鼻翼縮小・小鼻縮小の知っておくべき基礎知識 |【統括院長 匠人之技】

鼻翼縮小・小鼻縮小の施術とはどんなもの?

鼻翼縮小・小鼻縮小とは、小鼻が横に広がることで鼻翼の形が大きく見えてしまう状態を改善する術式であり、鼻翼および小鼻の一部分を切り取り、形を美しく整える施術方法です。

鼻筋が太かったり、鼻が丸かったりして小鼻の形にコンプレックスを抱えている方や、鼻を細く小さくしたい方などにおすすめの施術となっています。

鼻翼縮小・小鼻縮小の具体的な効果

鼻翼および小鼻が横に大きく張り出した形をしている鼻のことを、「あぐらをかいたような鼻」と呼ぶこともあります。

この状態を整えるために、鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法・外側法などと呼ばれる術式を用いて、理想の鼻の形になるように施術を行っていきます。

・鼻翼縮小・小鼻縮小の外側法

鼻翼縮小・小鼻縮小の外側法

・鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法

鼻翼縮小・小鼻縮小の内側法

なお、術式の詳しい解説については次回のコラムでお伝えしていきます。

鼻翼縮小・小鼻縮小の具体的な効果としては、

  • 鼻翼および小鼻の大きさをすっきりした形に改善できる
  • ぼってりとした丸みのある小鼻の形を整えることができる
  • 大きく開いているように見えてしまう鼻の穴を小さくできる

などが挙げられます。

鼻翼の肉の厚みが薄い方(内側法)

鼻翼縮小・小鼻縮小の施術が特に向いているのは、以下の図のように鼻翼の肉の厚みが薄い方です。

鼻翼の肉の厚みが薄いと、切除を行った場合に鼻の穴がバランス良く小さくなりやすい傾向があります。

この様なお鼻の方は、内側のみのアプローチと両側鼻翼軟骨を寄せ合わせることで、きれいな鼻翼を形成することが可能です。

鼻翼の肉の厚みが薄い方(内側法)

鼻翼の肉の厚みが厚い方(内側法+外側法)

以下の図のように、鼻翼の肉の厚みがかなりある場合、内側アプローチのみですと、バランスが悪くなってしまいます。

鼻翼の肉の厚みが厚い方(内側法+外側法)

この様なタイプのお鼻は、内側+外側の両方からアプローチして仕上がりとして厚みの小さい鼻翼を形成していきます。

まとめ

この様なあらゆるタイプの鼻翼に対して、オーダーメイドでデザインしますので、ご安心ください。

次回のコラムでは、鼻翼縮小・小鼻縮小の術式についてご紹介していきます。

関連施術