、現在でもその働きの分析・研究が進んでいます。

・TGFβ(成長因子)によるコラーゲン増生の効果
皮膚そのもの弾力アップ、肌ツヤの改善、お肌のハリの回復、たるみ・シワの解消

ツヤ肌コラーゲンリフトの持続期間について

ツヤ肌コラーゲンリフトの持続期間について

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」は、施術後に見た目年齢が3〜4歳程度は若返りが見られ、そこからゆるやかに加齢が進んでいきます。

効果を持続させるためには、初回で5〜6本、2回目以降で2〜3本ずつ挿入するのがベストです。ただし、個人差はあるため、持続期間や挿入糸の本数はあくまでも目安となります。

ダウンタイムについて

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」は切らないフェイスリフトであるため、ダウンタイムが短いのも特徴のひとつです。術後に見られるダウンタイムは、以下のような例があります。

▼術後のダウンタイムの例

・腫れおよび痛み
通常1週間位、より自然になじむまでは1ヶ月程度かかります。

・内出血
赤紫色になる状態が術後1~2週間ほどで落ち着きます。(稀に2〜4週間かかる場合もあり)
※ただし、メイクで隠せる程度です

・傷跡
糸の挿入部位に赤い点状の針跡が施術後2週間から1ヶ月ほどで目立ちにくくなります。(肌の状態により数ヶ月かかる場合もあります)
※ただし、メイクで隠せる程度です

リスク・副作用について

「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」を受ける上で、リスク・副作用などは目立ったものはありませんが、念のため把握しておきたいのは以下のような内容です。気になる症状が続いた場合には、当院までご連絡ください。

・強い引き上がり感
・頬にヨレや引きつれ
・浮腫みによる丸顔、くぼみ、段差(術後1ヶ月程度)
・刺入部の痛み
・皮膚上から触れた場合の繊維の感触
・口の開きにくさや違和感(術後1ヵ月程度)

まとめ

現在は「TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト(R)」のみを施術されるのではなく、お悩みに合わせて他の施術を組み合わせることも多くなってきました。
ご不明点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

関連施術