鼻翼縮小・小鼻縮小の術式とは?代表的な術式を紹介 |【統括院長 匠人之技】

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法とは

鼻翼縮小・小鼻縮小の施術方法で代表的なものに内側法と呼ばれる施術方法があります。鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法では、鼻の穴の内側を切除するため、傷跡がほとんど目立たないのが特徴です。

しかしながら、単純に鼻の穴の内側の皮膚を切除したのみの場合、術後に切除した皮膚が外側に徐々に引き伸ばされていき、結果的に後戻りしてしまうケースがあります。

なぜこのようなことが起こるかというと、笑ったり喋ったりして表情が変化するときに、小鼻には外側に広がる力が自然に加わるためです。

それを防ぐために当院で行っている匠人の技は内側の皮膚切除をするだけでなく、直針で鼻翼基部の軟骨を寄せて縫合しております。それにより元に広がらない様にすることが出来るばかりかお鼻本来のクビレを形成出来るのです。

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法とは

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法+外側法とは

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法+外側法では、内側の皮膚切除のみならず、鼻の外側の皮膚を切除します。

小鼻の外側の溝の部分に沿うようなかたちで余分な皮膚を切除するため、傷跡は小鼻の溝と一致して、それほど目立ちません。

なお、鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法+外側法は、鼻翼の内厚感が強いケースでご提案しております。

外側法だけの単独の施術は三角鼻を形成してしまうのでおすすめしておりません。

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法+外側法とは
鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法+外側法とは

切らない鼻翼縮小・小鼻縮小の効果はある?

切らずに糸を用いて左右の小鼻を内側に引き寄せ、鼻翼縮小・小鼻縮小を行う施術方法も存在します。

当院でも、特殊な糸を用いて鼻翼縮小・小鼻縮小が可能な「1day鼻翼縮小術オーダー」と呼ばれる切らない施術をご用意しており、ダウンタイムが非常に少ないのが特徴です。

しかしながら、この方法では時間の経過と共に糸で引っ張っている部分の組織が引き伸ばされ、稀に後戻りが発生するケースもあります。

そのため、切らない鼻翼縮小・小鼻縮小の施術方法よりも、切除を行う内側法(フラップ法)または外側法のほうがおすすめの施術であると言えます。

まとめ

今回は、鼻翼縮小・小鼻縮小の様々な術式について詳しく解説してまいりました。

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法(フラップ法)、外側法のどちらをご提案するかは、患者様の鼻翼および小鼻の形状によって変わってきます。

当院では、ひとりひとりの患者様に寄り添ったご提案をモットーにしていますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。

次回のコラムでは、鼻翼縮小・小鼻縮小のデザインの重要性について解説していきます。

関連施術