口角リフト(口角挙上)、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフト、TAC式人中短縮術の一か月経過です。

口角リフト、TAC式人中短縮術、TAC式ツヤ肌コラーゲンリフトの一か月経過となります。人中短縮のデメリットとして、上口唇の正中部が上がりやすくなり、かえって口角が下がって見えてしまうことがあるため、口角リフトと合わせての施術は効果的です。ツヤ肌コラーゲンリフトは言うまでもなくしっかりと変化がでているのが分かりますね。口角リフトはやり方が2通りあります。口角を切って引き上げる方法と、口角上を菱形に切除する方法になりますが、個人的には前者をオススメします。

術前/一か月経過

銀座TAクリニック美容整形モニター募集